妊娠したら、目薬一つでも思い付きで使用しても大丈夫なのか気になりますよね。お腹の赤ちゃんに対する影響や副作用なんかも心配になってしまいます。

ですが、目の痒みや、ドライアイや、ものもらいや、花粉症といった、目のトラブルに辛い思いをしている妊婦さんもよく見られます。

ここでこちらでは、使用しても問題がない目薬の成分や、妊婦さんにけっこう多い目のトラブルや、目の不具合を防ぐ対処方法などを紹介していきます。

妊娠中に目薬は使っても良いの?


妊娠前なら当然のように使用していた目薬でも、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼさないだろうか、副作用に関しては問題ないだろうかと不安に感じて、使用することを迷う人もいると思われます。

妊娠中というのは赤ちゃんに対する影響を考慮し、できる限り薬の使用は我慢したいものなのですが、目のトラブルによってツライ症状が持続することによって巨大なストレスとなって、妊婦さんや赤ちゃんにも良いとは言えません。

できるだけ早く、辛い症状が解消するよう適切な使用法を身に付けておくことが必要ですね。

妊娠中の目薬は問題なし

目薬というのは目にのみに利用するもので量もほんの少しですから、基本として使用しても気にすることはありません。

最近発売されている目薬というのは、涙の成分に出来る限り近付くように作ってあります。

それから、目薬自体が目といった限定的な部分のみに働き、身体全体に投与する内服薬ではありませんので、使用に関してはむちゃくちゃ敏感にならなくても問題ありません。

ものもらいや花粉症なんかで、目の充血や炎症が酷い場合にパワーを発揮してくれると言われているのが、フルメトロン点眼液になります。

フルメトロン点眼液というのはステロイドの「フルオロメトロン」を含む目薬なのですが、妊婦さんのケースでは、「長い期間何度も使用しないこと」と公表されています。

禁止されている目薬ではありませんので、使用量・使用方法の基準を守って適切に使えば、つらい症状を食い止めることが可能になります。

妊娠中は避けたほうがよい目薬とは?

妊娠中に使わないほうが良い目薬って?

目薬の成分にもたくさんの種類がありますけど、一部には、妊娠中の使用に気を付けたほうが良いものも存在します。

その1つが、目の痒みだったりアレルギー症状を阻止する目薬に使用されているプラノプロフェンという名の成分になります。

プラノプロフェンは消炎効果を持っていて、痒みや異物感に有効性の高い目薬なんかに入っています。

ですが、妊婦さんや赤ちゃんにとっての安全性が証明されていないことから、妊娠中に関してはあまり使わないほうが良いかもしれません。

プラノプロフェンが入っている目薬の中には、アイリスガードP、マイティアアイテクト、ロートアルガード等が挙げられます。

添付の説明書にだって妊婦か妊娠していると考えられる人は使用しないようにと、注意書きがございます。

万が一、アレルギー性結膜の治療によって目薬が求められるケースでは、市販薬じゃなくて、絶対に主治医に相談して処方して貰うよう気を付けて下さい。

市販の目薬を利用するケースでは、品名だったり含有成分をきちんとチェックすることが求められます。

ご自身で断定することが難しい、自信を持てないといった人に関しては、薬剤師が常駐している薬局なんかで相談して入手すると安心できるでしょう。

妊婦さんが引き起こしやすい目のトラブルとは


PCやスマホや、TVというような電子機器がなくてはならない我々は、知らないうちに目を酷使してると思います。ですが、妊婦さんからすれば、目の酷使というのはいつもよりも辛いものです。

でしたら実際妊婦さんが見舞われやすい目のトラブルや、病気にはどんなのが存在するのでしょうか。

眼精疲労

妊婦さんが見舞われることが多い目のトラブルで一番よく見掛けるのが、眼精疲労になります。

妊娠中に眼精疲労が生じる人が多いっていうものは、ホルモンバランスが乱れたり、眼圧が上昇することが原因と言われています。

それから、お腹が大きくなって来れば家から出るタイミングが減少することから、ご自宅でTVを観賞したり、PCやスマホを使用したり、編み物を行ったりと、手元に焦点を合わせ続ける傾向が強くなってしまうことも、眼精疲労の原因の1つになります。

とりわけ妊娠初期というのは目の痛みに見舞われる傾向が強く、軽い頭痛が生じることもあり得ますが、妊娠中期となって疲労感が悪化すると、目が腫れたり、充血して痒く感じるといった人もございます。

より一層悪化すれば、目だけに限らず体の他の部位、例を挙げると頭痛や肩こりや、首こりといった不調が生じることもあり得ます。

目が乾燥してしまう(ドライアイ)

仕事をされている妊婦さんによっては、かなりの時間PCを使用する人もいると思います。目の乾燥に苦悩している人も多いことも考えられます。

ドライアイの中には3つの種類が存在します。

涙の分泌量が減ってしまう

目の表を潤す効果がある涙の分泌が少なくなるドライアイになります。
目の疲労感を察知したり、光が眩しくなったり、粘度の高い目垢がもたらされることになる場合もあるので、そういった症状が現れたら病院で治療していただいてください。

涙のクオリティが下がってしまう

目のふちに位置する脂質をもたらすマイボーム腺の分泌が少なくなり、涙のクオリティが下がる状態になるドライアイです。

コンタクトレンズをかなりの時間身に付けているとか、PCを使って長時間の作業を行なう人にたくさんみられます。

目の表面の潤いがすぐ無くなってしまう

涙は生み出されるにもかかわらず流れてしまうので、潤いが無くなってしまうドライアイになります。

一般的に、涙というのはまばたきすることによって分泌が行われ角膜表面に10秒以上とどまっておりますが、BUT短縮と言われていて素早く流れてしまうことになります。

視力の低下

本来は視力が良かった人だとしても、妊娠してから視力が下がるケースがあります。

妊娠したらホルモンバランスの変化が原因で、自律神経が正常でなくなることから、目から入るデータが脳に円滑に届き辛くなるとか、物を見る際にピントを合わせづらくなることが存在します。

加えて、妊娠中というのはお腹の赤ちゃんに酸素や栄養を届けるために血液量が増加し、血圧が上昇しがちになるのです。

それに伴って眼圧が変化しがちになり、眼球の周りの視神経が影響され、目が見えづらくなる可能性もあります。

花粉症

妊娠することでホルモンバランスだったり体質に変化があることによって、花粉症が発生したり、酷くなることが起きます。

妊婦さんが花粉症に見舞われたからといって、赤ちゃんに悪影響が出るという結果にはなりませんが、こまめにくしゃみを行なうと腹圧が生じて、お腹の張りだったり痛みに見舞われることもございます。

加えて、お腹の赤ちゃんに対する影響が不安で、花粉症の目薬や点鼻薬を利用することをためらい、より以上に症状をひどくさせてしまうことも少なくありません。

結膜炎やものもらい

免疫力がしばらくの間悪くなる妊娠初期に関しては、アレルギー性結膜炎や、はやり目だとも言われているものもらいといった感染症の可能性も上昇します。

お腹で赤ちゃんの成長がスタートすると、身体の免疫機能が機能して赤ちゃんを異物というふうに受け止めてしまうことがございますので、それを避けるよう、その時だけ免疫力が悪化してしまいます。

免疫力が下がってしまう分だけ、いろんな感染症にいつもよりも気を付けることが重要になります。

目がチカチカする症状がある場合は要注意

目がチカチカした場合は気をつけよう

目がチカチカするといったことはありませんか?目がチカチカして目が見えづらくなったり、眩しく感じるというのは眼精疲労が原因のことが大半です。

けれど眼精疲労が起こる原因が妊娠高血圧症候群や、起立性低血圧の可能性もありますので、気を付ける必要があります。

妊娠高血圧症候群

妊婦さんが気を付けるべきことが、妊娠高血圧症候群になります。妊娠中毒症とも呼ばれていて、妊娠の維持や、出産にも関係する重大な症状になります。

高血圧の症状が悪くなった際に、目のチカチカした症状が出る傾向が見られると考えられています。

症状が悪くなると、目のチカチカ症状以外に、腎臓機能の低下や、むくみや、手足のしびれなんかを引き起こします。

それ以外にたくさんの合併症も存在して、妊婦さんや、赤ちゃんの両者にとって命の危険も見られるので、目がチカチカしてしまったら婦人科の先生に診察して貰うことを意識しましょう。

起立性低血圧(脳貧血)

いきなり立ち上がったりした際にめまいがして、目がチカチカするというケースに関しては、起立性低血圧の可能性が想定されます。

貧血の症状と思われることが多いのですが、ヘモグロビンの量については無関係であるので、よく言う貧血じゃありません。

目のチカチカ症状のみならず、目の前が暗くなるとか、冷や汗をかく人もございます。悪い場合には、失神するケースもあるので、倒れ込んでケガする恐れもあるでしょう。

起立性低血圧が生じたら、いきなり立ち上がらないで動きをゆったりすることや、水分とか塩分をしっかりと補給するといった生活改善によって対処してください。

目薬に頼らず目のトラブルを解消・予防するには?

目薬以外に目のトラブルの解消方法はある?


すごい勢いで身体の具合や体質が変化していく妊娠期間中というのは、目に掛かる負担をできる限り軽減する工夫をしてください。

目薬に力を借りる前に、日頃から可能な予防策だったり目の疲労感を解消する方法をご紹介していきます。

目のストレッチ

PCや、スマホや、TVなんかで目を使いすぎたケースでは、目の緊張を軽減するストレッチをした方が良いでしょう。

  • 上下左右にできる限り遠くの物を数秒間じっくり見る
  • 遠くの緑とか木々に的を絞ってじっと見つめる
  • 目をギュッと閉じ、すぐさま開くといった動きを何回も行う
  • 顔の前に指を立てて見つめるそれから遠くのものを見つめることを立て続けに行なう

血流不良だって目のかすみだったり疲労感がもたらされる原因になってしまうことが見られるので、蒸しタオルを当てて温めてみることも悪くないですね。

目を乾燥させないように

妊娠中というのは目も乾燥することが多いです。冷暖房の作用した部屋だったら空気が乾燥して、一層目も潤いが無くなりやすくなっています。

乾燥を阻止するには、外気だったり冷暖房の風が目にダイレクトに当たらないことに注意を払い、加湿器だったり濡れたタオルを干したり、部屋の湿度をキープすることを意識しましょう。

それから、紫外線の強力な季節においては、外出する時にサングラスを活用しましょう。強い陽射しから目を守ることによって、乾燥を防止することが可能になります。

メガネとコンタクトレンズを改善させる

メガネやコンタクトレンズを利用している妊婦さんに関しては、こまめに健診を受けて、自分に適した度数のタイプを利用することを意識しましょう。

度数がフィットしていないメガネとかコンタクトレンズを付けていたら、それのみで疲れ目が生じる原因になることになります。

加えてコンタクトレンズを装着する時には、ゴミなどがつかないよう毎回清潔に気を付けておきましょう。

目を使いすぎないように環境を改善する

目を激しく動かしたら筋肉が疲れやすくなってしまいます。
PCやスマホなどといった画面も目にとってはものすごい刺激となっていることから、できる限りじっくり見る時間を少なくし、適度にひと休みすることを意識しましょう。

仕事なんかでとにかく長時間PCを見続けないとダメなケースでは、照明器具の位置だったり椅子の高さなどを修正して、可能な限り目に悪影響を及ぼさないくらいの環境を作っていきましょう。

それから、画面をじっと見つめているとまばたきの回数が減ってしまうことが多いので、率先して瞬きの回数を増やすことによって、目の乾燥を防止することが可能になります。

妊娠中目のトラブルをなくすために

妊婦さんの目のトラブル対処に関して紹介してきたのですが、役に立ったでしょうか。

妊娠前にはそれほどに感じる事がなかった目のトラブルであっても、身体の調子と同時に気掛かりになりストレスが生じるケースもあると考えられます。

ストレスというのは、妊婦さんと赤ちゃんの健康の妨げになってしまいます。ですので、わずかな目のトラブルも我慢することなく、最適な目薬を手にとってきつい症状を良くすることが重要になります。

加えて、目のトラブルの中には大ごとな病気などが潜んでいるケースもあるので、不安な場合にはいち早く病院で診察して貰うことを意識しましょう。