妊娠するとちゃんとした生活を行ったり、食事内容にも気をつけたり意識を欠かせないことは大量にありますが、いつもよりも塩分の摂り過ぎには注意が必要になります。

ここでこちらでは、

  • 塩分の撮り過ぎたら妊娠している時の身体にどのような影響を及ぼすの?
  • 赤ちゃんにどういった影響を与えるの?
  • 妊娠している時になるべく塩分を少なくするには?

そういうような方に、妊娠初期においての塩分摂り過ぎによって発症する可能性のある妊娠高血圧症候群と、塩分を上手に少なくするテクニックにつきましてご案内します。

妊娠している時に塩分を摂り過ぎるとどんな影響が起きる?


塩分を摂り過ぎてしまうとむくみだったり高血圧に見舞われるおそれが上昇するっていうのは良く話題に上るようになりましたが、妊娠している時の高血圧というのは妊娠高血圧症候群というふうにも呼ばれており、たくさんの合併症が発症するリスクがあります。

塩分を摂り過ぎてしまうと高血圧の一番の原因となることから、妊娠している時はいつもより更に塩分をコントロールすることが重要となります。

妊娠高血圧症候群って何?

妊娠高血圧症候群というのは、妊娠中毒症の一つで、妊娠高血圧症や、妊娠高血圧腎症などといった高血圧が生じる病気をひとくくりにした名称です。

・妊娠20週〜出産した後12週までの期間に、高血圧を招いたケースでは妊娠高血圧症
・妊娠20週〜出産した後12週までの期間に、高血圧に蛋白尿が出てくるケースでは妊娠高血圧腎症

と言うふうに診断されることになります。妊娠高血圧症候群というのは、妊娠32週過ぎてからの遅発型とそれより前の早発型に分別されるのですが、早発型というのは重症化しがちな確率が高いようです。

ひどくなると、けいれんだったり脳出血や、肝臓や、腎臓の機能障害などといった病気が同時発生する心配があるため、妊娠初期から高血圧に発展しないよう注意を払った暮らしを送ることが求められます。

妊娠高血圧症候群は赤ちゃんにどんな影響が?

妊娠高血圧症候群になったら赤ちゃんに対する影響も気になるでしょう。

発育不全だったり赤ちゃんの機能障害、そのほか子宮から胎盤がはがれてしまい、酸素や栄養分が赤ちゃんに供給できなくなってしまう胎盤早期剥離などを発生させる可能性が考えられます。

かなりひどい場合では、死産になってしまうこともありますので、妊娠高血圧症候群というのは母親だけに限らずお腹の赤ちゃんに対してもとても恐ろしい病気になります。

妊娠高血圧症候群を見分ける方法

妊娠高血圧症候群というのは、高血圧かそうじゃないのかで分かります。それに伴って定期検診では一回ごと血圧を測定することになります。

血圧が高いか正常化の判断は収縮しているときの血圧が140mmHg以上、拡張している時の血圧が90mmHg以上のケースだと、妊娠高血圧症と診断されることになります。

かなりひどい妊娠高血圧症の基準点は、収縮している時の血圧が160mmHg、拡張している時の血圧が110mmHg以上の時になります。

現在では家でも血圧計を用意していれば、手間なく血圧を測定することが可能ですから、ちょくちょく確認してみることも良いと言えます。

妊娠初期だとどれくらい塩分を摂取すれば良い?


一般的に考えて成人女性の望ましい塩分摂取量に関しては1日あたり8.0gとされていまして、健康的な妊婦さんであっても同じ様に塩分摂取量8.0gが理想とになります。

大体の人は塩分を多く摂りすぎている

ところが、国民健康・栄養調査結果を確認してみると、国内の成人女性の塩分平均摂取量に関しては、9.2gと記されているため、妊娠している時いつもと一緒の食事内容を楽しんでいると、塩分を摂り過ぎちゃうことだと言えます。

普段から塩辛いものが好みといった人に関しては、こちらの平均値を圧倒的にオーバーしている可能性があります。

ほかにも、妊娠している時に関しては味覚も変わってしまって、食欲が増えるといった人もたくさんいて、それにともなって塩分の摂取量が増加してしまうことも相当増えるため、食事内容をよっぽど意識していないと塩分を摂り過ぎてしまうことだと言えます。

高血圧症候群になった時の塩分摂取量

妊娠高血圧症候群にかかってしまいますと、塩分をコントロールしてもらわないといけません。そういった場合、1日あたりの塩分の摂取量の目安につきましては7.0gになります。

重症化していたらより以上に少なくすることが求められ、1日あたり5.0g以内に制限されることになります。ここまで来るとぜんぜん味がしない食べ物で妊娠期を生活する必要が出てくるのです。

妊娠高血圧症候群に発展しないことを望むなら、妊娠初期から十分に塩分のコントロールをスタートさせていくことが大切なのです。

食べ物に含まれる塩分量を知っておこう

妊娠している時にはカロリーを摂りすぎないようにしたり、バランスの良い栄養が食べられることで、和食メインにする人も多く見られますが、和食というのは醤油だったり味噌というようなそれなりに塩分が多くある調味料を使用します。

加えて漬物なんかも組み合わせて口にする可能性が高く、やっぱり塩分がたくさんある食事となってしまうのです。

妊娠して和食を意識しているため、塩分も問題ないでしょと簡単に考えておりますと大変です。普段食べることの多い食事の塩分量はいくら位含まれていいるのか、塩分量を押さえておくようにしてください。

塩分早わかり―FOOD&COOKING DATA
女子栄養大学出版部
売り上げランキング: 13,682
食品 小さじ1 大さじ1
食塩 6.0 18.0
濃口しょうゆ 0.9 2.6
薄口しょうゆ 1.0 2.9
減塩しょうゆ 0..5 1.4
信州みそ 0.8 2.4
赤みそ 0.8 2.3
白みそ 0.5 1.5
減塩みそ 0.4 1.0
麺つゆ(ストレート) 0.2 0.5
麺つゆ(3倍濃縮) 0.5 1.6
ポン酢しょうゆ 0.5 1.5
和風だしの素 0.2
ウスターソース 0.5 1.5
中濃ソース 0.3 1.0
ケチャップ 0.2 0.5
オイスターソース 0.4 1.3
マヨネーズ 0.1 0.2
ドレッシング(乳化型) 0.2 0.5
ドレッシング(分離型) 0.4 1.1
中華だし 1.8
ブイヨン 1個=2.3
チキンコンソメ 1個=2.3
カレールー 1かけ=2.1
トマトピューレ 微量

参考サイト:http://home.c06.itscom.net/maruko/08foods/enbun/enbunhayawakari.html

食材そのものにもものすごい塩分量が一緒になっていることが見て取れます。他にもそれらの物を料理するケースだと、醤油だったりみそなどにおいて味付けするでしょう。

一日あたり8gを考えたケースでは、朝・昼・晩の食事をきちんと食べるためには、いつも通りの食事内容では、塩分を摂り過ぎちゃうおそれはとても高いので、たくさんの工夫をすることが重要になります。

醤油に関しては小さじ1で1gの塩分があり、大さじ1になると3gくらいの塩分量になっています。
みそに関しても種類によるのですが結構塩分が含まれていることが分かると思います。

妊娠初期から塩分を減らすように意識しよう

妊娠初期より味付けを薄めにするというなど塩分を減らすことを意識しないと、妊娠している時どんなときも1日あたりの塩分摂取量を上回ってしまうことになります。

一番初めは、調理に用いている醤油だったりみそなどを塩分少な目のタイプに変えてみることがポイントです。

濃い口しょうゆのケースでは、塩分量に関しては大さじ1で3gも入っていますが、減塩醤油の塩分量に関しては1.4gくらいになるのです。しょうゆ一つ変えるだけで1.6gという量の塩分を減少させることができるのです。

現在は、健康ブームも重なり合って食材にしても減塩商品が数多く販売されています。ハム等にも塩分の少ないもの、バターでも塩分が全然入っていないものがございますから、

食材を購入するときにはナトリウム表記を確認して、塩分がより少量の食材を買い入れることを意識しましょう。

妊娠初期からあっさりした味になれていこう


妊娠したという理由で、いきなり薄味になったら物足りないと感じる人も数多くいますが、最初は味に不満がもたらされても、日頃から徐々に塩分量を引き下げていくと最初は物足りなさを感じていたとしても何も感じることはななくなってきます。

普段から食べ物へ醤油をたっぷりとかけて口にしているのであれば、とにかく減塩醤油に買い替えてみて、そこから少しずつ少なくする感じで、ちょっとずつ慣らしていくようにしてみてください。

最終的に可能な限り味の薄い食事内容にして、理想の塩分量になるようにがんばりましょう。

塩分を摂りすぎないようにするポイント

塩分をむやみに摂り込まない食事に取り組んでいくためには、減塩の調味料を活用するなどのほかにもさまざまな方法が存在します。ここでは塩分の摂取量をコントロールする方法をご案内していきます。

塩分の変わりを見つける

調理をする場合、昆布とか鰹節や、干しシイタケや、サバ節などによって出汁をたくさん使用し出汁を取れば、味を濃くしないでも十分おいしいと思えることが可能です。

加えて、酢やレモンや、ゆずなどといったかんきつ類も味のワンポイントとなり、塩分を減らししていても食事を楽しむことが可能なようになります。スパイスといった香辛料も上手く利用することをおすすめします。

一つの例として、コショウをきかせてみたりとか、カレーやわさびや、からし風味をきかせると塩分が少ない場合でも、食事した際の幸福感があっぷします。

汁物は塩分が多いので注意

味噌汁というのは栄養価もたくさんあり、野菜をたっぷりと摂り入れることが可能なため、妊娠している時には積極的に飲んでもらいたい汁物なのですが、お汁を多くしてしまったら必然的に塩分過多になってしまうでしょう。可能な限り具材を多く入れて汁の分量を減少させるように工夫してみてください。

同様に、ラーメン等のケースは、汁まで飲み切るっていうのは止めるようにしてください。汁を残すことを意識するだけにより塩分摂取を食い止めることが可能となります。

調味料は食べる直前に使う

煮物みたいなきちんと味をしみこませた和食料理は多く見られますが、そのようなお料理はなんといっても塩分を摂りすぎてしまいます。調理の際に味付けをやらない方が、塩分を減少させることが可能ですので、取り入れてみたら良いと思われます。

塩味のケースでは、料理が完了したら表面にパッとかけた方がわずかでも塩分を感じ取ることが可能です。

醤油はかけないように

醤油だったりソースなど料理ができてから味を付けるケースでは、かけることはしないでつけて食べることを意識しましょう。そうすることで塩分の摂取量がワンランク減ることに繋がります。

香ばしさを加える

いりごまを使用したり、オーブンなどを使ってちょこっと焦げ目をつけた料理法を行うと、香ばしさを生み出して、塩分があまりなくても満足感を獲得出来ます。

練り物や加工食品は食べないように

かまぼこ等の練り物製品だったりハム等の加工食品というのは、造られる過程でたくさんの塩分が使用されています。いつの間にか塩分を摂り過ぎてしまいますので、妊娠している時には可能な限り食べないようにしてください。

塩分の代わりに油分を使う

油を口にすると良くない印象を感じる人も多いですが、オレイン酸などという健康に良いといわれる成分もいっぱい入っていますし、食材の栄養分を吸収することに大事な役割も果たしますので、塩分の摂取をコントロールするために質のいい油分を活用してみてください。

オリーブオイルやエゴマオイルや、ゴマ油や、ココナツ油などは風味もすばらしく、味付けにいい感じに使用できます。塩分に代わり使用していくことがおすすめです。

食べすぎないように気をつけよう

妊娠初期というのは体調も良くないことが多く、食欲がまったくないことも多いですが、安定期に入るといきなり食欲が襲ってくる人もたくさんいます。

どうにか減塩の食事メニューに気を付けていたとしても、食べすぎてしまったら、塩分摂取量が増加してしまい意味が無くなってしまいます。カロリーを摂り過ぎて体重をアップしてしまう結果にもなってしまうので、食事のボリュームにも注意を払ってください。

外食は控えるようにしよう

妊娠初期というのは体調も悪くなったり、食事を作る際の匂いでつわりが込み上げてきたりといろいろと外食に任せてしまうことだって高くなりますが、できる限りご自宅で食事を摂るよう意識しましょう。

外食は、自宅での食事とは異なり、味も濃いし塩分量も高い方になります。頻繁に外食してしまうと結構な塩分を摂り過ぎてしまうことになってしまいます。

妊娠初期で吐き気が生じるときって


妊娠初期というのはつわりなどによって体調がひどく、食べても吐いてしまうといった人もおります。同様に、少しも口にできない、食べることができるけど、お腹の具合が悪くて下痢気味といった人もいらっしゃいます。

そんな時、塩分の摂取に関しましてはとりわけ深刻に考えることは必要ないといえます。嘔吐だったり下痢が生じるケースでは、ほどよいミネラルが身体からしたら求められますから、塩分を減少させると逆効果になってしまいます。

塩分の減らしすぎも厳禁

赤ちゃんをプロテクトする為に必要な胎盤の中に存在する羊水というのは、海水と一緒の塩分濃度と考えられています。0.85%という塩分濃度が準備されるため、この濃度をキープするうえでも最低限の塩分は求められるのです。

あり得ないほど極端に塩分が足りなくなれば、不足している塩分を身体が必要としているため、いきなりしょっぱいものが口に入れたくなることもあり得ます。これに関しては身体が求めている証拠ですので、セーブするよりも逆に塩分を口にしたほうが良いといえるでしょう。

極端な塩分のコントロールはしないで、バランスの良い塩分量である一日あたりの8.0gを目指した方がいいでしょう。

妊娠中毒症により食事制限を行っているケースでは、医師の言いつけのもと塩分量をコントロールしましょう。

妊娠している時の塩分量についてのまとめ

妊娠高血圧症候群というのは、妊娠初期から食事内容をひとひねりしていくことによって、ほとんどの場合防ぐことができます。母子共通して元気一杯の出産を迎えることを望むなら、常日頃から塩分量にはしっかりと気に掛けることを意識しましょう。