妊娠すると、女性の体というのは今までとは大きく変化することになります。外見上はわからなくても出血や体温といった症状で生じるケースもあります。

そういった変化を感じて、妊娠を察知する可能性もあります。できるだけ早く妊娠が判明すれば、薬やお酒を飲んでしまうリスクを回避することも可能となります。

加えて人によっては赤ちゃんが出来て身体変わっていく状態が不安になる妊婦さんもいらっしゃいます。
ご自身の状態が正常と言えることを確かめるために、週数ごとの基本的なな特徴をご紹介していきます。

妊娠一ヶ月までは身体の変化はなし


妊娠一ヶ月(妊娠0週~4週)については、精子と卵子が顔を合わして受精卵が出来上がりこれが子宮に着床するまでの期間のことです。

正しくは着床前ですので妊娠しておりませんが、利便性を考慮し妊娠の週数として数えることになります。

受精してから着床するまでの期間は、妊婦さんの体には自分で気付く変化はほどんど見られないです。メーカーにも左右されますが妊娠検査薬に反応が出てくることも珍しいです。

つわりも今のところ始まらず、身体は受精される前と同様の状態を維持しております。従って妊娠であることに気付きにくい問題がございます。

妊娠初期症状が現れる場合もある

全然変化が感じない妊娠1カ月なのですが、中には妊娠超初期症状が引き起こされる妊婦さんもいらっしゃいます。

妊娠前の最後の生理を妊娠0週と計算しますが、次の生理の予定日を1週間以上経過しないと妊娠検査薬の反応は出てきません。

しかしながら妊娠超初期症状が生じている妊婦さんに関しては、次の生理予定日1週間前から妊娠検査薬に反応が出てくる場合もあります。その分だけ体が妊娠に素早く対応しているということでしょう。

妊娠超初期症状の主な例です

  • 生理の予定日くらいに少しの出血(着床出血)が起こる
  • 微熱や、悪寒など風邪みたいな状態が続く
  • 頭痛がする
  • 肌が荒れたりニキビができる
  • 胸が張って乳首に痛みが発生する
  • 下痢等お腹の調子が悪くなる
  • 匂いに敏感になる
  • 今までにはなかったはずの眠気に見舞われる
  • おりものの状態が変わる
  • 基礎体温が上がったり下がったりする
  • 唾液の分泌が増加する
  • 胃が変な感じがして吐き気がする
  • 味覚の変化で嫌いだったものが好きになったりする

これらの中で、胸が張ったりお肌が荒れたりする原因はホルモンバランスの変化によるものです。

妊娠を持続させるために必要な黄体ホルモンの量が増加して、お肌の代謝が悪化したりするのでお肌が荒れるのです。そして胸が張る原因は乳腺が発達するためです。

気を付けるべき部分は微熱が継続している時だと言えます。風邪を引いたと認識して市販の解熱剤を利用すると受精卵に対して悪影響がでる可能性があります。

妊活を始めていて思い当たる節のある方は、産婦人科に足を運んで内診を行なって貰うようにするといいでしょう。すばやく妊娠に気付けることからそれからの対応がスムーズになるでしょう。

妊娠初期はつわりが起こる


着床を経て妊娠が成功するのが多くの場合4週~5週くらいではあるのですが、これから15週(4ヶ月くらい)までを妊娠初期と言います。

この時期の体の変化としまして、かなりの妊婦さんにつわり症状が発生します。原因としてたくさんのことが予測さてれおりますが、確実なことはいまだに明らかになっていません。

吐き気や、頭痛や、眠気などが強力になるのがつわりになります。つわりの症状が出てくることではじめて「もしかして妊娠したかも」と考える女性もかなりいると思われます。

妊娠初期は腰痛や腹痛に見舞われる場合もある

つわりが引き起こされるのと同時に妊娠15週までの過程で腰痛や腹痛にお襲われることもあり得ます。原因はホルモンが影響していると言われております。

腰痛が生じる原因は産道を開く準備のために骨盤の筋肉がゆるくなっている為です。ですので腰の骨をサポートする力が小さくなり、重さだったり痛みに見舞われるわけです。

腹痛も一緒で、赤ちゃんが大きく育つように子宮を拡大していく準備を開始することにより、まわりの臓器が影響を受けて痛みが引き起こされます。

他には受精卵が子宮の壁に根を張っていくからだと考える意見も存在しますが、卵の大きさから推定すると裏付けにならないとも言われまております。

ほかの妊娠初期の身体の変化は下記を御覧ください。

  • 頭痛
  • おりものの量が増加したり水みたいに変化する
  • 消化不良をもたらす
  • 疲労しやすくなって疲労感が強く感じる

こうした反応も、とにかく妊娠が原因で体内のホルモンバランスが変化してくることによって生じてきます。赤ちゃんを成育させるための準備がスタートしていると思ってください。

妊娠中期はお腹に変化が感じられる


妊娠16週~27週にわたる期間、5カ月~7カ月を安定期と言っています。初期の頃のつわりや不調が治まってくる場合が多く、体を自在に動かしたり好きなものが喉を通るようになるでしょう。

妊娠中期から段々とお腹が大きくなり始めて、妊娠している事実をもっと現実的に感じることができることになります。

加えてこれまでの洋服だと締め付けがきつくなってきますので、マタニティウェアの用意をし始める時期だったりします。

便秘になりがちに

子宮が大きくなっていくことにが原因で腹筋がゆるむことになります。ですので下腹部に力を入れづらくなってしまって、便秘が生じやすくなってしまいます。

とても酷い便秘のケースでは病院で医師に相談して軽めの下剤を準備してもらったり、運動に努めて便通を活発化させる工夫が求められます。

それから腹筋が緩み過ぎないように、お腹に負担を掛けないくらいの腹筋運動を習慣にした方が良いでしょう。お産時にそつなくいきめなくなってしまいます・・。

体重がすぐに増える

18週が過ぎたら皮下脂肪が増大しやすくなり体重が増加していきます。赤ちゃんに問題なく栄養を届けていくために、妊婦さんの体はエネルギーを溜め込もうとすることになります。

その結果消費することが出来なかったエネルギーが皮下脂肪になって身体に溜まっていきます。ある程度の皮下脂肪に関しては支障ありません。

ですが増加しすぎた場合は、妊娠高活圧症だったり妊娠糖尿病を引き起こしてしまって、出産のときに難産になる確率が上昇します。そんな訳で食べ過ぎには気を付けてください。

野菜を主としてバランスが取れた食事メニューを意識して、加えて散歩といった運動を日々の生活に取り入れることが大事になります。

妊娠後期からお腹は一気に大きくなる


妊娠8ヶ月~10ヶ月にかけて赤ちゃんについてはより一層大きくなって、それに合わせて子宮も大きくなって妊婦さんのお腹も出っ張っていきます。

赤ちゃんの体重を支えることもあって腰に負担がもたらされたり、大きくなっていくお腹に引っ張られることにより妊娠線が入ったりする場合があります。

腰痛対策

大きくなったお腹のバランスを維持するように腰を反らしやすくなるため、腰痛を感じがちになってしまいます。

コルセットなどを利用して腰をカバーした方が良いでしょう。加えて平らな靴を身に付けたりして歩行する場合の姿勢を安定にする工夫も求められます。

妊娠線対策

お肌が乾燥していたら妊娠線が入りやすいようになってしまいます。保湿クリームをお風呂あがりに塗ってマッサージしてみてください。

水分が保持されてお腹の皮膚がやわらかくなったら、妊娠線を防止することが可能です。妊娠中はお肌が敏感となっていることもあって天然成分が使われている保湿クリームが良いでしょう。

赤ちゃんは下がっていく

お腹が大きくなっていくことによって胃が押し付けられ、胸焼けだったり胸の苦しさを感じるケースもございますが、臨月に近づくにつれ改善していくでしょう。

これは出産のために赤ちゃんが子宮口の方へ下降していくことが要因です。こうなると膀胱に圧が加わり頻尿になる妊婦さんもおります。外に出掛ける時は気を付ける必要があります。

加えてお腹の張りを感じることができるようになって、数分間張りだったり痛みが継続してから治まる事を何回も起こす前駆陣痛が発生します。

前駆陣痛は少し経つと治まりますので、早産のサインと焦ることなく張りが続く時間を計りつつ様子を見てください。

赤ちゃんの成長によって妊婦さんの身体も変化していきます

妊娠中の体の変化は、頭痛だったり発熱といった体調不良からスタートし、つわりを終えて少しずつお腹が目立ってきます。

これは身体の中で生み出される女性ホルモンの量が増加していくためです。妊娠を持続させるためになくてはならないものですが、激しい変化がキツイケースもあります。

この時、お腹の中では赤ちゃんがどんどんと成長しております。体調が悪化することもお腹が張ることも、赤ちゃんが調子良く成長している証なのです。

すべての症状には役目があります。妊婦さんの体が変化することは、お腹の中に存在する赤ちゃんの変化を感じるためと認識してください。

妊娠中の身体の変化に関する体験談

妊娠前は脇の色を気にしていなかったんですが、たしかに妊娠の後期に脇のしわ?が色素沈着してくろずみました。

でも、産後いつの間にか消えていましたね。いま、1年経とうとしていますが、妊娠中はあんなに黒かったのがうそのように、元の色にもどっています。

戻り方に個人差はあるかもしれませんが、治っていくものでしょうから、ご心配なく♪

無事に可愛い赤ちゃんを出産してくださいね。
参考になればさいわいです。

こんばんは
あたしの場合ですが。。。
胸が張ることも風邪のような症状もありませんでした
いきなりの吐き気でした。。
その人、その子にもよると思います
前回と同じとは限らないと思いますよ~

こんばんは。つい先日妊娠がわかった者です。私の場合は生理予定日1週間前くらい前から腰が重くとにかくだるくて眠気がひどかったです。

いつも生理前になると同じような症状が出るので今月もそろそろ生理が来そうな感じだなぁ~って思ってたんですけどなんとなく妊娠してるような気がして検査薬を使ってみたら陽性でした。

私の場合、胸が張るという事はなかったです。でも風邪の症状と似てるっていうのはすごくわかる気がします。

3歳と1歳の子の母で、3人目を妊娠中の者です。

つわりはもうどうしようもないので、食べられるものを食べて、気分が悪いときはダラダラしてやり過ごすしかないです。水分はしっかりとるように心がけましょう。

4ヶ月に入る前には治まる人が多いようですが、産むまで続く人もいます。あまりにも体重が減ってしまったり貧血がひどくなるようなら、すぐに病院に相談して下さい。