妊娠したら酸っぱいものを口に運びたくなるといった印象がありませんか?現在それほど見掛けませんが、古いドラマとかTVが原因で妊娠したら酸っぱいものが食べたくなる感じの考え方がある妊婦さんもたくさんいます。

まさに妊娠して酸っぱいものをいっぱい食べたくなるという妊婦さんは、ほんの一部となります。

もともとは酸っぱいものに関心が見られなかったのに、妊娠と同時に突然酸っぱいものが食べたくなることになったといった妊婦さんも一部にはいらっしゃるようです。

どうして、突然酸っぱいものをいっぱい食べたくなってしまっうのでしょうか。食の好みがどんな理由で変化したのか、妊婦さんに酸っぱいものはどういった影響がもたらされるのかをご紹介していきます。

どうして食の好き嫌いが変化してしまうの?


妊娠したらホルモンのバランスが変化していきます。妊娠中のわずらわしさや気持ちの変動や、食の好みの変化なんかは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が原因だと考えられています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)ってなに?

プロゲステロン(黄体ホルモン)がどういった活動を行っているホルモンであるのか軽くご説明していきます。プロゲステロン(黄体ホルモン)というのは、妊娠に向けた準備(着床し易くするとか、子宮内膜を分厚くさせる)をスタートしたり、着床の後に妊娠をキープしていくことに一番大事な女性ホルモンになります。

妊娠前に月経が起こる兆候としまして不機嫌になったり、食欲がわいてきたり機嫌や食欲や、身体の調子などに変化が起こることはあると思います。妊娠する前の感情の浮き沈みや身体の具合の変化もプロゲステロン(黄体ホルモン)のはたらきが影響しております。

妊娠をキープするためになくてはならないホルモンですけれども、女性を思い悩ませる原因にもなってしまうことになります。

食の好き嫌いを切り替えたり、身体の調子や気持ちに大きな影響があるプロゲステロン(黄体ホルモン)ですが、これまで酸っぱいものが全く食べれなかったのにも関わらず、妊娠したら酸っぱい物が大好物になったりこれまで好きだったはずのものが受け付けなくなったりする原因は、プロゲステロン(黄体ホルモン)がたくさん分泌していることが原因となっているのです。

妊娠中のつわりに酸っぱいものは効果バツグン


妊娠中につわりがきつい場合に酸っぱいものとかサッパリとした食べ物を口にすると、胃とか口の中がスッキリした感じになって、胃の不快な感覚を引き下げると言われています。

ですので、おのずとすっぱい食べ物を身体が必要としているといったケースも存在します。酸っぱいものの中でおすすめできるのが「酢」になります。お酢を使用した飲み物とかも構いませんし、酢の物でもOKです。

妊娠中にありがたいお酢の効果

血糖値の上昇をゆったりとする

お酢については、血糖値の上昇をゆったりとする効き目が存在します。私たちが食事を摂ると、血糖値というのは一定期間アップし、それに合わせて血糖値を下げるためのインスリンというホルモンが数多く分泌されるのです。

そのインスリンが血液中の糖をエネルギーに変換していくわけですが、このタイミングでエネルギーという形で使い切れなかった糖に関しては、脂肪となってためこんでしまいます。

疲労回復に効果が期待できる

お酢に関しては疲労回復に効果が期待できます。お酢に入っているアミノ酸とかクエン酸が疲労回復のペースを促進してもらえるので疲れが溜まっている時におすすめです。

便秘解消に効果的

酢酸の中には腸内の悪玉菌の増加を抑制したり、大腸のぜん動運動を活性化させる効果が見込めます。これにより、お通じが改善されて腸内環境も良くなることになります。

むくみ解消効果

お酢には利尿結果も期待できます。利尿結果のおかげで、身体の中の必要以上の水分とか不要物質も同時に排出することが可能なので、むくみの解消にすら役に立ってくれます。

カルシウムの吸収率向上

最近の人々に不足傾向があるカルシウムですが、なんとお酢には、カルシウムの吸収率を高めてもらう作用があるのです。カルシウムというのは脂肪の吸収を抑制するとされていることから、お酢と同時にヨーグルトとか牛乳を飲むこともおすすめです。

血液がサラサラになる

血液をサラサラにしてもらうことも、お酢の有難い効き目の一つになります。
血液がサラサラになったら血のめぐりが改善され代謝活動もアップします。冷えの改善とか綺麗な肌等にも結びつきます。

黒酢に含まれているビタミンB6がつわりを軽減

むくみや、胃痛や、疲労感が無くならないといった症状に関してはそれぞれで人によって差がsちます。そういった嫌気がさす症状を軽減する効き目を見せるものとしまして、ビタミンB6に見られる「ピリドキシン」が指摘されております。

妊婦さんの身体がおのずと酸っぱいものを求めて、マイナートラブルやつわりを少なくしようと働いている理由だと言えそうです。つわりの症状がかなりきつくて、何一つ食べられないといった妊婦さんにビタミンB6入っている点滴を投与したら、症状が良くなるとされています。

普通のお酢の中にはビタミンB6は入っていませんが、黒酢だったら入っています。お酢の飲み物を飲むのだったら黒酢に変えさええすればマイナートラブルを和らげることが可能なので役に立つでしょう。

お酢にはカルシウムの吸収率を向上する効果も期待できますので、ブルーベリー黒酢の牛乳(あるいは調製豆乳)割りなんかもちょうどいいと思います。ヨーグルトみたいになってすごく美味しいです。

妊婦さんが食べたくなった酸っぱいもの

妊婦さんが、やたらと食べたくなったと回答したものは次の様な食べ物が挙げられます。

酢の物、お酢ドリンク、レモン、グレープフルーツ、梅干

妊婦さんには、どうしてもレモンにかぶりつきたくなると話す方もおられました。レモンとかグレープフルーツの皮の中には、ワックスのみならず防腐剤や、防カビ剤といった薬剤が多量に付いていることから無農薬にするか、十分に洗い流してから食べることを意識しましょう。

それから、梅干に関してはキムチとは違ってはるかに塩分量がたくさん含まれています。梅干ばっかり食べておられると、塩分を摂り過ぎてしまって、むくみだったり妊娠高血圧症候群といった厄介ごとを招く恐れがあります。

どうしても梅干が食べたいと思うケースでは、梅干は少しだけにして、他の食べ物で補うことを意識したほうがいいでしょう。

妊婦さんがビタミンをたくさん摂取したら色白の子どもが産まれる?

「妊娠中にビタミンがたくさん含まれている食べ物を大量に摂り入れると色の白い子どもが生まれる」といった話を一度くらいは小耳にはさんだ経験があるだろうと思っています。

妊娠中にビタミンをたくさん摂り入れても、赤ちゃんのお肌の色には関係ないと言われています。赤ちゃんのお肌の色に関しては遺伝で確定されるのです。ママとパパが色白だったら高確率で色が白い子どもが生まれますし、親の片方一人が地黒だったらちょっと色の黒い子どもが生まれて来る可能性もあります。

「こちらのサプリを飲んだら色白の赤ちゃんが生まれてきます」と宣伝しているサプリなどが売られていますが、十中八九効果はないと考えた方が賢明です。ビタミン補給の理由で入手する分には問題ないですが、赤ちゃんのお肌の色の変化に関しては求めないようにお気をつけください。

過剰に酸っぱいものを食べたいと感じる妊婦さんは知らないうちに体が救いを求めているかも知れません。酷く疲れているのかも知れませんし、胃に不快を感じ取っていることも考えられます。率先してビタミンB6を体に取り込むように意識しましょう。酸っぱいものは黒酢が一番おすすめです。