日本においては甘酒を年の初めに飲む文化がありますけど、甘酒というのは飲む点滴と言われていて、栄養摂取だったり疲労回復に良いと言われています。それに伴って新年だけに限らず好んで飲まれていまして、今の時代コンビニとかスーパーでも市販されていますね。

ところが妊娠中に関してはアルコール類は赤ちゃんに影響を及ぼすことから、飲むのを禁じられると思いますが、こちらの甘酒に関しては一体どうでしょう。

結論から言うと、酒粕などによって作り上げられるアルコールが入っている甘酒はダメです。米麹から作り上げられるアルコールが入っていない甘酒は大丈夫です。

妊娠していると時は飲まないほうが良い酒粕の甘酒


酒粕によって作るお酒というのは酒粕、水、砂糖を組み合わせて発酵させることによって作り上げますが、酒粕そのものにアルコール成分が入っています。アルコール濃度に関しては8%とすごく高めです。

アルコールというのはほんのちょっとでも口にすると胎盤を通り抜けてストレートに胎児に送られ、胎児性アルコール症候群といった症状が発症することもあり得ます。

胎児性アルコール症候群というのは妊娠中のアルコールが原因となって、赤ちゃんが発達障害などを生じさせる症状になります。際立って目が小さくなってしまったり、鼻が小っちゃくなるなど、見た目に悪影響を及ぼします。

甘酒を飲むことによりアルコールが体内に吸収されるため、とにかく酒粕から作られる甘酒を飲むことは止めておきましょう。加えて甘酒の元となっている酒粕もこのまま口にするとアルコールの摂取になってしまうので妊娠している時は避けるようにしてください。

そのうえで酒粕が販売されてあって、ノンアルコールといった明記がしているケースでは気を付ける必要があります。ノンアルコールというのはアルコール濃度が1%未満のドリンクに記載しても大丈夫になっており、一切アルコールが入っていないことを表すものではございません。

ノンアルコールであってもお酒が弱い人が口にすると顔が赤くなっていきますので母体だったり胎児のことを考えればノンアルコール飲料も摂り入れることはしないようにした方が良いでしょう。

妊娠しているときに飲んでも大丈夫な米麹の甘酒


酒粕の甘酒と比較して、米麹から作りあげられる甘酒はお米や、水を混ぜて発酵させることによってつくることが可能ですがアルコールに関しては生じて来ないことから、妊婦さんが口にしても問題ないです。

妊娠している時にアルコールを一切摂らなければ胎児性アルコール症候群の発症率に関しては0%なので、安全を重要視して米麹から作り出された甘酒のみを飲むことを意識しましょう。

それから米麹の甘酒というのは発酵成分が入っておりそれが妊娠している最中に味方となってもらえます。

妊娠している時に効果的な甘酒の飲み方と効き目

便秘解消にかなり効き目がある

甘酒の中には食物繊維と自然のオリゴ糖が入っています。

食物繊維が便をきちんと組み上げ、オリゴ糖が腸内環境を
改善するおかげで、便秘をしっかり解消出来ます。

たくさんの栄養が摂取できる

甘酒の中には必須アミノ酸、ビタミンB群、ブドウ糖がたっぷりと入っています。

・必須アミノ酸:胎児の栄養分という形で配達され、細胞分裂の時に利用され、加えて赤ちゃんの筋肉の元となっています。

・ビタミンB群:肌荒れ防止だったり血液の循環を助長する効き目が手に入りますし、赤ちゃんの中枢神経の確立においてなくてはならないです。産婦人科でも十分に補給するように言われるはずです。加えてビオチンも持ち合わせるため、妊娠している際に傷つきやすい頭髪をサラサラにしてもらえます。

・ブドウ糖:身体的な疲労感を解消に結び付ける効き目があって、赤ちゃんの栄養でも送りつけられます。※妊娠している最中に甘いものが食べたくてしかたがなくなるのはこのブドウ糖を赤ちゃんが求めるからと考えられています。加えてブドウ糖というのは脳へ満腹感を付与する刺激を送り込むことによって摂取し過ぎを予防します。

これらのことに従って甘酒というのは飲む点滴と言うくらい大きな効き目があって、妊娠している時の栄養補給のお手伝いをしてもらえます。

ストレスの緩和効果

意外にも甘酒は、飲むだけによりストレスの緩和の兆しのある成分、GABAが含まれていることから、ストレスを感じとり易く感情的になる傾向がある妊婦に非常におすすめだとのことです。

ストレス緩和においては運動したり、趣味に掛ける時間を増やしたりなどすることこそが効果を見せてくれますが、妊婦はコンディションが安定しないためそう簡単には行動することが行なえません。甘酒に入っているGABAに関しては、こういったストレスが蓄積しやすい妊婦のストレス緩和法としても役に立ってくれるはずです。

妊娠している時の飲み方

ノンアルコールのお陰で、どれだけ栄養を摂取可能だとしても飲みすぎはだめです。甘酒というのはカロリーが高くて、ブドウ糖が入っていることから飲みすぎると高血糖に見舞われやすいです。十分に摂取量を守るようにすることが求められます。

・妊娠している時の甘酒は一日200lmから400mlにしてください。
言うまでもなくアルコールが含まれた物はもってのほかです。

・甘いケースでは水で薄めて飲んでも問題ないです。

・それから便秘解消には起床直後に飲みましょう、食べ過ぎを
阻止するケースでは食事している最中に飲むようにしてみましょう。

ここまでが妊娠している時の甘酒の飲み方でございます。とは言っても体重が通常値と比べて高くなっていたり、高血圧だったり高血糖傾向で医師から指摘を受けている時には甘酒は断念するようにしてください。

ですので妊婦さんが甘酒を摂取するケースでは、米麹が原料でアルコールが含まれていないタイプを飲むことを意識しましょう。新年なんかで甘酒を飲むタイミングなどがあるかも知れないですが、アルコールが含まれているかきちんと知らない場合なら控える方が良いと考えられます。