生理前のいくつもの症状次第でひょっとして妊娠初期の症状かも思ってしまうケースもあると聞きました。生理前の症状っていうのは妊娠初期の症状と非常に似ているところがあって、差がまるでわからないといった人もたくさんいると言えます。

症状の違いがわかれば、早いうちに解決出来るのではないでしょうか。ここでは生理前と妊娠初期の症状が異なるところ、症状がもたらされる原因、見分ける方法などをご案内します。

生理前と妊娠初期の症状が異なる部分


生理前と妊娠初期の症状はずいぶんそっくりですが、わずかながら異なってきます。わずかな身体の変化を感じ取ることによって、生理前の症状であるのか妊娠初期の症状と言えるのかの判断を間違えないというのことが実現します。

一番しっかりとチェックしたい生理前の症状をお伝えしていこうと思います。

おりもの色だったり量が違う部分

女性の人の婦人科関係の違いを見定める場合には、おりものの状態の差を調べます。日頃、おりものの状況は時期が違うと見た目等が異なってると気がつくことはありませんか?

おりものは分泌することによって精子が卵子に届きやすくするサポートを行ったり、雑菌の侵入を妨げるお仕事が存在します。身体の状態一つでおりものは変わって、我々の身体を守ってもらっているわけです。

おりものは、排卵後から生理前までにに及んで分泌量が少なくなっていくことが大半です。しかし、妊娠初期では流産を防ぐ目的で細菌を退治するために、おりものの量が増えてくるのです。

加えて、生理前のおりものに関しては白く濁った感じの色なのですが、妊娠初期につきましては大体透明といったこともございます。

妊娠初期のわずかな出血と早期出血の異なる部分

生理予定日の7日前から3日前程度の途中で、ちょっと血が含まれたかのような状態でのおりものが生じることがあります。

生理の最後の時期に生じてくる茶褐色の血のケースもあったり、おりものが桃色になるくらいのわずかな量のケースもございます。

これに関しては妊娠が上手く出来る時に受精卵が子宮内膜に着床した際に絨毛に根を張る感じに定着することになります。この瞬間に子宮内膜をちょこっと傷付けてしまうケースが見られ、体質によって出血が生じてしまうわけです。

着床出血というのはトータルの比率で確認すればたった1、2割くらいと結構少なくなっていて、おおよその妊婦さんに関しては着床出血を体験していないということなのです。

着床出血に関しては少ない出血ですから、いつもより早いタイミングで生理が生じてしまったと誤認される方も多いのだそうです。

妊娠初期というのは匂いと感覚がが敏感になる

妊娠初期というのは、決まった匂いが気にかかったり、お肌が敏感となったり、触られたくないと感じたりさまざまな感覚が敏感となってしまいます。

日常、生理前にそういった感覚が極端に敏感になってしまう事はほとんどありませんが、妊娠初期に関してはつわりとして色んな事が気に掛かってしまうことになります。

一番は匂いに敏感になりすぎて吐き気を催したり、お肌が敏感となってこれまで使用していたスキンケア用品が合わなくなったりしてしまうことが結構見受けられます。

生理前と妊娠初期に体調が悪くなってしまう理由


生理前と妊娠初期の症状が生じてしまう要因は何だと思いますか。実際のところ、生理前でも妊娠初期も差がなくて、大差はない原因にもとづき生じてしまう訳なのであります。生理前だったり妊娠初期にたくさんの症状が生じてしまう理由を確認していきましょう。

プロゲステロンの分泌量が増加して身体に影響が生じる

生理前だったり妊娠初期のタイミングに、女性ホルモンのプロゲステロンがたくさん分泌していきます。プロゲステロンというのは妊娠し易くしたり、妊娠を維持させるよう機能するホルモンになります。

子宮内膜を分厚くして受精卵を着床させやすいようにしてくれるのですが、このときに受精卵が流れてしまわないために体温を上昇させたり身体に水分を溜め込んだりしていきます。

生理前だったり妊娠初期にむくみが生じやすいことは、プロゲステロンが理由となっています。妊娠をするために実行される身体の活動が、我々にとっては「体調不良」といった形で発生してしまうものなのです。

子宮が変動する

生理前になったら経血を外に出すために、だんだんと子宮を小さくして生理のことを考えて準備をしていくのです。この際子宮にかなりの血液が流れることによって、妊娠していなくてもちょこっと子宮が膨らむことになります。

妊娠初期のケースでは赤ちゃんがすごい勢いで育っていく状況ですのでそれによって子宮もより一層拡大していきます。この理由により骨盤まわりの血の流れが低下し腰痛や腹痛が生じる可能性が高くなってしまいます。

自律神経が乱れる

自律神経というのはホルモンバランスととっても親密なつながりがあるので、生理前だったり妊娠初期のようにホルモンバランスがおかしくなりやすい時期に関しては自律神経のバランスも乱れ気味でございます。

生理前の症状だったり妊娠初期のつわりであっても自律神経の乱れが異なって症状が悪化するみたいです。自律神経を安定化させてホルモンバランスをしっかり維持するためにはきちんとした規則正しい生活をして、身体を冷たくしないことが重要になります。

生理前と妊娠初期の驚くべきほど似ている症状


生理前と妊娠初期でしたら、当該の差が区別為し得ないほどそっくりな症状がたくさんございます。異なる店や、見分け方など参考にしてください。

出血が生じるときがある

生理前であってもホルモンバランスが乱れて生理周期がおかしくなると、早い内に出血が始まったりちょっとした出血が生じるケースがあります。

生理前に出血が見つけられたケースでは大半がホルモンバランスの乱れが影響しているのですが、一部には正常でない原因が見つかることも考えられるので病院の診断してもらうことも良いでしょう。

妊娠しているとしたらトータルの1〜2割程度の人に着床出血が見られ、生理前一週間程度のタイミングにちょっとの出血が生じることもあり得ます。

おりものに変化が見られる

おりものというのは生理周期の期間によって変化することから、生理前だったり妊娠初期に様子が異なっています。排卵後から少しずつ粘度がなくなってサラッとした感じになって、色が白く変化することが特徴になります

おりものは生理前になったら量が少なくなっていきますが、妊娠しているとしたら反対に量が増加することがよくあります。差を確認するためには、おりものの量を参考にすることが望ましいですね。

風邪っぽい症状が生じる

高温期と呼ばれているのは体温が日頃よりアップし、身体がだるくなったり頭痛が生じることが起こります。「風邪だと考えていたら実際の所妊娠していた。」or「生理前の症状とされるものだった。」っていうのはしょっちゅうです。

ですが生理前ならまだいいですが妊娠初期であるのなら単純な薬の服用は行なえませんので、体温が高い状態が継続していましたらひとまず妊娠検査薬を試してみることもおすすめです。

普段より眠たくなる

高温期に分泌量がたくさん増えるプロゲステロンの中には、体温を上昇させて眠気を感じやすいようにする効き目が存在します。

生理前だったり妊娠初期になれば、すごい眠気に見舞われ日頃の生活に不自由をもたらしてしまうことだって少なくありません。

ですが、眠気の症状から妊娠であるのか生理前の症状と言えるのかを見分けるっていうのはあいにくですが基礎体温を付けていないと判断できません。

それに伴って、毎日しっかりと基礎体温をつけるということがすごく大事なのです。

お腹が痛くなったり腰痛が生じる

生理前っていうのは子宮の収縮を促進するプロスタグランジンという名の物質が生み出されるため、生理痛っぽいような痛みが生じることがあるのです。

加えて生理痛でも妊娠初期でもリラキシンといった骨盤を開かせる物質が生み出されるようなので、腰痛も生じやすくなるようです。

生理前については腹痛や腰痛のために薬を服用可能ですが、妊娠の可能性が少しでもある場合では温かくするなどといった処置をして思い付きで薬を活用することは止めましょう。

吐き気だったり食欲不振などの胃腸症状が引き起こされる

吐き気だったり食欲不振をはじめとする症状は妊娠初期のつわりからくるといった認識があるはずです。ですが生理前に分泌されだすプロスタグランジンが、子宮ばかりか胃腸も刺激し、吐き気などといった胃腸症状を生じさせることも見られます。

加えてかえって食欲倍加であっても生理前だったり妊娠初期に結構起こるので差がはっきりしないみたいです。

胸に痛みが生じる

高温期に生成されるプロゲステロンというのは妊娠のことを考えて身体をコントロールする作用があるため、乳腺を発達させるのです。

生理前であっても妊娠初期さえプロゲステロンが生み出されることから、胸の張りや痛みを感じ取り易いです。そのため、胸の張りだったり痛みだけにより妊娠しているのかしていないかを見分けることは不可能です。

プロゲステロンの分泌量が多い場合胸の痛みを感じ取りやすくなりますから、ホルモンバランスが乱れない日頃の生活を心掛けるべきです。

しょっちゅう尿意が起こる

生理前だったり妊娠初期というのは何度も尿意がもたらされるケースがあります。プロゲステロンというのは妊娠をキープするために効き目があるホルモンで、子宮の収縮を抑制する効果があります。

一緒に膀胱の働きもダウンさせるため、長い間尿を貯め込んでおくことができなくなってしまいます。加えてプロゲステロンというのは身体に水分をため込みやすいようになってしまうので、より一層尿意を感じやすいようになると考えられますね。

その点、妊娠初期というのは子宮が徐々に成長すると共に、子宮が膀胱を押し付けて頻尿が生じてしまいます。生理前と妊娠初期いずれもトイレに頻繁に行きたくなるといって似ている点があるので見分けるのが困難です。

普段より肌荒れがひどくなる

ホルモンバランスが乱れて引き起こされる肌荒れに関しては大勢の女性が困っていることでしょう。生理前と妊娠初期いずれもプロゲステロンの分泌が増加して、皮脂量の増加によってニキビだったり肌荒れが生じやすい状態でございます。

生理前と妊娠初期いずれも肌荒れが生じやすいことから、基礎体温をしっかりと確認して高温期が続くようでしたら妊娠検査薬を使ってみてください。

基礎体温が高くなる

排卵日が経過すると高温期に入って、プロゲステロンが原因で基礎体温が高いの状況が連続します。生理前と妊娠初期というのはいずれも高温期ですので、基礎体温はアップしています。

差を見極めるとすると、基礎体温表に目を通して高温期の長さを確かめることとなります。高温期に関しては低温期と比較して0.3〜0.5度高くなっていることが判断の規準になります。

生理前と妊娠初期の見分け方の参考


生理周期がまったく乱れていないケースだと生理が終了して10日くらいで排卵日がきまして、それ以降はホルモンがエストロゲン→プロゲステロンに変化します。

プロゲステロンがたくさん生み出される高温期では、人によって微熱程度の症状がもたらされて風邪を引いたかもしれないと間違えることもあるでしょう。

高温期というのは妊娠がうまく行っていないケースだと14日くらいで体温が落ち込んでいくわけですが、妊娠しているとすれば二週間過ぎても継続してプロゲステロンが分泌されるので体温が高いままとなります。こういったどっち付かずの体温の異なる部分にきづくには、基礎体温表をつけておかねばジャッジが困難です。

基礎体温表をつけているのであれば「しょっとして妊娠しているかも?」といったことは無く、「高温期がずっと続いているから妊娠しているな」と理由をもって妊娠確率を考察するというのが可能となります。

基礎体温の中で高温期が二週間以上見られるケースでは、生理予定日の一週間後に妊娠検査薬を使用していきましょう。

珍しい生理前と妊娠初期の違いの現れ方

生理前と妊娠初期の差で何も疑うことなく気が付いた症状が存在するのですが、それほど周りの人からは聞かないことでした。これについては、お肌にカミソリを当てることが出来なくなってしまいました。

このせいでムダ毛のお手入れがやれなくなってしまって、非常に困ったのです。カミソリがほんの少しお肌にふれただけで、ピリピリしてしまいとても痛くて我慢できるようなものではなかったです。

その時はまだ妊娠検査薬を試してなかったのですが、これまでの生理前と圧倒的に異なる点が存在したので「これは妊娠している」と確信を持ってしまいました。

妊娠と生理前の見分け方のまとめ

生理前と妊娠初期の症状の違う部分につきまして要因や症状を細かく紹介しましたが、個人個人で差がとても見られますのですべての人に該当するとは断言することができません。

なんとなく差が気付く症状もあれば思っている以上に判別できない症状まで様々でいっぱいあることが特徴です。

けれども、出血だったり心もとなさを感じる症状があるのであれば医者に診察して貰うこと、それに生理予定日を経過していたら妊娠検査薬を試してみることを行なって、正しい対応するようにしてください。