オネエタレントのゆしんさんが3月25日にブログを更新。ファンからのメッセージを機に人生を振り返っており、多額の借金や自殺未遂の経験、性別についての悩みなどを赤裸々に明かしています。

ゆしんさんはブログ冒頭、「とても嬉しいメッセージを頂きました」と性同一性障害(FTM)を抱えるファンからの言葉を紹介。ゆしんさんの生き方に希望をもらったというポジティブな内容でしたが、普段からゆしんさんのもとには、

「つらい」「死にたくなる」「生まれてこなきゃ良かった」などネガティブな言葉も多く届くそうで、過去に同じ思いを抱えていたというゆしんさんは、人生のどん底から幸せに向かって歩みだした自身の経験をつづりました。

ゆしんさんが性同一性障害だと自認したのは、高校を中退して芸能界入りを目指していた時期。それでも幼少期から、「学校なんか行きたくない。

誰とも会いたくない。なんで生まれてきたの」など絶望にも近い悩みを抱えていたそうで、「小学生から高校生まで決して人に堂々と言えるような過ごし方をしてきませんでした」と反省も多いという10代を回顧しました。

その後は芸能界入りを目指し、地元の大阪と東京を行き来する生活がスタート。20歳になると新宿にお店を出したそうですが、「最後は騙されて結局自分が背負ったのは借金500万ぐらいだったかな…?」と周囲の嫌がらせもあり多額の借金を背負う羽目に。

家賃滞納が続いて借金取りに追われ、「最後は寝たきりの病気にかかり 話したらギャグなのかしらと思うぐらいどん底でした」と何もかもが悪い方向へと進んでいく人生の暗黒期を迎えたといいます。

人生に希望を見出だせず、ドアノブにロープをくくりつけて首をつる方法で自殺未遂を繰り返したというゆしんさん。

幸運なことに何度やってもうまくいかなかったそうで、「何度もしていく内に馬鹿らしくなって見栄なんて捨てて働こうって決めました」と再び人生に向き合うことを決意。2年半で借金を返済すると、

失敗が続いた時期にできた縁から芸能界入りのチャンスをつかみ、念願のタレントデビューを果たしたことを明かしました。

ゆしんさんは、「自殺を考えた時 本当に死ななくてよかった。だってね どんな壁も乗り越えれるもんだと思えたの」「それはLGBTQで悩んでる方にも伝えたいです」と悩みを抱える性的少数者にメッセージ。

「私も自分の性で悩んだ事って本当に嫌なぐらいあります。それは今も時々ふと思って落ち込んだりもします」と悩みに寄り添うような言葉も残しましたが、

「なによりも自分自身を大切に そして愛してね」「辛い事も悩む事もたくさんあるけどみんなでハッピー過ごそうね!」など、前を向いて生きるように力強いエールを届けています。


スポンサーリンク


ネットの反応

1.
自殺未遂を武勇伝のように言う奴軽蔑。
いちいち明かさなくていいんですけど。
かまってちゃん?
2.
いちいち不幸話出してくる芸能人なんなん?
3.
誰だか知らねけど、こーゆ顔つきはもうマンネリ化して可愛いとか美人とか思う前に、あーまたこーゆ顔ね!って感じ!
だだのオネエだけじゃ、今はなんも相手にされないよ!
芸とか技術がないと無理無理!
精々、ゲイバーで働くか自分で店出すか位だね!
4.
マジで死のうと思った事が有る奴は口に出せない出さない。そんな気にならんからな。
多額の借金が原因で死にたくなったら自己破産すりゃ良い。死ぬ意味なんて無い。
5.
うーん…。
この人、5年位前かな。
ローカルの昼番でコーナー持っていながらも寝坊したりと無断欠勤したりしてたね。
結局番組クビになって消えたって思っていたら、直後からオネエタレントでロンブーの番組に出始めたから、あー天秤にかけたんだって思った。

個人的にこういう裏の部分を自ら公表する人って信用しない。
どこまで本当なのかも分からないし。

6.
そんな事まで言って話題作り出来る人は本気で死ぬはない
7.
私も20年ほど前、賭けマージャンに狂ってサラ金からの借金が230万になり、自転車操業の毎日を味わいました。今よりも金利が高くて、本当に苦しかった。
今は立ち直り幸せになりましたが、やはり相談してくれ、助けてくれる人たちの存在があったからこそです。
8.
次はそういう営業スタイルで来たか…と思って見てしまう自分がいる。
9.
自殺を図ったことを世間に知らせる人の気が知れない。同情を引こうとしているのだろうが、普通は危ない人と捉えられてしまうのではないだろうか?あまり近づきたくはないと思う。表舞台にはもう出られないと考えるべきだ。
10.
2年半でどうやって返済したんですかねぇ、、
恐らくバイトの身分でしょうけども。。
11.
20歳で500万借金している。新宿で店を出す。

周囲にどういう人間がいるか、大体察することが出来る。
親身になってくれる他人なんて20代で見つけることはまず不可能だと思っていい。
金目当てか体目当てか。そういうことを、ちゃんと10代で教える場がないことが日本の問題だと思うよ。みんな目を背ける。

12.
「誰とも会いたくない」クセに芸能界は目指すのか?
LGBTだか何だか知らんが、これだからこういう奴らって嫌い。
13.
偏見にまけるな。男むさぼりまくれ
14.
ワイが女にしてやろうか?
15.
誰か全く知らん


スポンサーリンク


16.
死ななくて良かったとは思うけど、そういう話って別に世間に公表する必要もないのではと思うんだけど・・。

やっぱりそう言うところがタレントと一般人は感覚が違うのかな。

17.
は?本性出したら?裏の顔な。
18.
どこまで本当の話なんだか。
ま、それにしても、綺麗な人やね。
19.
今更感があると嘘くさく感じる。
特に借金話し 。
20.
LBGTQに奴らは、人生すべてを美談にしたがるね。不快感で一杯だわ・・・本当に死にたかったら、間違いなく死ねる方法選んで死んでるよ。
21.
口が気になる…
22.
同じことを乗り越えるだけの力を自分が持ってるとは思えない。
とにかく乗り越えたことを素直によく頑張ったねって言うわ。
23.
悪だった自慢、病気自慢、貧乏自慢、不幸自慢の類?
24.
性同一性障害で悩むのは理解できても、タレント活動となると違和感感じる。ゲイやレズビアンでも周りに公表せず幸せに生きてる人いっぱい知ってるし、実際いろいろ悩んでレンタカーで目張り張って排ガス引き込んで自殺未遂で警察に保護されたやつもいた。
ほんとに死にたい時は誰にも言わないもんだと教えられた。難病抱えて治らない痛みの中生き続けていかなければならい人達に比べたらどうなんだろと思うし。
25.
誰やねん。
26.
女の子にしか見えないオネエって、
そりゃ女に寄せて整形してるし。
27.
オネエタレント が必ず売れるとは限らない。
タレント・アイドルだから必ず食べていけるとは限らない。

夢 を追い続けるのはいいこと と言われるが、売れない、食っていけないなら見切りをつけるべき。

昔の武勇伝は、人に言った時点でただのかましになる。
特に、自殺未遂したんだって言われる方の気持ちを考えてほしいですね。

28.
自意識過剰
性格悪い
整形お化け
厚塗り妖怪
29.
最近のオネエはクオリティ高いのは事実だが、本ケースにおいては
画像を見る限り、撮り方が非常に上手いだけの気がする。
30.
なんでこういう人って、みんな自殺未遂するんだろうねぇ
いろいろ大変かもしれないが、みんな大変なんです
大変だからって死んでたらキリがない。


スポンサーリンク