妊娠初期になると口の中にたくさんの唾液がたまるといった症状が見られることをご存知でしたか?こんな症状が妊娠初期に引き起こされる人は限られるのですが、困っている人も見受けられます。妊娠初期のつわりの症状の一部で「よだれつわり」という風にも言われています。

そのためにここでは、

  • 妊娠初期によだれがいっぱいでてくる
  • よだれつわりってどういうもの
  • よだれつわりの対処法が気になる

というような人に妊娠初期に口の中が唾液だらけとなったり、ねばねばする感じが気持ち悪いよだれつわりが起きる原因とこの解決策をリサーチをしてみることにしました。

よだれつわりって何?


つわりというのは妊娠初期にたくさん生じます。つわりと耳にすると、体調が悪化して吐き気を感じたり、胸がひたすらにムカムカしていることや、食事の匂いを嗅ぐと吐き気がするといったことが普通に広く知れ渡っています。

ところが、つわりの期間に、口の中にたくさんのよだれが発生するといった症状のつわりが存在します。病名に関しては「唾液過多症」となっています。まさしく普段よりも唾液がふんだんに生じてくるいうものです。

唾液過多症(よだれつわり)の症状について

それとなく日頃よりも口の中に唾液がいっぱい生じるといったくらいの人もいれば、次々に唾液が分泌されて、飲むということもきつくなるといった人もいらっしゃいます。

日頃よりもちょっぴり分泌量が多くなっているという人、食べ物を口にするときにかなりの唾液が分泌される人、酸っぱいものを口にすると唾液がたくさん分泌される人、眠っている間にもいっぱい分泌されるので寝ながらよだれが溢れてきてしまう人など多種多様です。

唾液というのは口からの雑菌の侵入を防止したり、食べた物を消化するサポートを行ったりするため、たくさん分泌されるようになっても特別害が見られるという結果にはなりませんが、とても個人差がでてくるつわりでございます。

唾液過多症(よだれつわり)で吐き気が生じることも

よだれつわりの影響で、唾液の量が増えたとしても、別に増えるだけなら良いと言えます。

ところが、唾液がいっぱい分泌されることによりしだいに気持ち悪くなって吐き気が生じたり、普通なら唾液に味だったり匂いを感じないですが、妊娠している時は味等に敏感となっており、ご自身の唾液の味だったり匂いや感触が気持ち悪くなってきて吐き気が生じて、挙句の果てに吐いてしまうといったこともあるのです。

唾液過多症(よだれつわり)はなんのために生じる?


妊娠初期よりつわりに苦労を重ねる妊婦さんは少なくありません。

よだれつわに関してもつわりの症状の1個ですが、よだれつわりが何のために引き起こされるのかといった細かい仕組みははっきりと判明していません。

妊娠することが原因でホルモンの分泌量が異なっています。とりわけ妊娠初期というのはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量がすごく多くなります。

プロゲステロンが消化機能を低下させてしまう状態に対策をとって、消化機能が見られる唾液が増加するかもしれないといった説がございます。

また、一般的な唾液過多症というのは、副腎皮質ホルモンの増加が原因とされています。

副腎皮質ホルモンというのはセロトニンが少なくすることによって増加してきますから、よだれつわりになる発端としてセロトニンが足りないことが想定されます。

唾液過多症(よだれつわり)はいつになったらなおる?

どのような症状であってもつわりというのはきついと思います。

日々、具合が良くない日が続くと、何時までこのつわりが維持されるのではないかと気持ちが暗くなってしまいがちです。

おおむねつわりが生じる時期に関しては妊娠5週くらいから、胎盤が完成して妊娠安定期と呼ばれる妊娠16週程度に終了するといった人が多いみたいですが、つわりの時期というのは個人毎に差がかなりあるため、正確ではございません。

妊娠超初期よりつわりが生じる人もいますし、出産のギリギリまでつわりの症状に苦悩する人もございます。

よだれつわりの症状も強さにとても差があるので、安定期に入った時に症状が見られなくなったといった人もいらっしゃいますし、安定期に入れば、吐き気は取れても唾液はたくさん分泌されるといった人も見られます。

ちょっと唾液の多い場合ならば我慢可能なので、それほど深刻に気にかけないように頑張ることも求められます。

よだれつわりの対処方法

この辺で、よだれつわりがきつくて我慢できないケースでの対処法について見ていただきます。

洗面器をすぐ近くに準備する

つわりの期間に家の中で時間を潰せる場合ならば、どんなときも洗面器などを近くに準備しておけばその都度唾液を吐き出せることから安心できると思います。

飲み込むことができないレベルの量の唾液が分泌されたり、飲み込もうとすると吐き気を感じるといったケースではより一層洗面器に唾液を出してしまったほうが負担が軽くなります。

加えて、タオルだったりティッシュなどをどんなときも手元にあると、口からあふれそうな唾液をふきとることができます。

タオルだったりティッシュであればすぐさま交換できることから、衛生的なのでおすすめです。

自宅以外などのケースはペットボトルなどを所有して、すぐさま唾液を出したい状況で出せるように準備しておくと気持ちが楽になります。

ビタミンB6たっぷりの食べ物を口にする


唾液過多症が生じる原因の一説として、幸せホルモンとなっているセロトニンが足りないせいだと言う考えも存在します。

セロトニンの分泌が足りないというのは、ビタミンB6の摂取が不十分であることが原因のときがあるので、ビタミンB6を進んで摂り入れられるように心がけてください。

つわりの時期でどうしても食欲がないといった人もいらっしゃいますが、できる範囲で自然の食べ物から体に取り入れる方が良いでしょう。

ビタミンB6がたくさん含まれているものに肉だったり魚類が見受けられます。

マグロや、さんまや、いわしや、さけや、かつおや、レバーや、鶏のささみや、じゃないもや。バナナなどを積極的に食べてください。

加えて、にんにくもビタミンB6が大量に入っている食品でございます。吐き気なんかで安易には食べることができないといった人は、ビタミンB6のサプリなんかで栄養補給を行うことが大切です。

唾液がまずい時アメやガムで紛らわせる

よだれつわりというのは、ご自身の唾液だというのにひどい味を感じ取ったりして、飲み込めないほど症状がひどい人もいらっしゃいます。

このような人は、ちょっとでも気持ちを紛らわせるためにアメやガムなどを口に入れて唾液のまずさをカムフラージュしてみることも有効になります。

つわりによって気持ちが悪くてもアメだったら口にできるといった人も見られます。甘い味も悪くないですし、爽やかなミント系統の味も気持ちがすっきりするのでおすすめできます。

菓子類に関しては糖分の摂取し過ぎなど不安点も存在しますが、よだれつわりで苦悩していることだって辛いので摂り過ぎに気を付けつつも、アメやガムで可能な時はそれで我慢しましょう。

いくつもの味にトライしてみて、自分自身に適したタイプを見つけていきましょう。

酸っぱいもので紛らわせる

酸っぱい物を食べたら唾液がいっぱい分泌してしまいそうなんですか、お酢とかビネガー味のポテトチップスや、クラッカーというものを口に入れると唾液がそこまで気にならないようになるのです。

とても刺激が強力なお酢なんかは気持ちが悪くなることが考えられるのでそこそこ水で薄めたりして飲みやすいようにしてから飲むようにしましょう。

加えて、近頃ではお酢であっても数多くの味の付けられた美味しいお酢が売られています。

お酢は身体にもいいですし、口の中もサッパリしてくれます。唾液も気にならないレベルになるので唾液がつらいときは飲むことがおすすめです。

果物の匂いを嗅ぐ

つわりの期間に、ものすごくレモンを口にしたくなったといった人をよく見るという印象を持っていますが、レモンやみかん、ライムなどといった柑橘系の果物の匂いというのは快適で気持ちが良くなっていくのです。

アロマオイルなんかで柑橘系の匂いのタイプで部屋全体に気分爽快な匂いを充満させたり、枕に柑橘系のオイルをちょこっと垂らしたティッシュを添えておくのみでも気分がさっぱりすることでしょう。

ですが、妊婦さんに関しては使っては駄目なアロマオイルも存在しますので使用しても大丈夫かよく調べてから使うようにしてください。

歯磨きとうがいをする

口の中に唾液がいっぱいで不快なケースでは歯磨きを行ったりうがいを行なうと気持ちがさっぱりしてくれます。

歯磨き粉であったりマウスウォッシュなどを活用したら一層口の中がさっぱりしてくれます。

口の中のねばねばとしている感覚も軽減されます。水によって口の中をゆすぐのみでもさっぱりするのでトライしていきましょう。

内関っていうツボを押す


吐き気だったり二日酔いが原因の胸やけや、胃もたれなど消化器系全てに効果があるツボに「内関」といったツボが存在します。

内関というのは手首の内側の境目の線から、腕の方に指を3本くらいおいたところに存在するツボになります。

よだれつわりで気持ちが悪いとき等に、ご自身でちょっと強めに押すと吐き気などが少しはマシになるでしょう。

漢方薬を飲む

漢方というのは妊婦さんが飲んでも副作用の多くない薬ですから、気軽に飲むというのが可能になります。

漢方薬には、「益智(やくち)」「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」という名の薬が存在します。

これらに関しては、消化促進や、吐き気止めや、唾液抑制などを含んだ効き目があると言われています。

漢方薬に関してはそれぞれの症状において、いくつもの薬を混ぜ合わせて調合してくれることから、漢方薬専門店や病院での診察で、妊娠が原因の唾液過多である事を話し合ってみて下さい。

鍼灸(しんきゅう)療法

東洋医学の鍼灸療法で、唾液分泌に歯止めをかけることが可能となります。プロの鍼灸師を持つ病院にお問合せして施術を受けてみる手段も存在します。

規則正しい生活を行う

つわりの時期というのは何もやる気が起きませんし、憂鬱でいることもけっこう多いと思われますが、体内時計を狂わせることのないようにきちんと休息したり、睡眠をしっかりとるように意識しましょう。

ずっと横になっているからといって、真夜中などに起きているとか、昼の間に長々と睡眠をとっていると体内時計がおかしくなってしまいます。昼寝は長くても20分くらいにしておくことがおすすめです。

体内時計がおかしくなると自律神経が乱れてしまいまいす。自律神経が悪化すると身体の調子が悪化し、よだれつわりもひどくなってしまいます。

規則正しい時間に目覚めて、朝起きれるような時間に寝ることが重要になります。

静かな部屋にいよう

よだれつわりによって気持ちが悪いと家事などの仕事も易々には行えません。

リビングでほんの少し横になるってのも問題ないですが、気持ちが悪いケースではできる限り静かな部屋でじっくり休養をとることも重要なのです。

子どもの声なんかが耳に届くと気になりますし、じっくり休憩することができないです。

部屋の窓やドアを閉め切って安静にしてちょっと暗くして横たわっていると気持ちが楽になるものです。

唾液過多症(よだれつわり)は脱水症状に注意しよう


よだれつわりによって次々に唾液が分泌してしまうという方は、脱水症状に発展しないように気をつけて下さい。

何よりも、唾液をすべて吐き出している方というのは意識して水分補給を行っておくようにしないと脱水症状に見舞われやすいのでお気を付けください。

つわりの時期ですので、自分自身が飲むことが可能な水分で大丈夫ですが、ミネラルウォーターを飲みすぎると血液の浸透圧が悪化して、嘔吐などといった症状が悪化するケースがあるので、水を飲むというよりも、スポーツドリンクだったり経口補水液なんかで身体の中の水分を補給してください。

あまりにひどかったら病院に行へ

唾液が日頃よりもいっぱい分泌されるというだけにより大したことが無いと考えていたとしても、すごく度を越えて唾液が分泌されたり、気持ちが悪くなると楽に過ごすことが困難になります。

きつくなってしまったらとにかくかかりつけの医師と話し合っていきましょう。異常なほどひどいケースでは、つわりでの吐き気を和らげる薬が処方されたり、点滴などといった治療も可能となります。

あまり考えすぎないで

つわりというのは、多くの人がある程度の時期を過ぎると症状は悩んでいたのが本当なのかと思うくらい改善します。

よだれつわりの人だっていきなりよくなる確率が高いみたいなのでそこまで深刻にならないようにしましょう。

できるだけに日常通りに過ごして、気分を他の楽しいことで紛らわせることも大切です。

お家に1人でいると唾液が日頃よりたくさん分泌されたり、気分がさっぱりしないと落ち込んでしまいますのでちょっとお出かけしたり楽しいことを行うことだって重要です。

よだれだけに限らず鼻水が増加する人も

よだれつわりと一緒に鼻水が増加するという方もいるのです。

よだれつわりや、つわりが原因の鼻水の特徴というのは、サラサラしていて無色となっています。

妊娠することによって女性ホルモンの分泌量が変化したり、バランスが悪くなる影響のせいであることがほとんどなのですが、妊娠性鼻炎と診断される可能性もあります。

鼻水が多い場合では、花粉症と一緒で鼻が刺激されて炎症をもたらすかもしれませんので、部屋の加湿をしてみるとか、蒸しタオルを鼻へ当ててみたり、湯船に浸かるなどしたら効き目が発揮されるでしょう。

鼻水が増加するといった方も、脱水症状には注意して水分をきちんと補給することを心掛けましょう。

妊娠して唾液がたくさん分泌される原因のまとめ

よだれつわりというのは、妊娠初期のつわりの期間に起こる可能性が高い妊娠初期の症状になります。

日頃よりも唾液が増えたなと感じ取るくらいの方もおりますし、どう頑張っても飲み込めないほど唾液の分泌が見られる方もいるのです。

それに加えて、あまりにひどいと唾液の分泌によって気持ちが悪くなったり、吐いてしまう方もおります。

つわりの症状の1個ですので、安定期に入り込むと少しずつ症状が見られなくなったといった方が多いですが、いつまでもその症状が継続して出産するまで続いてしまうひとも稀に存在します。

よだれつわりに見舞われたら、いずれにせよそれほど気に掛けずに、飲み込めない唾液は気持ちがさっぱりするまで吐き出すことが大切です。

それに伴って、お家等でもいつも洗面器などをすぐ近くに準備しておいた方が良いでしょう。

気持ちが悪くなったりすることを軽減するために、ガムやアメや酸っぱいものを口にしたり歯磨きしたりうがいを行って口の中をどんなときもすっきりさせたほうがいいでしょう。

加えて、我慢しすぎないようにするためにも漢方医や鍼灸師などに相談を持ち掛けることも良い手段になります。かかりつけの医師と話し合いをすることによって吐き気止めだったりつわりの点滴を行ってくれるケースもあるので、それほど気張らずに相談してください。