妊娠してから時間が経過してお腹が大きくなってくれば、どんな些細なことでも行動するのが大変になって、一日が終了する頃合いには疲れ切ってしまう方も多いだろうと推測されます。そのようなときは元気になりたくて「栄養ドリンクを飲みたいなぁ」といったように感じる方もいるのではないでしょうか。

加えて、風邪を引いた際の足りない栄養分を補うために飲みたくなっちゃうこともありますね。しかしながら、栄養ドリンクにはいくつもの成分が入っていて、妊娠している時に飲むと赤ちゃんに負担を掛けるんじゃないかと心配になってしまいますよね。ここでは、妊婦さんでも大丈夫な栄養ドリンクと飲まないほうが良い栄養ドリンクを紹介します。

栄養ドリンクって一体なに?


栄養ドリンクというのは、身体が疲労している際の「滋養強壮&栄養補給」を考慮した飲み物もことをいいます。ビタミン、アミノ酸や、生薬由来のエキスといったものが配合されて、疲労回復の効き目があることが特徴になります。

身体に影響する成分が含まれていることから、第三類医薬品に分類される栄養ドリンクも存在しますが、医薬部外品として取り扱われている栄養ドリンクがほとんどになります。分かりやすいタイプでは「ユンケル」「リポビタンD」「チョコラBB」といったものが人気な商品になりますね。近頃では「レッドブル」といった様な、よく聞くエナジードリンクも栄養ドリンクと見なされて用いられております。

妊娠している時は栄養ドリンクを飲んでも大丈夫?

身体に効き目があると言われると、妊婦に関しては飲んではダメであるとすかさず考えてしまうかもしれないです。しかし、しっかりと注意書きに目を通して、用法・用量に従っているのなら妊娠している時も栄養ドリンクを飲むことは可能になります。

それどころか栄養ドリンクの中には「産前産後の栄養補給に」だったり「妊娠・授乳期の栄養補給に」と書かれてるものも存在しています。

ただし、栄養ドリンクの中には妊娠している時は飲まないほうがいい成分が入ったドリンクも存在するので、妊娠中であっても飲んでも大丈夫な栄養ドリンクの選び方を覚えておくことが大切となります。

妊娠している時の栄養ドリンクを選ぶ注意点


妊娠している時に飲んでも大丈夫な栄養ドリンクを選択する際は、最初にラベルの注意書きをチェックしてみましょう。「妊娠中・授乳中の栄養補給に」といった明記があるのなら、基本として気にすることはありません。

しかし、それ以外に妊婦さんが飲めるタイプでも明記のない栄養ドリンクも存在しますので、そのような時は下に挙げる注意点にしっかり目を通してください。下記項目に当てはまっていない場合でも、心配が生じる際は飲む前にかかりつけの産婦人科医と話し合って決めてください。

カフェインの量を確認

栄養ドリンクの中にはカフェインがたくさん含まれている場合がございます。妊娠している時のカフェイン取り入れに関しては絶対にNGと言うわけではございませんが、他の国では妊娠している時のカフェイン摂取量は200〜300mg以下と言われていますので、日頃からコーヒーや紅茶などを適度に飲んでいる方はカフェインが入っていない栄養ドリンクを飲んだほうが心配はいりません。

PS、エナジードリンクのオーソドックスな商品「レッドブル」の中にはコーヒー約1杯分くらいの80mgのカフェインが含まれているみたいですので摂取量にはご注意ください。

カロリーと糖質を確認

妊娠後期になったらお腹が大きくなって、スタミナを消費しやすくなることから栄養ドリンクにさえ頼りたくなる頃でございます。ただし、太りやすくなる時ですからカロリーと糖分の摂取量に関しては気を付ける必要があります。

栄養ドリンクというのは栄養補給を明言しているわけですからハイカロリーで糖質が高いタイプが多くありますから、栄養ドリンクを飲んだことによって一日あたりの摂取カロリー量の上限を上回らないように気を付けて下さい。

加えて、妊娠している時に糖質を摂り過ぎてしまうと「妊娠糖尿病」の危険性がアップします。糖質の高い栄養ドリンクを飲む場合は、別の食事などにおいて糖分量をコントロールすることを意識しましょう。

アレルギー成分の確認

栄養ドリンクの中にはたくさんの食物のエキスが含まれています。アレルギー体質の人は、アレルゲンになるものが含まれていないか成分表示を確認することが重要です。

アルコール成分の確認

メジャーな栄養ドリンクの中には、微量ではありますけれどアルコールが入っています。妊娠している時の赤ちゃんに負担を掛けるぐらいではございませんが、アルコールにとりわけ弱い方やアルコール過敏症の人に関しては飲まないほうが心配はいりません。

妊娠している時でも飲める妊婦さんにおすすめの栄養ドリンク

妊娠過程が良い調子で、前述の注意点をばっちり守ってチョイスすれば栄養ドリンクを飲んでも大丈夫です。しかし、どれを飲んだら良いのかと悩みに悩む人もいることでしょうから、妊娠している時にも飲めるおすすめの栄養ドリンクをご案内します。

下記の栄養ドリンクはすべて「効果・効能」としまして「妊娠・授乳期の栄養補給」が表記されているものなので、心配しなくて大丈夫です。

チョコラBBドリンクビット

【第3類医薬品】チョコラBBドリンクビット 50mL×10本
エーザイ (2008-10-15)
売り上げランキング: 879

ノンカフェインでカロリーが他よりも低めの栄養ドリンクになります。ビタミンB群が適度なバランスで含まれているので、妊娠している時や授乳中の疲労感に望ましいと思います。

リポビタンノンカフェ

栄養ドリンクの中でも認知度が高レベルな「リポビタンD」のノンカフェインタイプになります。つわりが凄まじくて食事量が少なくなっている際の栄養補給におすすめです。

アルフェネオ

大正製薬 アルフェネオ 50ml×10本 [指定医薬部外品]
大正製薬
売り上げランキング: 4,849

頑張る女性をターゲットに考えられた栄養ドリンク「アルフェ」シリーズのノンカフェインタイプになります。鉄分がたくさん入っていて、貧血が気に掛かる人に役立つでしょう。

しかし、貧血の理由で病院から鉄剤を処方されている人に関しては、鉄分の過剰摂取が起こる可能性が大きいから飲用前に医師に相談したほうが良いでしょう。

ビタシーローヤル3000ZERO

【第3類医薬品】ビタシーローヤル3000ZERO 100mL×10
常盤薬品工業 (2014-04-01)
売り上げランキング: 991

カフェインと糖類がいずれも全く無い栄養ドリンクになります。フルーツ風味で飲みやすく、夜間就寝する前にも心配なく飲むことが可能となります。

リゲインスタイル

リゲイン スタイル 50mL×10本 【指定医薬部外品】
第一三共ヘルスケア
売り上げランキング: 20,544

リゲインスタイルというのは、1本3.5kcalとめちゃくちゃ低カロリーです。生薬や生姜エキスがいっぱい入っていて、身体を力づけてもらえる成分が数多く含まれています。産前産後の栄養補給でも効果が期待できます。

妊娠中に栄養ドリンクを飲む際の注意したいところ

栄養ドリンクを飲む際に関しては、次の日に妊婦健診があるかないかをチェックしておくようにしてください。なぜかというと、栄養ドリンクを飲んだ後で尿が真っ黄色になってしまった場合があると思われますが、それは栄養ドリンクで摂り入れたビタミンB2といった栄養素の中で、あり余ったものが外に出されることが原因です。

妊娠中も栄養ドリンクを口にすると、尿に入っている栄養素がいつもとは異なってくるかもしれないので、尿検査だったり血液検査の数値に影響を及ぼすことがあり得ます。万が一妊婦健診の前の日に栄養ドリンクを飲んだケースでは、検査をしてもらう前に前もって栄養ドリンクを飲んだ事を言っておくようにしてください。

妊娠中の栄養ドリンクはあくまでも足りない分を補うために

栄養ドリンクというのは、妊娠中に不足ぎみの栄養分を手っ取り早く補給可能で、疲労回復をサポートする栄養分も入っているのですごくありがたい存在だと言えますね。だけど、栄養ドリンクというのは原則として十分でない栄養をまかなう「補助食品」となっていることを頭に入れといてください。

本来は食事で栄養を摂り入れるわけで、朝昼晩の食事を重点にしてやはり栄養が足りなくなってしまうとか、固形物を口にすることが厳しいといったケースに栄養ドリンクの力を借りた方が良いでしょう。

依存して飲み過ぎていると決まった栄養素を取り過ぎてしまう可能性も考えられます。「ここぞという場合の栄養ドリンク」と認識して飲んでいくようにしてください。