妊娠中に関しては身体に色んな不調に見舞われます。胃の不快症状もこの1つです。胃薬を飲んで良い気持ちになりたいですが、妊娠中に胃薬を飲んでも大丈夫なんでしょうか?こちらでは妊娠中に胃薬を飲んでも大丈夫なのか、販売されている胃薬の中で飲んで大丈夫な胃薬と避けた方がよい胃薬に関してご紹介します。

妊娠中は胃が頻繁に痛くなる?


妊娠中に関しては、みぞおちの付近がぎゅっと締め付けられる感じの痛みだったり、胃痛や胃の不快感を感じとることが多いです。

妊娠初期についてはつわり、妊娠中期や後期に関しては、大きくなった子宮が胃を押し付けることが一番の原因となっています。

加えて妊娠中というのは、ストレスが影響を及ぼして胃が痛みだしてしまう可能性もあります。初めての出来事に対する不安、それに出産と育児に対する心配がストレスとなって、自律神経が乱れてしまい、胃に痛みが生じるというわけです。

妊娠中は胃薬は大丈夫?妊婦さんの疑問

「妊娠したら薬を飲んではダメ」とお考えの方も多いことも考えられます。ですが、肝心なのは「どういった薬を、いつ利用するか」という意味であり、妊娠中に薬を全て飲んでは駄目であるという訳じゃございません。

ですが、妊娠中に関してはママが口に運んだものがわずかでも赤ちゃんに運ばれるケースがあるので、薬の摂取には注意をはらうことが重要になります。

この薬の服薬がどれほど治療に重要か、赤ちゃんに対してどういったリスクが存在するのかをトータルで見極め、服薬するかしないかを決定していくことが重要になります。

それは、赤ちゃんにとって大切な器官が作られる妊娠初期だけでなく、赤ちゃんがたくさんの栄養を必要とする妊娠中期や後期でも同じです。

これからは、オーソドックスな胃薬と妊娠時の服薬につきましてご紹介していきますが、妊娠中の服薬については、自分の判断で決めずに医師に相談するといいでしょう。

妊娠中妊婦さんが処方される安全な胃薬って?


妊娠中の胃痛を病院で相談したら、胃腸の粘膜保護成分においてはそこそこ効果が弱い「レバミビド(ムコスタ)」だったり「テプレノン(セルベックス)」などの胃薬を処方されることが考えられます。

これらに関しては医師が妊娠中に飲んでも問題ないと結論づけしたタイミングで処方されるものになります。飲むことによって、流産や、妊娠に危険なことがあったといった報告はございません。

妊娠中にもしょっちゅう活用されている薬で、服薬にあたってこれといって不安になることはないと言われています。

加えて、「スクラルファート」だったり「水酸化アルミニウムゲル製剤」が入った「アルサルミン」や「マーロックス」といった胃薬に関しては、消化管からほとんど吸収されないので赤ちゃんに影響力がないと考えられています。

妊娠初期から後期に掛けて思っているより心配しないで飲める薬ですから、一番にこういったものが処方されることが普通でしょう。

ですが、どの薬でも自分の判断で飲むことは控え、服薬する前に、医師や薬剤師と十分に話し合うようにしましょう。

妊娠中でも飲むことが可能な市販の胃薬って何?

市販薬に関しては、副作用とか相互効果のリスクの大きさを考慮して4つに分類されております。一番要注意な「第1類医薬品」、お次に要注意な「第2類医薬品」、それほど副作用の多くない「第3類医薬品」、効果が控え目で副作用のリスクが一番少ない「医薬部外品」になります。

いずれも処方薬とは違って効果は控え目なのですが、処方薬に活用されている成分がそのまま配合されている薬も存在しますので、お気を付けください。

次にあげる薬に関しては、公式サイトや添付文書に「妊娠中に飲むことが可能」になっている薬になります。とは言っても、妊娠中に関しては身体の変化もかなりあって、状況は妊婦さん毎に全然違うので、服薬する前に率先して医師に相談してみてください。

医薬部外品

エビオス錠

アサヒグループ食品 エビオス錠 600錠【指定医薬部外品】
アサヒグループ食品 (2016-05-31)
売り上げランキング: 2,102

ビール酵母に入っている栄養素の作用によって、胃腸の働きを活性化させます。
効き目・効能に「妊産婦・授乳婦・虚弱体質者の栄養補給」と表記されてあって、妊娠中でも服薬が可能となります。

ミヤリサン錠

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]
ミヤリサン製薬 (2005-04-25)
売り上げランキング: 51

ミヤリサン錠に関しては、乳酸菌の成長をサポートし、腸内細菌のバランスをキープすることによって、整腸効果が作用する薬になります。

第3類医薬品

太田胃散チュアブルNEO

【第3類医薬品】太田胃散チュアブルNEO(ブルー) 28錠
太田胃散 (2010-05-10)
売り上げランキング: 1,345

水を飲まなくても服薬可能な胃薬になります。胸やけや、胃の膨満感や、胃の不快感や、胃痛など、胃のさまざまな症状に効果が発揮されるでしょう。

赤ちゃんに影響がある成分は含まれてなく、妊娠中でも問題ないでしょう。

ビオフェルミン健胃消化薬錠

【第3類医薬品】ビオフェルミン健胃消化薬錠 60錠
大正製薬 (2017-10-02)
売り上げランキング: 2,210

乳酸菌や消化酵素や、生薬の作用で、胃を強くして、腸にも影響を与える胃薬になります。

公式サイトによると、妊娠中の服薬はこれといって支障なく、用法や用量の基準を守って、症状がある際に飲むように記述があります。

第2類医薬品

太田胃散

【第2類医薬品】太田胃散<分包> 48包
太田胃散 (2005-09-01)
売り上げランキング: 91

生薬の働きで、弱った胃に活力を与えてもらえます。太田胃散にしかない作り方で、すっきりした服用感が特徴的と言われています。

赤ちゃんに影響がある成分は入ってないことから、妊娠中でも服薬可能だと言われています。

パンシロンAZ

【第2類医薬品】パンシロンAZ 36包
ロート製薬 (2008-10-17)
売り上げランキング: 868

パンシロンAZに関しては、正常でない胃粘膜の防御力を引き上げて、胃の不快感や、痛みなどといった症状に効き目がある薬になります。そういった薬は、継続使用は無理がある訳ですが、どうしても病院に足を運べない際に、急場しのぎで飲むことが可能でしょう。

セルベール整胃錠

セルベール整胃錠に関しては、産婦人科で頻繁に処方される「セルベックス」が主な成分になっています。胃を防御する粘液をアップさせ、入っている生薬が胃の活動を上げてくれるのです。

第1類医薬品

ガスター10 ※自己判断厳禁

胃痛や、もたれや、胸やけや、むかつきの症状による胃酸の分泌を制御します。

原則として第1類医薬品に関しては、服薬にあたってある程度気をつける必要がありますが、ガスター10に関しては医師が問題ないと決断したケースでは、妊娠中でも飲むことが可能となっています。

妊娠中に飲んだら駄目な胃薬って何?

「プロスタグランジンE1誘導体」という名の成分が入っている胃薬に関しては、きつい子宮収縮効果があることから、妊娠中に飲むことは絶対に駄目なのです。

添付文書にまで、妊娠中に飲んだことによって、流産や子宮出血が生じた報告が存在すると記述されています。

サイトテックは売られておりませんが、過去に病院で処方されたものが自宅に置いてあるといったケースに、勘違いして飲まないように気を付けてください。

ファチモジンが入っている胃薬

ファチモジンが入った「ガスター」などを含んだ医薬品については、妊娠中には飲まないようにしてください。ファチモジンについては、カラダの免疫機能を低くしてしまうのです。加えて、妊娠中に口にしても安心といったデータもございませんから、妊娠中は服用しないようにお気を付けください。

H2ブロッカーが入っている胃薬

H2ブロッカーが入った「ガスター10」「アバロンZ」といった第1部医薬品に関しては避けるようにしてください。これもまた、妊娠中の安全の固定化が行われいない成分になります。これを飲む必要性があると医師が見極め処方された時以外は、授乳中も同じ様に、服薬はしないようにしましょう。

ロートエキスが入っている胃薬

それから、ロートエキスが入った「スクラートA」「キャベジンコーワa(またはS)」も気をつけてください。ロートエキスに関しては、ロートエキスの成分によって、赤ちゃんの頻脈を招いてしまったり、母乳が出辛くなる危険性もあります。

ついでに視覚異変が生じるリスクも存在しますので、妊娠中や授乳期に飲むことは避けてください。

妊娠中は胃が痛くならないように色々ためそう

妊娠中に服薬可能な胃薬も存在しますが、服用せずに何とかなるならそれよりいいことなどありません。普段の生活のなかで食べ過ぎ無いように意識したり、消化に良い物を口にするといった工夫のみでも、胃痛が治まることもあるでしょう。

とにかく日頃の生活を見直して胃の調子を正常化し、しかしながら調子が悪いケースは医師に相談してみてください。薬の服薬に関しては、自己判断することが無いように心掛けましょう。