妊娠している時、果物をおやつの代わりとして口にしているママは少なくありませんね。つわりによって物が食べにくいケースでも皮をはがしてすぐ味わうことが可能で、赤ちゃんの育ちに効果的な栄養も盛りだくさんでなかなかの印象が見受けられます。

近頃のカナダの大学の研究グループの話によると、妊婦さんが果物を少し多く食べることによって知能の高レベルな子が生まれるといった発表もあったのです。反面、妊娠している時にはそれほどおすすめできない系統の果物も存在するみたいです。

心配することなく果物を食べることができるために、栄養価やカロリーについても詳しくリサーチしてみることにしました。

妊娠している時果物はどれくらい食べても大丈夫?


妊娠している時の食べ物に関して、ベースとしてなる物の一つに「食事バランスガイド」が存在します。さっそくこちらで表記されている、1日あたりの食べたら効果的な果物の量や、その他の食べ物とのバランスなどをチェックしてみましょう。

妊娠している時の果物は優先度は低め

厚生労働省と農林水産省が一緒になって策定を行った「食事バランスガイド」が存在します。生活習慣病の予防としまして、食べ物を1日あたりに「どんな物を」「どれほど」食べたら問題ないかという大体の量を、回るコマの絵に例えて表したものになります。

主食>副菜>主菜>牛乳・乳製品>果物という感じに分けられていて、上の食べ物ほど十分に身体に取り入れないと駄目な食べ物というのを意味しています。

副菜と主菜って何?

まず主食というのは炭水化物のご飯や、麺や、パンみたいなものです。副菜というのは野菜や、キノコやいも類や、海藻などといったビタミンや、ミネラルがたくさん摂取できるものです。

次いで血液や筋肉を形成するたんぱく質源とされる肉や、卵や、納豆など豆類といった主菜。それから煮物など野菜料理が副菜となります。コマの一番下部分にはカルシウムたっぷりの牛乳や、ヨーグルトといった乳製品と、次に果物の枠があって、毎日摂るというのがすすめられております。

妊娠している時に果物はどれくらい食べれば良い?

その「食事バランスガイド」においては、果物を一日あたり適量に摂りた方が良いでしょうとされているのですが、果たしてどの程度の量と見ることがベストなのでしょうか。

とりあえず、数え方に関しては特徴的なSV(サービング)といった単位で表示されることになります。1SVは手の平に乗る程度の量で、約100gです。1個、1皿と言われることもあるでしょう。

妊娠初期でしたら2SV(200g)、中期から後期であれば3SV(300g)が適量と考えられるみたいです。2SVをよく見られる果物の個数とカロリーで表すと次に挙げる感じになります。

リンゴ 1個・108kcal

みかん 2個・90kcal

いちご  14~20個・ 68kcal

梨   1個・ 86kcal

柿   2個・ 120kcal

ぶどう 1房・ 118kcal

桃   2個・ 80kal

キウイフルーツ2個・ 106kcal

バナナ 2本・ 172kcal

アボカド 2個 ・370kcal

※柿や桃といった大きさが大きい果物は1個で2SVです。ぶどうに関しては、デラウェアなど粒が小粒なものは2房で2SVと考えて巨峰などに関しては1/2房で計算します。

妊娠している時の果物が母体と赤ちゃんになぜ求められるのか

果物というのはビタミンといった栄養価が高く、料理せずとも口にできることもあって手間なしだと言えますね。実際にどういった栄養や、効き目を見せるか確認していきましょう。

ミネラル

ミネラルというのは身体の中に微量に見られる栄養分なんですけど、赤ちゃんの成長にとってはなくては困ります。とりわけ妊娠している時は、ミネラルのひとつとされる亜鉛を30%多く摂り入れることが必要です。

亜鉛不足というのは、赤ちゃんが細胞分裂を行って成長して行く途中で正しい細胞を作れなかったり骨格が未熟になってしまうといった影響を及ぼすケースもあります。

加えてママの身体の栄養が足りなくなってしまって、初乳が出なくなってしまうことも存在するみたいです。

ビタミンC

ビタミンCに関してはこれ以外の肉や魚には入っていなく、毎日摂取したい栄養分でございます。妊娠している時は貧血に見舞われやすいですが、ビタミンCというのは鉄分の吸収を向上させて免疫機能も引き上げられてもらえます。

ほかにもつわりなんかで酸っぱいものを口にしたい際では、酸味を持つ種類の果物を口にするママが数多くいて栄養も補給可能になります。他にも、カルシウムの吸収率を向上させるビタミンDなんかも見受けられるので、赤ちゃんの骨とか歯の形成をサポートします。

ペクチン

ペクチンというのは、果物や野菜に入っている多糖類のことです。煮詰めるとゲル状になるがために、ジャムなんかを作る時に活用されます。

水溶性の食物繊維となって腸の中を移動して、不要な物質を巻き込んでお通じを向上させる効き目が存在します。

妊娠している時はホルモンが影響を及ぼして便秘に見舞われやすいため、たくさん摂り入れておきたいものですよね。加えて、悪玉コレステロールとされるLDLの数値を低下させる効果もあるみたいです。

カリウム

身体にむくみが生じるのも妊娠している時の症状の1つです。果物に入っているカリウムは、身体の中に溜まった水分とか老廃物を流しやすいようにする効き目が存在します。

塩分(ナトリウム)が多い時では血圧がアップする原因にもなると思いますが、これについても果物を食べることによって排出を助長することが可能になります。

食物繊維

果物の中には水溶性の食物繊維、あるいは不溶性食物繊維も入っている種類も存在して便秘解消に効果抜群になります。

加えて、繊維を摂り入れることによって血糖値がグンと跳ね上がるのを抑制して、脂肪の吸収をゆるやかにさせる効果もあります。

食物繊維というのは胃で膨張してで満腹感をもたらすので、妊娠中期より食欲が生じた妊婦さんにもいちおしになります。

果糖

果糖というのは砂糖の1.5倍という甘みを感じると言われていますが、血液の中では全然分解されない糖類になります。その為、血糖値アップとしては影響しないですぐさまエネルギーに変換されるみたいです。

身体がだるい、直ぐ疲れるというような症状を軽くしてくれて、肝機能を改善する効き目がございます。

妊娠している時の食べるべき果物と控えるべき果物とは

さてさて実際に、妊娠している時に摂取すると効果的な果物の種類を目にしてみましょう。あわせて、食べる時にはちょっと注意が必要な果物もあって、この理由も細かく説明していきます。

おすすめの食べるべき果物

葉酸というのは妊娠初期の器官形成期には言うまでもなく、妊娠を考慮している女性の方にもいちおしになる栄養素です。

お腹の赤ちゃんの細胞分裂を助長させて、神経とか脳の発達を活発にします。妊娠している時は1日あたり0.4mg(400μg)摂り入れることがすすめられておりますが、天然の葉酸というのは体内では安易には留まりづらいこともあります。

とは言っても毎日率先して摂り入れることによって、赤ちゃんが発症するリスクがある「神経管閉鎖障害」の予防や、ママご自身の貧血を和らげたり、流産などを防ぐ確率が上昇することになります。

ライチ 100 g あたり63.1 kcal


みずみずしく、香り豊かな果肉が美味しいライチなんですが、葉酸の含有量は果物の中においてナンバー1です。ライチに関しては100g中に100μgの葉酸入っているため、2SVを摂取するとしたら必要不可欠な摂取量のおよそ半分はカバーできることになります。

これ以外にも、ビタミンCもたくさん含まれていることから、免疫機能低下によって風邪をひくのを防止したり、つわりで物が喉を通らないときの栄養補給にもつながります。

いちご 100 g あたり33.9 kcal

100gあたり90μgの葉酸が入っているイチゴに関しては、大体7個が100gで、1SVとしましてイメージしても一日あたりの摂取量の1/4は食べられることがわかります。

ビタミンCだけに限らず、骨や歯の増強に欠かせないカルシウムや、マグネシウムも入っていて、水分代謝を改善するカリウムもたくさんあります。

マンゴー 100gあたり64kcal

葉酸量に関しては100g中84μg含まれており、水や熱に強いことから調理を行っても栄養が全然壊れることがありません。

身体の中で効果的なビタミンAに変えるベータカロテンが多くて、活性酸素も防ぎます。加えてマンゴーの香りはリラックス効果があって、食べる前に塩を振りかけるとより一層効果がアップします。ぐっすり眠れない妊婦さんにもいちおしです。

アボカド 100 g あたり186.9 kcal

100gあたりの葉酸含有量に関しては84μgとマンゴーと同じようなものですが、ちょっとカロリーが高いこともあって食べ過ぎないように注意したいです。

森のバターとされるアボカドには他にも鉄分や、食物繊維もたくさん含まれているので妊娠している時食べることがちょうど良いです。血流を活性化させるビタミンEもあって、お肌の黒ずみにも効果的と言われています。

国産さくらんぼ 100gあたり60kcal

葉酸量に関しては100g中、38μgとちょっと低下しますがそこそこスーパーでも入手が容易なさくらんぼも一押しです。

1粒に約4%くらいカリウムを含んであり、利尿効果があるのでむくみ改善にはもってこいになります。加えて、身体を温かくする効果だったりビタミンCや、ミネラルのおかげで身体の疲労感を減少させてくれます。

葉酸サプリメントで手軽に摂取も可能

果物っていうのは季節や時期によって値段が高くなっていたりして、金銭面に余裕がなければ厳しくなってくることも考えられます、ここでサプリメントで足りない栄養素を簡単にお金もあまりかけないで摂取することが可能になります。

ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス 60粒入
ピジョン (2007-10-09)
売り上げランキング: 25

飲みやすい錠剤の小ささで喉を通りやすかったです。妊娠発覚後から飲み始めましたが毎日飲んでて苦になりませんでした。1瓶飲み切った後は飲んでいませんでした。これを飲んでいたお陰かどうか、直接関係があるかどうかは全く分かりませんが先日元気な赤ちゃんを出産しました。妊娠初期は精神的に不安定な時期でしたので、『これを飲んでいるからきっと元気な子が産まれるはず』って言う安心感を得るために飲んでました。

初めての妊娠です。
1ヶ月目から飲み始めました。毎日二粒飲んで普通に生活していました。
それからサプリが切れ1ヶ月飲まず…だんだんと悪阻以外にも体調が悪くなっていきました。
特に鉄分不足の症状と思われるのが出ていて再び3ヶ月目に入りのみ始めました。
朝1粒だと、効果があまり出ず…2粒だと良い感じです。
目安と書いてあるので寝る前にも1粒程度飲もうかと思いますが、もしかしたら飲みすぎになるかもしれません…(本当は食事が食べれればいいのですが食欲不振で栄養が取れないため)

葉酸だけでなく、鉄分やカルシウムも取れるのでいいなと思い、ディアナチュラから乗り換えました。
ディアナチュラは1日1粒で粒も小さく楽ちんでしたが、こちらは1日2粒。それはいいんですけど、粒が思ってたより大きくて、油断すると水だけ飲んでしまって、粒が飲み込めずに残ってしまい、また水を飲む……と、いうことがあったので、錠剤を飲み込むのが苦手な方にはオススメできません。
ですが、Amazonでの価格は安いですし、葉酸以外の成分も取れるのでとりあえず頑張って飲んでみます。

妊娠する前から飲んでいました。無事出産し、産後の今も飲んでいます。飲む際にとけて変な味もしないですし、つわり時も問題なく飲めました。私は妊娠中から貧血の症状が少し出ていたのですが、出産直後は倒れて点滴と薬を服用の治療になったので、鉄分等を補うためのも少し飲み続けようと思っています。

妊娠中に限らず、普段から鉄分が足りてない方だったので使用していました。
妊娠中は毎日2錠摂取するように心がけましたが、
忘れやすいので、同じシリーズのタブレットも一応買っています。
普段から食事量が少なくバランスも悪いので、栄養補給にはもってこいです。

りんご 100gあたり54kcal

1日毎に1個のリンゴが健康に向かう、と言われるほどリンゴは栄養が備わった果物になります。

とりわけ、水溶性とされる食物繊維のペクチンがたっぷり含まれていることで評価されています。この効果は腸の中で善玉菌を増大させ、悪玉コレステロールをとり囲んで排出する効力を見せるたri、つわりによって生じる吐き気を抑制してくれる効果もあります。

同じ様にペクチンたっぷりの果物においては、みかんや、いちじくや、いちごや、洋ナシなどが挙げられます。

バナナ 100 g あたり86 kcal

主に肉や魚にたくさん入っているビタミンB6に関しては、皮膚や粘膜の保護や、つわりの緩和にはないと困る栄養素になります。

妊娠中にはビタミンB6が不足気味になってしまうみたいです。しかし大きいバナナ1本を食べたら、1日に摂り入れる必要があるビタミンB6の半量(0.7mg)を摂り入れることが可能なわけです。

これに関しては鮭でいえば1切れ(80g)、0.64mgを補給するのと大体同じ程度です。牛レバー100gだったら0.89mg、豆類だったらきな粉が大さじ1杯で0.72mgの含有量ですので、身近に入手できやすいバナナというのは妊婦さんととても相性が良い食べ物です。

果物は甘いものが食べたくなったら食べよう

妊娠している時は、お腹の赤ちゃんに対して栄養を届けるためブドウ糖がなくては困ります。これに伴って甘い物が欲しくなってしまうことになりますが、お菓子なんかはカロリーが高く妊娠糖尿病が引き起こされる可能性があります。

そうならないために、果物でも糖度が高くてビタミンとか葉酸なども入っている種類の果物を食べると良いと言われています。

中でもいちおしできるのが、ぶどうです。カリウムの効果による水分排出や、食物繊維もたっぷりあるので便秘対策にもつながります。

1日あたり200g口にするとすれば、巨峰のケースでは1房弱、デラウェアのケースでは2房くらいとなります。同じく甘味が充実している桃も200gで80kalとカロリーも低い方で、ペクチンもたくさん含まれています。

ちょっと注意したほうが良い果物

身体を冷やしてしまう果物

妊娠している時の体の冷えというのは血の流れが悪化したり便秘をもたらしやすく、逆子や流産にも結び付く危険性があるのだそうです。果物の中には身体を冷やす種類も存在して、食べる時にはちょっと注意したほうが良いでしょう。

とりわけ、柿はポリフェノールとしても知られている「タンニン」がたくさんあります。日本茶などにも含まれている渋み成分ではありますが、身体の中の鉄分とつながって吸収を邪魔してしまう結果になります。

そうすると血液の中のヘモグロビン生成が不十分となって、身体中の組織の酸素不足が引き起こす状態になり、その為に、冷えに見舞われてしまいます。

さらに温度が高い国や、地方で手に入る果物というのは身体を冷やしやすいといわれていて、スイカやパイナップルや、レモンや、グレープフルーツなどがあります。

ビタミンAがいっぱいある果物

ビタミンAの摂り入れは、妊娠初期においてはちょっと気を付ける必要があります。適度に摂り入れると身体の免疫力も高めますが、取り過ぎに関しては赤ちゃんの奇形の原因となってしまう可能性があるみたいです。

果物で100g中、110μgと含有量が多くあるのはプルーンなのですが、1日あたり7,800μg以上摂取し続けた状況で危険性が上昇するということからそれほど心配は必要ないようですね。これ以外にメロンやみかんや、すいかや、干し柿などについてもビタミンAは入っています。

果物はしっかりと水洗いしよう

日本国内で穫れる果物に使われている農薬は少しも検出されない、または微量に付着していたところで健康に問題ないとされています。けれども、リステリア菌といった食中毒菌などを含んだ感染をふせぐよう除去をしたほうが良いでしょう。

妊娠している時は免疫力がダウンするだけではなく、リステリア菌に感染してしまうと意識障害など深刻な障害になり得る可能性があり、赤ちゃんの早産や、死産にまで見舞われるというので危険です。

これに伴って、果物に関しては食べる前に流水で30秒くらい入念に洗ったり、重曹を注いだ水に1分ほど浸けておくと良いみたいです。近頃では、植物由来で作り上げられた洗える洗剤なども出ているらしいので調べておくと良いかもしれません。

妊娠している時の果物の一押しの食べ方


健康に良い栄養が数多く、妊娠している時も食べて良いと知ったら数多くの果物を堪能したいですよね。しかし、果糖は太るや、赤ちゃんが大きくなるといった噂も存在します。本当だと思いますか?

食べ過ぎじゃなければ果物を食べても太らない

果糖というのはフルクトースとも言われていて、砂糖の1.15~1.73倍も甘さがございます。それに伴って、太ってしまう印象がある人もいるかと思われます。

ですが果糖は通常なら、体内で速攻エネルギー変換されることから、血糖値が上昇せずに脂肪になりづらい糖となっています。

カロリーもその他の糖分とは違いがなくて、食物繊維も一緒に取り込めることもあって上白糖など別の糖とは違って健康に良いことになります。

しかし、血糖値が上昇されないということは満足感を取りづらく、おのずといっぱい果物を食べてしまうことも考えられますので食べ過ぎには注意しましょう。

太りすぎないように果物は決められた範囲で食べよう

一番初めにお伝えした「食事バランスガイド」に関しても、妊娠している時の果物は2SV、または3SVが適正な量になっています。

その範囲内で果物をそつなく合わせて味わいたい!といった場合はどのようにすれば間違いないでしょうか。一例として、リンゴは1/3個で100gです。そこでバナナを2/3本分プラスすると重量が200gですから、合計2SVとなるのです。

量を計ることがめんどくさい、というケースでは果物の個数や大きさで100gを身につけておくと効果的ですよ。一例として、いちごに関しては7個で約100gでキウイは1個で100gでみかんは小さい大きさならば2個で1SVになります。加えて、ヨーグルトを混ぜ入れたりジャムにしてちょっとずつ食べるというような方法も存在するみたいです。

食べたい果物の種類は赤ちゃんの性別で左右する?

フライドポテトだったりお肉などのしょっぱいものが味わいたくなると男の子で、甘い物が欠かせなくなると女の子が産まれると聞いたことはございませんか?

とりわけ、女の子が生まれた女親は、妊娠している時はいちごやみかんなど果物がとても食べたくなったといったケースがたくさんあるようで、迷信といえども関心を持ってしまいますよね。

糖分を栄養という形であかちゃんに届けないと駄目なので甘味を求めるのは普通、という意見も存在しますが、他のママ友さんにも質問すると人それぞれで面白そうですね。

妊娠している時の果物についてのまとめ

果物の安心できる点は、人工甘味料だったり食品添加物なんかが言うまでも無く含まれてなく、栄養をそのまま身体に摂り入れられることになります。

酸味だったり水分を感じることができるため、口の中がさっぱりとなってリフレッシュにもなり、果物の香りでも気分転換可能となります。体の冷えだったり食べ過ぎないようにに注意して、旬の果物をご堪能ください。