妊娠中に関しては食事制限が多くあることから、「時々好きなものを思う存分食べたい」と感じることも考えられます。そういった時に、食べたいものとしまして頻繁に言われるのが焼肉になります。

ですが、焼肉は高カロリーですので、妊娠中に食べても問題ないのか心配してしまう妊婦さんも少なくありません。ここでこちらでは、妊娠中に焼肉を食べても大丈夫なのか、食べる場合の気を付ける点などに関してご紹介していきます。

妊娠中に焼肉は食べても大丈夫?


妊娠中に焼肉を食べたかったとしても、自然に身体に影響がありそうと考えてしまい食べても問題ないのかなど、気にかかることがいくつも存在しますよね。

だからと言って、医師とか助産師に妊娠中は焼肉を食べたら駄目と指示されたこともなく、食べていいのか思い悩んでしまう妊婦さんも少なくないのではありませんか。

単刀直入に言うと、妊婦さんは焼肉を食べても支障はありません。赤身、そして小腸やミノといったホルモンに関しても、妊娠中に食べるのは可能になります。肉の中には、妊娠中に欠かせない栄養素も十分に入っていることから、野菜と一緒にバランスを考えて摂取できると望ましいと思いますね。

妊娠中に焼き肉を食べる際の注意事項

妊娠中に焼肉を食べても構わないとはいえ、気を付けてほしいのは少々ございます。次に挙げるような注意事項に気を付けて食べることを意識しましょう。

食べる量に気をつける

とにかく過食しないことが原則です。肉というのは部位によっては高カロリーですし脂肪分もたくさんあるので、食べ過ぎると太ってしまったり、これが影響を及ぼして妊娠高血圧症候群が発症する可能性もあります。

どう頑張っても食べ過ぎてしまう妊婦さんは、初めにサラダとか焼き野菜などを少し多く食べることがおすすめです。満腹中枢が刺激されますので、肉の食べ過ぎを抑え込める可能性がありますよ。加えて、脂身が多い肉についてはできる範囲で避けるようにしてください。

しっかりと焼く

生焼けの肉を食べたら、「トキソプラズマ」という名の寄生虫に感染する可能性が存在します。

トキソプラズマに一切感染したことがない方が妊娠中にトキソプラズマに感染してしまうと、胎盤を通じてお腹の中に存在する赤ちゃんにすら感染して、悪い場合には、流産や死産が生じたり、何事もなく誕生しても、赤ちゃんの脳とか目に障害が生じたりしてしまう可能性があります。

肉についてはじっくり焼いて火が通ったことを見定めてから食べるように気を付けてください。妊娠以前はレアの肉を好きこのんでいた方も、妊娠中に関してはしっかりと焼くことを意識しましょう。

レベーは食べないように

妊娠中に焼肉を食べる際は、レバーに対しても気を付けてください。レバーにたくさん入っている「レチノール」を妊娠中に多く摂り過ぎると、赤ちゃんが奇形や先天異常なんかの障害を抱えた状態で産まれて来る傾向が強くなると考えられています。

これに伴って、英国では妊娠中または妊娠したいと考える女性の人はレバーとかレバー製品を食べないように呼びかけけられています。

妊娠中というのはレバーを食べないようにするか、食べようと思っても少量だけにしておきましょう。レバーの種類に関しては、牛、豚、鳥どれも同じです。

刺激の強い食べ物に注意

焼肉のサイドメニューとしまして人気のあるキムチとか添え物のコチュジャンなんかには、カプサイシンと言われている辛みの成分が入っています。カプサイシンを摂取しすぎたら内臓や粘膜がダメージを受けたり、傷んでしまったりしますので、食べ過ぎないように気を付けてください。

それなりの辛さのものは問題ないのですが、胃腸に負荷が掛かるほど辛いものとか刺激をもたらすものは、妊婦さんにおいては良くないです。

肉というのは消化に時間がとられますが、加えてより以上に辛いものとか刺激物を食べたら、胃腸に対しての負担が高まってしまうでしょう。焼肉を食べるときには刺激物とか激辛な食べ物は控えることを意識しましょう。

妊娠中は胃もたれと下痢に注意

妊婦さんが焼肉を口にすると胃もたれとか下痢が引き起こされると言われています。妊婦さんは妊娠中において、胃もたれが生じやすい状況になっております。

妊娠初期のケースでは、プロゲステロンの作用によって消化機能が落ちています。それから妊娠中期以降は、次々に大きくなる子宮によって、胃腸が押し付けられて、胃の中にある食べ物が逆流しやすいことから、胃もたれが引き起こされやすくなります。

下痢が生じやすい点は、消化不良が原因となります。下痢が生じる原因も胃もたれと一緒で、妊娠中に関しては胃に刺激が少なく、消化が良好の食べ物を食べることが求められます。

焼肉の煙は気にしなくていい

妊婦さんが焼肉を食べようと思った際に肉を焼いている時に発生する煙が身体に悪影響を与えないか心配になる人もいらっしゃると思います。

タバコの副流煙と違って特に強力な害はありませんので気にする必要はございません。それに近頃の焼肉屋では発生した煙を吸い込んでくれる機器が普通に設置されておりますので煙を吸い込んでしまう量も大分軽減されることでしょう。

妊娠初期で焼肉は食べていいの?


妊娠初期に関しては流産の危険性が高いことから、食べたものが流産が生じる原因になってしまったり赤ちゃんの成長に影響を及ぼすることもあるんじゃないかとイメージする妊婦さんもたくさんいます。

ですが、妊娠初期の流産については、胎児側の染色体異常のために起こることが普通です。妊娠初期に焼肉を摂取したからといって流産可能性が高まるわけじゃないですので、あまり不安なりすぎる必要性はございません。

ですが、妊娠初期にトキソプラズマに感染すると流産に見舞われるリスクがあるので、上記で述べたとおり、肉はじっくり焼いてから食べることを意識しましょう。

加えて、つわり中に焼肉を食べたくなるケースもあることもあり得ますが、つわりの際は脂っこいものを口にすると胃もたれや吐き気に見舞われやすいことから、身体の調子に注意してちょっとずつ食べてください。

妊娠中に焼き肉を食べたら陣痛が引き起こされる?


妊婦と焼肉において、「焼肉を食べると陣痛が引き起こされる」といったジンクスが存在します。出産予定日が近くなっても陣痛が引き起こされる予感がないと、焼肉を食べに向かおうかなとイメージする妊婦さんも少なくないのではないでしょうか。

その点では、「焼肉を食べると陣痛が引き起こされる」といった話に、医学的根拠はございません。肉類を食べたら精が付いて陣痛を我慢できるといった思考から生じたのではという噂も存在しますが、これまた正確ではございません。

ほんとに焼肉を食べた次の日に陣痛がやって来たという妊婦さんは存在すると思いますが、たまたまの確率が高いことから、考えすぎないようにして、妊婦さんそれぞれのおしゃべりの楽しみくらいにしてください。

妊娠中でも焼肉を食べよう

妊娠中というのは不安とか心配な出来事がたくさんあって、ストレスだって溜まりやすくなってしまうので、食べたいものを我慢し過ぎることは良くありません。

本来は焼肉が好きな妊婦さん、それにこれまで焼肉はそこまで好きではなかったけども妊娠してどうしても食べたくなった妊婦さんに関しては、前述の注意事項を参考にして重く考えずに焼肉を楽しんでみるのもいいと思います。

出産した後については、小さな子供を焼肉に連れて行くことは難しいですから、なんといっても距離を置いてしまうのです。妊娠中にリフレッシュもかねてじっくりと焼肉を満喫してください。