妊娠初期というのは食べ物だったり飲み物など、注意が必要なものがたくさん存在しています。

そんな中、妊娠初期の妊婦さんは紅茶を飲むべきじゃないと言われています。紅茶はリラックス効果があるので飲んでいる妊婦さんもけっこう多いと思います。

妊娠が判明した時点で紅茶が飲めなくなるのは、ツライと感じている妊婦さんも少なくありません。

紅茶を飲んでも大丈夫なのか、飲まないっほうが良いものに関してご紹介していきます。

妊娠初期に紅茶はダメだと言われているのはなぜ?


妊娠初期に紅茶を飲むことがどうしてだめと言われているのか、詳細をご紹介していきます。

カフェインが含まれている

紅茶の中にはカフェインが含まれています。コーヒーや緑茶なんかもカフェインが含まれていることから、妊娠初期から我慢した方が望ましいと言われております。

妊娠初期というのはとりわけカフェインの摂取をしないように気をつけないといけなく、カフェインの胎児に対する影響を想定すると、妊娠初期の妊婦さんは紅茶を飲まない方が望ましいと言われております。

冷たいものを飲むと冷えて下痢に

夏のシーズンなんかはアイスティーという形で紅茶を飲む妊婦さんも少なくないのではありませんか。同様に冬のシーズンだったとしてもアイスで飲むことが好みのケースでは、アイスティーのみを飲む妊婦さんもいるはずです。

しかしながら、氷をたっぷりと入れたアイスティーを口にすると内臓が冷えてしまうことから、下痢に見舞われるケースがあります。

とりわけ、妊娠初期に関しては下痢は悪影響が生じます。下痢が持続すると赤ちゃんにしっかりと栄養を送れなくなってしまう為です。

アイスで飲む割合も高い紅茶なので、こうした面からも飲まないほうが良いと言われています。

飲みすぎると下痢に

妊娠初期にに関してはつわりが発生しますが、つわりが現れると吐き気などがきつくなり、レモンなどを使用したさっぱりとした飲み物を口にしたくなる可能性もあります。

そうした場合に紅茶をレモンティーとして、飲みすぎてしまうと下痢を招いてしまう可能性がございます。

妊娠初期に下痢になってしまうのは、可能な限り避けなければだめです。レモンと紅茶に関しては相性が抜群でおのずと飲みすぎてしまうケースがありますが、こういった理由を考えても妊娠初期に紅茶は飲まないほうが良いと言われております。

妊娠初期に紅茶は飲んでもいいの?


妊娠初期に紅茶は絶対に飲んではいけないのでしょうか。これまで紅茶を普段から飲んでいた妊婦さんからすると、完璧に紅茶を絶つことはとてもハードなことです。

そうは言っても赤ちゃんを大事に考える場合なら、日頃の生活において紅茶を絶つことが求められると思いますか。

紅茶に含まれるカフェイン量は?

紅茶に含まれているカフェインの量に関しては、コーヒーと比較すると少ない量になります。一杯150mlの紅茶に、30mgくらいのカフェインが含まれております。

コーヒーの場合は60〜100mgくらいのカフェインが含まれています。コーヒーと比較すると少量のカフェインの含有量になっていますね。

一日一杯にする

紅茶一杯に含有されているカフェインに関しては、たいして多くありません。妊娠初期の妊婦さんは一日あたり、カフェインの摂取量を100mgだと問題ないと言われています。

これに伴って、一日一杯くらいの紅茶を飲むくらいでしたら心配ないことになります。

ですが、妊娠初期に紅茶を飲むことによって、赤ちゃんに対しての悪い影響があるかもしれなくぃ、身体の調子に変化は起きるかもしれないと気にしつつ飲むことはストレスが生じてしまいます。

そういう点を考察すると、日々紅茶を飲むよりも、別の飲み物で代用する方が気楽になれます。

一日一杯の紅茶に関しては構いませんが、日々ず~っと飲んでしまったらそれによって気にかけてしまう妊婦さんもいらっしゃいます。

心配性の妊婦さんは大きな不安を覚えてしまう可能性がございますので、カフェインを含んだ紅茶じゃなく異なる飲み物を活用する方が望ましいと言えます。

紅茶を飲む場合はホットで

妊娠初期に紅茶を飲むつもりならアイスで飲むことはやめてください。できる限りホットで飲むことが重要になります。

どう頑張ってもホットで飲むことが無理なケースでは、最低でも氷を利用せずに常温の紅茶を飲むようにしてください。

妊娠安定期になったら一日3杯まで

安定期に入ってからだったら、紅茶については一日あたりおよそ2~3杯飲んでも大丈夫だと言われています。

ですが、一日の中で緑茶など別のカフェインが入っている飲み物を飲むケースでは、全体のカフェイン摂取量をコントロールすることを意識しましょう。

紅茶には鉄分の吸収を阻害するタンニンがあることから、食事中だったり食後は飲み過ぎないように気を付けてください。

妊娠中の貧血によって鉄剤を処方してもらっている妊婦さんは、医師や助産師に相談するといいでしょう。

加えて、紅茶には利尿作用が見られます。妊娠中は頻尿に見舞われやすいことから、寝る直前や移動前に飲むのは控えたほうが良さそうです。

妊娠初期におすすめできる紅茶


妊娠初期に関しては紅茶を我慢した方が望ましいのですが、一日一杯くらいであればとくに気にする必要はありません。

ですがもしものことに備えると、紅茶自体を日々飲むことは、控えた方が無難な妊婦さんもいらっしゃいます。

ここで妊娠初期であっても気軽に飲むことが可能な紅茶に関してご紹介していきます。

ハーブティー

カフェインを含有しない紅茶としましてハーブティーが存在します。

こういうハーブティーを飲めば、カフェインの心配が不用で、気分転換をすることが可能です。

妊娠初期でも心配しないで飲めるハーブティー、その上妊娠初期の妊婦さんにいいとされているハーブティーを選んで飲むことを意識しましょう。

ですが、飲んでも構わない紅茶なのですが、飲み過ぎについてはお腹が緩くなったり、ほかの差し障りが出ることもあり得ますので、適度に飲むようにすると良いいでしょう。

ローズヒップ

ローズヒップティーに関しては妊娠初期だけに限らず、多くの女性に良いと言われています。ビタミンCが多量に含まれていて、抗酸化作用が非常に高いハーブティーになります。

妊娠初期に関しては免疫力が悪化してしまうこともあって、抗酸化作用の高いローズヒップティーを飲むことによって、しっかりとした体を作ることが可能です。

加えて利尿効果もあるので、妊娠初期のむくみなどに対しても効果を発揮します。

妊娠初期に関してはホルモンバランスの変化が原因となって肌荒れを生じさせてしまうことも考えられますが、ローズヒップティーには美肌効果も見られます。

妊娠初期は紅茶でリラックスしよう

妊娠初期の紅茶に関して、絶対に飲んだら駄目ではございません。ご案内した通り、一日一杯くらいの紅茶を飲む場合なら大丈夫です。

飲む場合は、カフェインで寝付けなくなってしまうことを回避するため、夜遅い時間なんかはやめましょう。

可能なら昼間に一杯の紅茶を飲んだ方が良いでしょう。簡単には我慢できない場合だけ飲むようにして、我慢できる場合は安全性の高いハーブティーを選択していきましょう。