妊婦健診で尿検査をすることになりますが、検査に結果に尿に糖が出ていると判明することがあります。ほとんどの場合は、そこまで問題が生じることはありませんが、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の兆候である可能性もございますので説明していきます。

妊娠中の尿は体の状態をいち早く確認できる


妊婦健診ではその都度、尿検査をおこないます。初診だったら妊娠反応をチェックし、あとは妊娠経過だったり赤ちゃんの成長や、妊婦さんの体に悪影響を及ぼすトラブルの兆候が現れていないかを検査しています。

とりわけ確認していることが、母子健康手帳の項目の尿糖と尿タンパクになります。妊娠したら、血液量が増加することから、腎臓に負荷がもたらされて尿に糖やタンパクが出てきやすくなります。

ひどくなってしまうと、尿糖に関しては妊娠糖尿病、尿タンパクに関しては妊娠高血圧症候群の兆候に当たるケースがあり、早急に発見することに繋がります。尿というのは妊婦さんの身体の状態がチェックできる重要な情報源でございます。

尿に糖が出てきてしまう原因は?

尿に糖が出てきてしまう原因を詳しく紹介していきます。

検査前に甘い飲み物なんかを口にした

通常、腎臓というのは血液をろ過することによって、老廃物などを尿という形で排出することになります。加えて、身体に求められるものは再吸収するはたらきもあります。

しかしながら、妊娠中というのは身体の中の血液量がおよそ1.5倍になるわけですが、腎臓の再吸収可能な量に関しては妊娠前と同じことから、吸収しきれない余分な糖が尿に出やすくなるのです。

さらに、再吸収可能な量が元々少なく、尿に糖が出やすい人もおります。そういうわけで、尿検査によって一時的に「+」が出ることはよくあることです。あとは検査する前に甘いものを飲んだり食べたりしたら、糖が出てくるケースがあります。

妊娠糖尿病の可能性がある

尿検査のみではきちんとわからないですが、尿に糖が出ている理由として、妊娠糖尿病の可能性も考えられます。

通常だったらエネルギーとしまして活用される糖を処理する働きが悪化して、尿や血液中に糖があふれ出てしまって、尿糖として出ている場合がございます。特に、上記に該当する項目ばかりになると気を付ける必要があります。血液検査において血糖値を具体的にチェックします。

血糖値検査を行って詳細に調べる


もっと正しく血液中の糖の様子を把握し、妊娠前からの糖尿病とか、妊娠糖尿病の早期発見このとを考えて、妊婦健診の中で妊娠初期と中期に血糖値を調べております。

産院にも左右されますが、初期に時間に関係なく採血して測定する随時血糖値検査、そして中期に50gグルコースチャレンジテストをやることが普通になります。

妊娠24週以降に関しては胎盤から生みだされるホルモンが原因で血糖値が上がりやすいことから、「血糖値が高すぎ」と言われるケースもよくあります。どちらかの検査で陽性のケースでは、追加で75gブドウ糖負荷試験をして、妊娠糖尿病か判断することになります。

妊娠糖尿病を予防するための食事方法などは?

血糖値が高いの妊婦さんは、とりあえずお砂糖が多い食べ物や、ごはんやパンや、めん類を食べすぎていないか確認してください。加えて、低GI食品をいい感じに用意して少しずつ口にすると、血糖値のコントロールの手助けとなります。

GIというのは、グライセミックインデックス(Glycemic index)で、食べ物に入っている糖質が吸収されるレベルを示したものになります。GIの値が低めの食材に関しては、糖がゆっくりと吸収されて、食後の血糖値が一気に増加することを防げます。

一般的に見て白米より玄米が良いという感じで、精製されたもの(白)と比べて、精製されていないもの(茶色)の方が低レベルみたいです。

GIの値が高い食べ物を口にするときは、きのこ類とか大豆類や、海藻類を一緒に食べるとGI値を下げる効き目があります。加えて、低GI食品であっても、食べすぎないように注意しなければいけません。

加えて、同様の食事メニューであっても、食べる順番を意識するだけで、急激に血糖値が上昇することを防ぐことが可能になります。可能な限り野菜を最初に食べてから肉、魚を食べてからごはんの順を意識してください。

糖はある程度摂らないといけない

ここまで確認してきて、糖を全く取らないようにすると良いんじゃないとか炭水化物は食べないようにしようとイメージする妊婦さんも見られます。

ですが、必要以上に栄養素を取り除くことは絶対にやめた方が良いです。

糖に関してはあまりにも多いと体によろしくない効果を及ぼしますが、赤ちゃんの成長にも母体にも絶対必要な栄養素でございます。

全く糖を摂取しなかったり摂りすぎたりしないように、正しい量に基づいて体に取り入れるように意識してください。

食事に加えて運動で健康的になろう


妊娠中は切迫流産だったり切迫早産なんかで運動制限が必要なケースを以外で、ほどよい運動に関しては母体の健康に求められます。

こちらでは、妊娠中にも食事の意識と一緒に容易に可能な運動をいくつか紹介していきます。

散歩

妊娠中に何よりも取り込みやすい運動が散歩になります。

きついつわりや身体が非常に重い妊娠後期については外出することそのものが億劫になりやすいでしょうけれど、自由が利く範囲で家の外へ出ると気分転換にもつながります。

ちょこっと近くの公園やコンビニまでだっだとしっても、十分な散歩になります。

天気の良くない日や体調が良くない日については無理をしないで、良いお天気で外出に適しているなら、ぜひ散歩を行なっていきましょう。

ですが、切迫流産など自宅安静のケースでは外出は止めておきましょう。

家事にちょっとした工夫を加えて軽い運動を

妊娠の経過が問題ないケースでは、家事をいつも通りこなしている妊婦さんもたくさんいるでしょう。

そのままいつもの家事を行なうのみでも運動になりますが、ちょっと工夫をすることによってさらに運動の効果を高めることができます。

例として、洗濯物をたたむ時や座っているケースでは、足首を回したり、ながら運動を行なっていきましょう。この点だけでもむくみ改善の運動なのです。

料理の時など立っている時は、じっくりとスクワットを行なうことも良いでしょう。

日頃の生活に手軽に始められる方法で身体を動かすと続きやすく、無理せず可能です。