12球団トップの20発 西武・山川が語る“どすこい”本塁打理論→故障だけは気をつけてほしいです

スポーツ

■推定145メートル弾 昨季47本の本塁打王が、驚異のペースで花火を打ち上げている。 西武の山川穂高(27)は、24日までの45試合で20本塁打。スポーツ紙風に言えば「年間64本塁打ペース」で、2013年にバレンティンが […]

ページの先頭へ