妊娠初期に寒さがもたらされる妊婦さんはよく見られます。寒気と同時に、ほてりだったり微熱や、頭痛や、吐き気を始めとした風邪の引き始めっぽい症状を感じる妊婦さんもいらっしゃいます。

妊娠初期に寒いと感じ取った場合の対処や寒気が流産に関係するかに関してご紹介していきます。

妊娠初期は寒さを感じることが多い?

妊娠初期というのは一般的には妊娠15週までの期間を言うことがほとんどですが、近頃では妊娠13週迄を妊娠初期と区別するケースもあるみたいです。

早い人の場合は受精卵が着床する妊娠3週くらいから、妊娠の兆候と思われるたくさんの症状が生じてきます。

この時期から感じられる吐き気や眠気や、頻尿や、腰痛をはじめとする辛い症状というのは「妊娠初期症状」と言われていて、よく見られる症状の一つに寒気も入っております。

寒気をどんなときも感じる妊婦さんもいれば、就寝する前に寒いと感じる妊婦さんや身体のほてりと寒気を立て続けに感じる妊婦さんもいらっしゃいます。

一緒の寒気でも個人差が見受けられます。暖かい部屋にいるというのに寒い、そして夏だというのに寒いと感じるケースでは、風邪だけに限らず妊娠初期症状の可能性を疑ってみてもいいと言えそうです。

妊娠初期に寒さを感じる原因

高温期


基礎体温を記録している妊婦さんだったら、「低温期」と「高温期」というワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか。妊娠がうまく行くとホルモンバランスが変わって、高温期が少し続きます。

高温期は普段より0.3~0.6℃高い体温が継続し、平熱が36℃台後半の人だったら、高温期はずっと微熱が続いている状態の妊婦さんもいるかと思います。

ですので外気との気温差に左右されて寒気を感じやすくなって、その他には背中がぞっとする寒気がもたらされる妊婦さんもいらっしゃるようです。

自立神経が乱れる

妊娠初期にに関してはホルモンバランスが大きく変動することから、自律神経が乱れ傾向になります。時には自律神経の乱れのせいで身体が冷え、寒さを感じる妊婦さんがいらっしゃいます。

身体の芯が冷えてしまったら、冷えが原因で腰痛や腹痛が生じやすいことから、普段より厚着をするなど体を温める事を意識してください。

低血圧になる

遺伝的な体質によって最初から低血圧の人もおりますが、妊娠することによって低血圧の症状を感じる妊婦さんもいらっしゃいます。

妊娠すると子宮に対しての血流が増加して、脳に十分な血液が行き届かないケースがあります。そのタイミングでめまいや立ちくらみが生じて、寒気を感じる場合があるとのことです。

加えて、妊娠初期に関してはつわりが原因で食事や水分の補給が不足しているため、めまいや立ちくらみが引き起こされる場合もあります。食事は困難でても水分はきちんと補給することを意識して、低血圧の症状を阻止するようにして下さい。

つわり

通常は妊娠5~6週くらいから開始されると考えられているつわりは、吐き気や嘔吐や、眠気や、頭痛や、ほてりや、においに敏感になるという辛い症状のことです。

つわりはいつまで続くのかと聞かれると、だいたい胎盤が出来上がる妊娠12~16週くらいと考えられます。

つわりの症状については人によって異なり、何も感じない妊婦さんもいれば、吐き気と頭痛みたいにいろんな症状が引き起こされる妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

寒気もつわりの症状の一つとして判断されていて、寒さとほてりの症状が立て続けに引き起こり、寒くなったり暑くなったりするせいでストレスがもたらされる妊婦さんもいるとのことです。

腎盂腎炎

腎盂腎炎の症状の一つに寒気に見舞われるケースがあります。腎盂腎炎というのは、細菌が尿道から膀胱・尿管へと逆流して、腎臓で完成された尿を保管している「腎盂(じんう)」というところまで行ってしまい炎症を引き起こしてしまう感染症のことになります。

腎孟腎炎が引き起こされる前に、膀胱炎になっている傾向も見られるため、膀胱炎の症状と言える頻尿・排尿時の痛みを感じているケースでは、一層注意してください。

妊娠中に腎盂腎炎を発症したケースでは、胎児へ直接的に支障が出ることはないと考えられますが、細菌が血液の中にまで行きつくと、子宮や羊膜等に炎症が広まって破水してしまうことも想定されます。

寒気だけじゃなく背中や腰の鈍痛 や、尿の濁りや、全身の疲労感 や、震え や、38℃以上の高熱の症状が生じる場合もございます。心当たりがある場合は、できるだけ早く医師に相談をすることを意識しましょう。

妊娠初期に寒さと一緒に感じがちな症状

ほてり


妊娠が成功すると、基礎体温が高くなる高温期になります。これに伴って体質によって、身体のほてりだったり暑さを感じる妊婦さんも多いみたいです。

通常よりもやや高い体温が原因で、寝汗をかき寝苦しさで苦しんでいる妊婦さんもいるかと思います。

寝汗が冷えて寒さがもたらされる場合もあります。風邪を引き起こさないよう、汗をかいたケースではすぐさま着替えることを意識しましょう。

頭痛

妊娠初期はホルモンバランスの変化だったり自律神経の乱れや、加えて、人それぞれでしっかりと睡眠がとれていないがために頭痛が引き起こされるケースがあります。

寒気と一緒に頭痛や鼻水の症状が引き起こされると風邪をひいたと思い込んで、風邪薬を飲もうと考える妊婦さんはよく見られます。

妊娠の可能性があるケースでは思い付きで風邪薬を取り込むことは止め、咳や37.5℃を上回る発熱が生じたケースでは薬を飲む前に医師に相談するようにして下さい。

吐き気

寒気と一緒に、つわりのよく見られる症状となっている吐き気に見舞われる妊婦さんもおります。つわりの吐き気に関しては胎盤が出来上がる妊娠12~16週くらいにいつの間にかおさまる確率が高いです。

なかには強い吐き気や嘔吐が継続し、治療が求められる妊娠悪阻が引き起こされるの可能性もあります。水分がとれていないケースでは、できるだけ早く産婦人科に相談するようにしてください。

腹痛

妊娠したら赤ちゃんを成育させるために、子宮は膨らむ準備を開始します。ですので妊娠初期に、恥骨周辺や下腹部に痛みを伴う場合がございます。

妊娠初期症状としまして一定の腹痛は起こるものと心構えしつつ、耐えられない腹痛や下痢が長い間続いているケースでは、食中毒や感染性胃腸炎などのほかの病気を疑った方が良いでしょう。症状が心配なケースでは病院を受診することが大事になります。

妊娠初期に寒気を感じたら流産の可能性がある?

一部の人から「妊娠初期に寒気を感じたら流産が引き起こされる」という噂が存在するみたいですが、その噂に医学的な根拠は無く、寒気と流産のつながりは低いと言われています。

ですが寒気だけに限らず、出血や腹痛等の気にかかる体調の変化があったケースでは、できる限り早く産婦人科に相談してみるようにすべきです。

妊娠初期に寒気で寒い場合の対処方法

食事内容に注意

つわりが原因で吐き気や嘔吐の症状が見られるケースでは困難になるはずですが、出来るだけ根菜類や生姜といった身体をあたためる食材を率先して食べることを意識しましょう。

食事が難しいのならスープや飲み物でも良いです。ジンジャーティーやゆず茶や、麦茶や、ルイボスティーなどのカフェインが入っていない温かい飲み物もちょうどいいと思います。

体を温める

腹巻型の腹帯だったり吸湿発熱インナーを着たりや、寒い時に羽織れるカーディガンやストールを持ち運んだりしたりとか、体温調節がすぐさま可能な工夫をしてください。

カイロに関しては簡単に暖をとれる物だけれど、一緒の部位に長時間あてるカイロを貼りっぱなしで寝たり、サポーターなんかでカイロを押し付けるというようなやり方は低温やけどがもたらされる可能性が考えられます。使い方には十分注意をしてください。

湯船につかることも簡単に身体を温めることが可能な方法の1つだと言えますが、妊娠中はのぼせやすいことから、いつもよりぬるめの38~40℃の温度設定にしてください。

そして長い時間の入浴は止めた方が良いでしょう。めまいやふらつきが起こって、入浴が困難なケースでは足湯のみでも血の巡りが活発化し、身体が温まりやすくなるはずです。

軽く運動する

妊娠初期の緊張だったり不安にが原因で、身体の血の流れが悪化して寒気が生じる場合があります。身体に無理がない範囲で散歩やストレッチといった軽い運動を行ってみてください。

血の流れが向上することによって、気分転換だったりストレス解消されて、快適に寝ることが可能になったりします。

妊娠中全く寒さを感じない人もいる

4歳半の子供の母親です。
私は2月の末、一番寒い時期に出産でした。
7月に妊娠判明、でっかいお腹で冬突入~
「二人分寒い」どころか、あったかくてあったかくて…。
周りには「冷えるんだからタイツ履きなさい」
「腹帯しなきゃ!」
などなど言われましたが、どちらもしなかったですね。
そんなもんしたら、暑すぎて汗かいてそれが冷えて風邪を引くわよっ!って思うほど寒くなかったですよ。

私に関してはそういうことはありませんでした。

双子妊娠で年の瀬に出産しましたが、3人分寒いなんてことはなく、どちらかと言えば妊娠していない年より暖かく感じました。お腹がでっかすぎて外出しようにもオーバーコートの前が留まらず開けっ放しでした。マタニティー用のをわざわざ買うなんてアホらしいし(笑)

夏に関してはよく判りませんが、今年の夏はすごく暑かったですよ!気温が少し下がってきた最近でも、すごく蒸し暑い!!

質問者さんは普段から冷え性だったり寒がりだったりしますか?私は冷え性は全くなくて妊娠中でなくても冬でも手足が暖かい人間ですが、普段から冷えやすい方ならば、いつもの冬よりは多少気を遣うくらいでいいのではないかと思いますよ。

寒いとは反対に暑いしか感じない妊婦さんもいらっしゃるようですね。