妊娠中の嘔吐や吐き気や胸焼けなどの症状に関しては、つわりであるのか逆流性食道炎なのか考え込んでしまう場合があります。それから、つわりが影響を及ぼして逆流性食道炎が発症することもございます。妊娠中の逆流性食道炎の薬を利用した治療法や、食事や寝方といった対策方法や、つわりとの異なる部分をご紹介していきます。

逆流性食道炎って何?


口に運び入れた食べ物に関しては、食道と言われる器官を通って、胃に送られて消化されるはずです。逆流性食道炎に見舞われると、胃の中の食べ物と胃液が食道に逆流してしまい、胃液は強力な酸性なので炎症や胸やけといった症状を起こします。

逆流性食道炎というのは西洋人にたくさんみられる病気だったんですが、脂肪の多い食べ物や、肥満体質の増加や、生活習慣の悪化などによって日本においても増えてきています。

逆流性食道炎の一番の症状については、胸焼けや呑酸(酸っぱい胃液が喉まで上がってくること、そしてゲップが生じるケースもある)や咳や胸の痛みや喘息や喉の違和感や声が枯れたりします。

人それぞれで炎症が生じていたとしても自分で気付く症状が見られないケースや嘔吐が生じるケースがあります。妊婦さんが逆流性食道炎に見舞われたケースだと、つわりと異なる部分に悩まされる人もいるかと思われます。

逆流性食道炎の診断だと症状の記載や、組織の検査や内視鏡検査や、薬による検査をすることになります。

逆流性食道炎と妊娠中のつわりの違う部分

妊娠中に胸焼けや、吐き気や、ゲップといった症状が見られるケースでは、つわりの症状であるのか逆流性食道炎の症状なのか判断に頭を悩ます人もいるかと思います。

つわりの症状において嘔吐が見られることは知られていますが、吐くことが原因で逆流性食道炎の症状っぽい、喉に痛みが出たり痰が出たり、胃に痛みが生じることが引き起こされることもあり得ます。

つわりというのはは妊娠初期に生じる嘔吐や胃のむかつきといった症状のことで、逆流性食道炎に関しては胃液や食べた物が食道の方まで逆流することによって食道に炎症なんかに見舞われることになります。

違いについては定義に加えて、人によって差は存在するのですが、つわりというのは空腹状態の時に吐き気が強力になる傾向が見られると言われています。

それから、吐き気といった症状が何時まで続くのかというポイントでは、逆流性食道炎に関しては治療などのやり方一つで症状が良化し、つわりに関しては一般的に見て妊娠中期くらいに症状がマシになる傾向が強いそうです。

逆流性食道炎か妊婦さんのつわりの違う部分を一般人が見定めることは困難なことから、不安な場合は病院で相談して、検査してもらった方が良いでしょう。

自分ひとりで思い悩むよりも医師に相談して間違いない判断と対処をしていただくことによって、精神的ストレスも少なくできるのではないでしょうか。

とんでもなくきつい症状が持続したり、血を吐いたなんてことがある状況なら、逆流性食道炎以外の病気の確率も伴うことから早いうちに病院に足を運んた方が良いでしょう。

逆流性食道炎が生じる原因と治療方法


逆流性食道炎というのは本来は西洋人にけっこう多い病気で、現在の日本人の食事内容や生活習慣の変化から多くなってきたと言われています。

脂肪分のけっこう多い食事や、食べ過ぎや、たんぱく質が多い食事や、老化や、太り過ぎや、別の病気に利用している薬の作用などが逆流性食道炎の原因だと言われており、年齢には左右されずに発症し得ることもあって気を付ける必要があります。

治療方法においては生活習慣の改善や、薬物療法が主流となります。妊婦さんというのは飲んではいけない薬がたくさんあるので、逆流性食道炎の治療を行なうことが求められないように注意した方が良いでしょう。

妊娠中に逆流性食道炎を発症しないためにも食事に注意

逆流性食道炎というのは食事内容と濃密な関係性がある病気になります。脂肪分のたくさんあるもの口にすると分泌されるホルモンの作用や、胃酸の増大によって胃液の逆流が生じやすくなると考えられています。

加えて、たんぱく質がたくさんある食事に関しては消化に時間を費やすため胃の中の食べ物の逆流が生じる可能性があります。

食事における逆流性食道炎の防止法については、たんぱく質とか脂肪分のいっぱいある食べ物を避けたり、胃酸が増加したり胸焼けが引き起こされる原因になる香辛料や甘いものや酸味が強いものや、消化の悪いものをなるべく食べないようにすると問題ないでしょう。

食べ物だけに限らず、飲み物だったら胃酸の分泌を増加させるアルコール飲料やコーヒーや緑茶なんかも飲まないようにしましょう。

逆流性食道炎が原因で嘔吐が生じるケースでは、水分を率先して補給することが求められます。電解質バランス飲料や栄養バランス飲料やジュースなんかは、食事ができない状態での体力維持に役に立ちます。

嘔吐が見られるケースでの食事については負担が少なく消化が良好なヨーグルトやうどんなどの望ましいでしょう。

妊娠中に逆流性食道炎が発症しやすい期間はあるの?


妊娠中というのは、つわりが見られる妊娠初期から中期の間にかけて逆流性食道炎に気を付ける必要があると言えそうです。

つわりの症状の中には人によって差がございますが、食べづわりによって過食になったり、甘いものだったり消化の悪い食べ物を摂り過ぎてしまったら逆流性食道炎が生じる可能性は有り得ます。

つわりというのは人それぞれに妊娠後期や臨月に及ぶまで続く人もいますし、妊娠中の食事制限が原因で出産した後に過食になってしまう人も存在することから、時期とか昼夜気にすることなく、食べ過ぎに気を付けると問題ないでしょう。

逆流性食道炎の疑いが見られるときは病院で診察を受け、状況に応じて検査してもらってください。多くの場合は逆流性食道炎だったら内科や胃腸科となりますが、妊婦さんの場合は薬の制限などが存在することから、最初は産婦人科で相談してみることがおすすめです。

かかりつけの内科などが存在しているケースでは妊娠していることをしっかりと担当医に伝えて診察を受けてください。

妊娠中の逆流性食道炎に市販薬や漢方は効果あるの?

近頃、日本でも増えはじめた逆流性食道炎なんですけど、対処法については生活習慣の向上と薬物療法、そして手術療法が存在します。

市販薬でも胸焼けといった症状を良くする為の薬が見受けられますが、市販薬は限定された症状に対して短時間の効果が見られるものがほとんどを占め、本質的な改善での活用は困難を伴います。改善したいと願うなら病院で診察を受け、そして正しい治療を受けてください。

加えて妊娠中というのは胎児に対しての影響などによって服用可能である薬が限定されます。妊娠中に飲めると言われている市販薬の場合でも、妊娠中に関しては通常とは体の状態に違いがあることから、最初に医師に相談と報告をして大丈夫だった場合に薬を利用しましょう。

妊娠中に逆流性食道炎で寝れないときのおすすめの寝方って?

逆流性食道炎が原因で吐き気や胸焼けなどが見られるケースでは、食べ物や唾液が気管に入って来ないように基本的に、姿勢については横向きで寝ましょう。

仰向けの姿勢しか出来ないケースでは顔のみでも横向きにすることを意識しましょう。逆流性食道炎の症状が原因でなかなか眠りに就けないケースでも、安静を意識してください。

嘔吐や吐き気や胸焼けというのは身体的にきついだけに限らず、長引くことによって精神的にもきつくなってしまうこともあり得ます。部屋の中は静かで暗い状態をキープし、たまには空気を入れ替えることがおすすめです。

妊娠中のつわりと逆流性食道炎の判別は難しい

妊娠中のつわりと逆流性食道炎は胸焼けや嘔吐等の症状がとても似ていて、個別に判断することは困難になるはずです。嘔吐や吐き気というのは身体面でも精神面でもつらい状況がキープされることになることから、頑張り過ぎないことが大切になります。

特に妊娠中というのは多くの変化から心配になる傾向が強いと思います。症状が長引いてしまったり症状がとても酷いと思ったのであれば、出来る限り早く病院で医師に相談することによって、心配をちょっとでも引き下げ、ストレスをカットしてください。