新たな家族をもてなすにあたって、妊娠中に引っ越しをイメージしている人もおられるかと考えられますが、妊娠中の引っ越しに関しては気を付けてください。それから、手続きとか行なうこともいっぱいあります。妊娠中の引っ越しの負担を引き下げ、円滑に作業や手続きが可能な方法を紹介していきます。

妊娠中の引っ越しで注意すべきこと


妊娠中の引っ越しというのは大変?お腹が大きくなっている妊婦さんに関しては体力の消耗も凄まじく、気をつけるべき事がいくつも存在します。しかも、引っ越し先に従って病院の転院が求められるといった場合もあります。

妊娠中の引っ越しというのはどういったことに注意をしたらベストなのでしょうか。

引っ越しのタイミングは妊娠中期がおすすめ

妊婦さんにおいては、妊娠中の引っ越しに関してはどの時期だとしましても心も体に負担が生じてきてしまいますが、引っ越すつもりなら断然身体の調子が安定していてお腹がそこまで大きくなっていない妊娠中期が良いでしょう。

引っ越しするその日だけに限らず、物件の内覧であったり手続きや、荷造りと長い間準備が求められるので、最初にプランを立てて準備を進めることにしましょう。

荷造りは無理のないように

産婦人科の先生の話では、引っ越ししている時のトラブルはいっぱいあるみたいです。妊娠中の引っ越しに関しては、妊婦さんの身体に対する注意が第一優先です。

重い物を運んだり、高い場所へ登ったり、作業に気を取られてつい転んだりしてしまうことがないよういつも以上に気を付ける必要があります。

加えて、引っ越し準備期間中に身体の調子がひどくなって計画より作業が上手くいかないかもしれませんので、荷造りに関しては旦那や家族にアシストしてもらって、気持ちに余裕を持ち徐々にやってのけることが賢明でしょう。

妊婦さんに関しては身体が一番ですので、お金を支払って業者さんに任せても悪くはないでしょう。

転院する為の病院の情報は早めに調べよう

引っ越し先に影響されて、転院が求められるかも知れません。分娩予約がいっぱいになってしまう可能性がありますので、早いうちに準備しておくのが良いでしょう。

引っ越す地域が決まっているのであれば、初めに病院のサイトだったり口コミを参考に、転院先の病院の情報を調べておきましょう。

加えて、いま出向いている病院と転院先の病院両方で、最初に転院の手続き方法を相談しておけば悪くはないでしょう。

妊婦健康診査受診票がそのまま使えるか

検査費用の一部を補ってくれる妊婦健康診査受診票というのは、今暮らしている市町村が助成しているものになります。今使用中のものが引っ越し先の市町村でそのまま使用可能なのか、前もって役所に電話などによって確認しておくようにしてください。

引っ越し先が同じ県内だったら使用可能な場合もありますが、利用できないケースでは引越し先で妊婦健康診査受診票を発行していただけるか、確認しておいてください。

引っ越しは業者や家族に手伝ってもらおう

引っ越し当日というのは、荷物の運び出し・運び入れは重い荷物を運んでいる作業員の人が出入りするため、ぶち当たるといった事故には気を付ける必要があります。

できる限り、荷物の運び出し・運び入れの立会は家族に全部お願いすることが望ましいですけれども、立ち会うケースではリスクの少ない場所で無理のないように作業に参加にすると良いでしょう。

加えて、荷造りと一緒で業者さんにお金を支払って依頼することもひとつの方法になります。

妊娠中引っ越しの準備がしんどい!効果的な準備方法


引っ越しというのはとても大変な作業で、妊婦さんからすれば一層負担になるものです。ちょっとでも妊娠中の引っ越しは効率的に進行させたいと思いますよね。身体を最優先にして、負担をできる限り少なくした引っ越しをしていきましょう。

引っ越しのタイミングや条件を旦那と話し合おう

確実に物件の下見を行ったり、荷造りを行なうといった作業に関しては妊娠中期以降がもってこいですが、引っ越し先の条件だったり時期といった話し合いを前もって旦那と行っておけば引っ越し作業が円滑になると考えられます。

とりわけ物件の場所や条件の希望というのは夫婦それぞれ全く異なることもあり得ますので、最初に話し合っておきさえすると余計な物件の内覧が大幅に減少するでしょう。

事前に確認しておきたいこと

引っ越しの日時
内覧に着手する日時
引越し先地域だったり物件の条件

不要なものは捨てていこう

引っ越し作業でかなり負担がもたらされるのは、荷造りと荷解きです。こちらの量が少ないほど負担が少なくなります。身体に負担が生じない範囲で不要な物をちょっとずつ捨てておくことによって、引っ越しの作業量がけっこう少なくなります。

不要な物を意識して捨てることを心がけると、ゴミ袋何袋分にもおよぶこともあるでしょう。それだけ段ボールの箱の数が少なくなると考えれば、引っ越し準備が簡単になると思われます。

身体のことを考えてお金は惜しまないように

出産準備なんかに掛かってくる費用のことを考えれば、引っ越しに注ぐ費用はできる範囲で抑えたくなります。だけれど、無理をしてトラブルが発生してしまったらなんの意味もありません。

身体の調子が良くないケースや、旦那が多忙で引越し作業をひとりの力で行なわないと駄目なケースでは、荷造りと荷解きを業者に依頼して、お金で対処できることは少しくらい割り切ることだって必要だと考えられます。

引っ越しに必要な手続きとは


ここで、引っ越しを行なうときにやらなきゃ駄目な手続きについてご紹介します。引っ越し以前と引っ越しした後でわけてご紹介しますので、どうぞ参考にしてみてください。

引っ越し前に必要な手続き

さっそく、引っ越し前に必要な手続きに関してのご紹介になります。

転出届

引っ越し先が同じ市区町村じゃない場合に求められます。転出届の提出時に受け取る「転出証明書」に関しては引っ越しした後の転入届の手続きを行う際に、提出しますのできちんと手元に保管しておいてください。

加えて、市区町村役場で可能である下に挙げる手続きにマッチする場合は一緒にすれば効率的になります。

国民健康保険
乳児医療
児童手当
印鑑登録の廃止手続き

水道・ガス・電気・下水道の手続き

水道・ガス・電気・下水道のストップと使用開始の手続きが必要不可欠です。

銀行などの住所変更

銀行や生命保険会社や証券会社やクレジットカード会社などがあてはまります。ひとつひとつ手続きのやり方は違ってきますので、ネット上で調べたり、電話で問い合わせて手続きを行ってください。

郵便局に転居届

こちらの手続を行なうことによって、1年間前の住所宛に届けられた郵便物が転居先に届けられます。郵便局に提出してから反映されるまでに3から7営業日必要になりますから、早めに提出しておいてください。

窓口での手続きだけじゃなく、転居届けをポストへ投函する、またはネット上でも手続きが可能となります。

NHKの引っ越し手続き

ネットで続きが可能となります。

火災保険の解約

保険期間が残されているとしたら、解約返戻金が返却されてくる可能性もあります。

その他

ペットの登録変更手続き
固定電話の引っ越し手続き
インターネットプロバイダの移行手続き
新聞や生協などの住所変更手続き
転校手続き など

引っ越しした後に必要な手続き

それでは、引っ越しした後に必要になってくる手続きをご紹介します。

転入届

引っ越しした後14日の範囲内で手続きをやってしまうことが要求されます。引っ越し先が同じ市区町村のケースでは、転居届を提出します。

引っ越し先が異なった市区町村のケースでは、転出届時に発行された「転出証明書」を持って行って転入届手続きをしてください。

それに加えて、市区町村役場で可能である次に挙げる手続きに当てはまるケースは合わせて行うと効率が良いです。

国民健康保険
乳児医療
国民年金
児童手当
印鑑登録

マイナンバー通知カードや個人番号カードの住所変更

引っ越しした後14日経過するまでに、市区町村に届け出て、住所変更をしてください。

免許証の住所変更

引っ越し先の住所を管理する警察署あるいは運転免許センターで手続を始めます。それぞれ都道府県毎に手続きの受付時間などが違ってきますので、前もって調べましょう。

妊娠中の引っ越しは事前に前もって計画をすることが大事

妊婦さんの引っ越しはかなり負担が大きくストレスも蓄えられます。

ちょっとでも負担が減ることを願うなら、しなければいけないことを書き出し、お願いできることは家族や業者に依頼して、プランを立てて進行させられると良いですね。