6月15日に『格闘代理戦争4thシーズン』のトーナメント決勝戦が行われた。

同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」となり、勝ち抜き制によるチーム戦で激突し、優勝チームには賞金総額300万円と「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。

同日にはスペシャルマッチとして芦澤竜誠率いる「芦澤一家」と、木村“フィリップ”ミノルの「木村組」との対決も実施され、白熱した戦いが展開された。

木村組の中堅を破った芦澤一家の中堅・国分勇太が次に拳を交えたのは、大将・榊原達也。ジュニア時代には“神童”那須川天心を倒した経歴を持ち、

トーナメント初戦ではチームとしては敗れたものの、皇治率いる「皇治軍団」の梅田慎太郎を相手に、カウンターの一撃でKO勝利を収めるなど、魔裟斗もその実力を認めた逸材だ。

試合開始のゴングがなると、榊原はファーストコンタクトの右ストレートで国分をダウンさせ、会場を騒然とさせた。中堅戦で消耗して動きに精彩を欠いた国分は抗う術がなく、再開後すぐ、28秒で再度ダウンを奪われてKOとなった。

勝利を決定づけた榊原は、直立して腕を後ろに組むという木村が勝利後に披露するパフォーマンスで会場を沸かせ、その実力を再度目の当たりにした魔裟斗は「天才ですよ」と感嘆の声を漏らしていた。


スポンサーリンク


ネットの反応

1.
今のkー1キック見てもワクワクしない
2.
KOのときは確かにすごかった!
けど、その後に出て来た15歳の森くんのほうが、今後が楽しみな逸材って感じがした!
3.
HIROYAにも言ってたような!
これからですよ!努力の天才になれ!
4.
この団体戦の形式はかなり面白い。世界中の他団体もK-1に巻き込んで
W杯を開いてほしい。
5.
みんなしてキャラクター作るのに必死w
6.
芦澤と書いてナマズと読むんでしたっけ?
7.
努力に勝る天才なし
これから期待ですね
8.
魔裂斗には、天才という言葉を安売りしないでもらいたい。
9.
天心をボコボコにしたのは、メイウェザーだよ!
国辱物だったね。
10.
魔裟斗の「こいつ天才」はリップサービス。
本気だったら見る目ない。
前にもK-1甲子園で似たことがあった。
11.
画像見てると男は不細工だろうが強ければOK
女は強くてもブスはNG
だから日本の女子格はアイドルのキャットファイトみたいで
見ていてもつまらないんだろうな
12.
天才でもこれからどう成長するかだろうね!
KOしたのも相手が疲れてたってのもあるだろうし、次の元気な相手からはダウンも奪えなかったからね!当て感は凄いからあとはこれから力を付けてどこまで登り詰めれるかだね!
13.
あんなヘタレ倒しても自慢にならん
14.
フィリップポーズはダサすぎて草
15.
魔裟斗は、HIROYAのことも天才だって言ってたからね。確かにセンスはあるだろうけど、そういう目で見ちゃうから期待外れの印象が強くなってかわいそう。
16.
そもそもあのだらしない体が好きになれないし、プロになっても天心レベルまで到達できる素質は皆無だと断言できる。幼稚園児だった天心に勝ったからってあんまり自慢しない方がいい、プロになって負けた時に10倍返しで馬鹿にされるぞ。
17.
天心と戦ってくれ。
18.
子供の頃に天才と魔裟斗に言われた選手いましたね
19.
でも次の試合、舐めプして、クソみたいな判定勝利だったよ?
20.
天才なんていう評価は事を成したあとに与えられれば良い。
これから活躍する事を目指す選手に余計なものはいらない。
21.
天才では無いと思う。
22.
ほぼアマチュア。
ボクシングでは考えられん。
23.
今戦ったら2.8秒でkoだね。
古い話持って来てもk1はもうまけてるよw
24.
天心に勝った男はかなり強いけど正直見ていて面白くなかったな。これから絶対強くなるのは富沢と、空津、たけるの中堅の人、こうじの大将この4名かな
25.
現在43歳シロウトですが、本当に天才だと思ったのは現役では井上、過去には辰吉の2人だけ。
26.
そっか、彼はそっち行ったんだ

強いよ

27.
天津飯が食べたくなった。
28.
人殺しみたいな顔してるな。
29.
大事なのは、これからです
30.
ちょっと華が無いような


スポンサーリンク