日々小さな生活習慣の積み重ねによって意識してないうちにどんどん妊娠しづらい体に陥ってるかもしれません。タバコやアルコールやストレス等様々な原因が存在しています。思い当たる節があって妊娠したい場合はすぐに改善に努めていきましょう。

タバコを吸うのをやめると妊娠確率が上昇


喫煙の習慣に関しては生殖機能を萎縮させることになります。タバコが卵巣機能からしたら有害なことは有り余るほど研究結果から判明しており、卵巣機能の障害の大きさは喫煙量と喫煙年月に左右されると言われています。喫煙者が100%不妊に繋がってしまうということではないのですが、データ上、次にあげる感じに妊娠することが困難な体に変化します。

タバコに入っているニコチンだったりほかの有毒化学物質が排卵に影響する女性ホルモンである卵胞ホルモンや黄体ホルモンの生成を引き下げてしまっって、さらには卵子の遺伝子異常がもたらされます。

そういった理由から、卵胞閉鎖する一連の流れがスピードアップし、若い歳で閉経と化す場合もあり、喫煙している人たちは閉経が通常よりも早い事が確認されています。

こういった障害というのは禁煙したところで元には戻ることが出来ない部分も見られますが、禁煙しておきさえすればより一層の障害の増加を食い止めることは叶いますから、万が一今、不妊で喫煙し続けている人はいち早く禁煙した方が良いでしょう。ここが妊娠するためのスタートになります。

タバコは妊娠するまで時間がかかる

喫煙者というのは妊娠に達するまでの期間が一年以上も求められる割合が非喫煙者に比べて20-30%高いといった研究が存在します。詰まるところ喫煙者に関しては妊娠するまでに時間を必要とすることになります。

喫煙者に関しては流産率がとても高くなります。すなわち、不妊治療で結果的に妊娠できても流産する可能性が非喫煙者より高くなってしまうということを意味します。

体外受精をやっても、喫煙女性の妊娠確率に関しては非喫煙者と比較して、大体20%少なくなります。

男性もタバコを吸ってると妊娠に悪影響が

男性の喫煙であっても精子へ悪い影響を与えていることが近頃判明してきました。男性の喫煙の習慣によって、精子濃度の減少、正常な精子の減少、精子のDNA損傷割合の上昇などが指摘されてあって、男性だったとしても禁煙が求められます。

妊娠は痩せすぎでも太り過ぎでも難しい


女性不妊が生じる原因の約12%は肥満、あるいは痩せすぎというデータがあります。

肥満のリスク

BMI(body mass index: 体重kg ÷ (身長m)2)が30を上回るケースでは妊娠するまでに時間がかかると思いますし、自然流産のリスク原因となってきます。体重を低下させることによって妊娠の確率はアップします。

特 に多嚢胞性卵巣症候群で肥満の人の一番の治療は体重をへらすことになります。男性であっても精子のクオリティがBMIが25より高かったら悪化します。体重が増えすぎるということは脂肪が増加するということです。

この脂肪組織は女性ホルモンに位置する、卵胞ホルモンが作られますが、脂肪組織が増加しすぎると、そこからの卵胞ホルモンの生成増加をもたらし、その為に、卵巣からのホルモンの生成を食い止めることが起きます。

そのため、肥満女性のケースでは、必要以上になった卵胞ホルモンがまるで避妊ピルと同じ様に排卵を引き下げ、妊娠可能性を減少させてしまいます。とりわけ多嚢胞性卵巣症候群で肥満の人のベストな治療というのは、排卵誘発剤によって体重を減らすことになります。

痩せすぎのリスク

理想体重の15%を上回る体重の低下に関しては月経異常を生じさせ、30%を上回る減少に関しては第二度無月経になってしまいます。やせ過ぎている方は妊娠しても早産が引き起こされる可能性が アップします。BMIが19以下で、月経にバラつきがある際、体重を増やしていくことによって妊娠の可能性が上昇することになります。

痩せ過ぎているケースでは、十分な量のエストロゲン生成が、華奢なため脂肪細胞から得ることができず、性周期は異常になり、早発閉経が伴うリスクがあります。体脂肪が多くない新体操だったりマラソン選手では月経不順の人が多いみたいです。

ダイエットはゆっくりと

ダイエットが原因の急激な体重低下に関しては治療コントロールの難しい排卵障害が引き起こされることが考えられますので凄まじいダイエットには気を付ける必要があります。

近頃、1年の期間で一週間に4時間以上体を動かしている人の体外受精の成功確率が悪化するといった情報が見られます。ジョギングや、エアロビなどを行っている人の分娩確率は40%落ちますので、ダイエットしたいケースでは、運動が行なって体重を減らすより、食事による方法を実践することをおすすめします。

性感染症になると不妊になる可能性大


性感染症を発症してしまったら、骨盤内の癒着が引き起こされ、これから不妊が伴う見込みが高いということが確認されています。加えて妊娠しても子宮外妊娠可能性が上昇してしまいまいす。

性感染症には淋病や、クラミジアや、梅毒や、性器ヘルペスや、トリコモナスや、HIVなどが挙げられます。

とりわけ近頃多くなっているクラミジアや、淋病というのは卵管の炎症だったり骨盤内の炎症に見舞われ、卵管を閉塞したり 、卵管周りの癒着を引き起こし、不妊の原因になるわけです。

日本でも16歳の女子高校生で23.5%位感染しているという調査も存在して、その女子高校生らは今後の不妊症の予備軍となっていて、ここから更に不妊症は多くなっていくと考えられます。

年齢が高くなると妊娠が難しい


ここ数年晩婚化が進行して、高年齢不妊が多くなっているのです。

生物学的に老化によって生殖能力が消滅していくという事は明白でして、妊娠確率が悪化することは加齢が引き起こす生理的変化になります。

健康的な卵子は若い頃に排卵してしまって、出来の低下した卵子が残され、その為に、年齢が経つと良い卵子が少なくなってしまうため受精しづらくなって、不妊に結びつきます。

加えて、加齢によって、卵子の染色体異常がアップし、そのせいで、流産率が高くなります。

加えて、加齢と一緒に、子宮筋腫や、子宮内膜症といったリスクがアップし、それによって不妊が引き起こされるケースがあります。

35歳、とりわけ37 歳を越えたら妊娠の確率は悪化します。ホルモン値が正常だとしても、年齢の要因のほうが妊娠の割合に強力な影響をもたらすことが確認されています。

上記のことから、年齢によって、治療をスタートする速度も異なってきます。体外受精であっても38歳前にイメージしたほうがいいでしょう。もうちょっと経過を見てから、と思っている内に体外受精でも妊娠しづらい結果に見舞われているケースがありますので、年齢次第では治療を早めることが重要です。

男性であっても年齢に伴う生殖機能の減少が確認されています。女性ほどすごい勢いでは悪くなりませんが、少しずつ衰え、年齢によって精子数なんかも少なくなります。

避妊を止めたからといってすぐ妊娠はしない

30代になって妊娠パワーが下がってくれば、避妊を止めても安易には妊娠しないだと考えられます。

若い時は妊娠することがないように注意を向けることで精一杯で、妊娠が叶うことのありがたさに気が付く人はあまり多くないと思います。しかしながら、子供が欲しいと思っていると易々には妊娠しなかったりするものです。

詰まるところ「不妊」といった状態になります。どこも問題点を持っていなくても、生物というのは卵子の老化や、すなわち加齢によって不妊となってしまいます。

妊娠のタイミングがいつのまにか無くなる

結婚してから何年も過ぎれば、性生活の頻度が減るのだって普通のことです。当たり前ですが、これに関しても妊娠しづらい要因になります。

子どもを持つカップルというのは、結婚後2年程度で産んでいる事がダントツに多く、それ以降第一子をもうける可能性はグングン減少していきます。

30代で、相手と性的な関係となってから期間が経っている方は、本人達が性に関心が無くなりかけていないか確認し直していきましょう。

ストレスと溜めると妊娠が難しい

全然妊娠しない、今直ぐに妊娠したい、まわりからの妊娠に対する期待だったり、精神的ストレスが見られると妊娠が難しいことだってあります。高レベルのストレスに影響されてホルモン生成機能に問題が生じ、排卵が抑制したり、卵管攣縮だったり造精機能が悪化する事が指摘されております。

ストレスを減少させるヨガや、アロマセラピーや、ほかの趣味などを行って、妊娠の事を忘れ去る時間を持つことだって大切です。不妊カウンセラーと話し合うことでも平常心を保つのに助けになっくれます。

性交の頻度やタイミングは?

精液がベストの状態になるには3~4日毎の性交がベストだと考えられています。自然妊娠確率は2~3日おきの性交でダントツに向上します。

精子というのは女性の生殖器官の中において最大一週間生存することになります。基礎体温だったり尿中LHの確認程度では自然妊娠のチャンスを良化することはございません。

しかしながら、頻回の性交が難しいケースでは尿中LHは力を発揮してくれる可能性があります。

アルコールは妊娠を難しくする


妊娠したいと考えるなら一回で飲むアルコールにつきましては、ビールに換算した場合中瓶で1or2本以上、あるいは週に2度以上は飲まないほうが良いでしょう。

男性の人はビール中瓶で一日あたり3~4本以内は妊孕性には影響を及ぼさないそうです。ところが、過剰なアルコール摂取というのは男性ホルモンの働きを低下させると同時に、精子の質を低下させることだって頭に叩き込んでおくとよいでしょう。

妊娠が難しいなら高齢なほど生活で注意が必要

日々の生活において、色んな影響が積み重なって妊娠が難しいことになり得ます。タバコや太り過ぎや痩せすぎでもなく、なにも問題がない正常な人であっても年齢が重なってくると妊娠することが難しくなってきます。

それなのにタバコやアルコールや体型などで体に悪影響を及ぼしているのに関わらず妊娠しない・・・妊娠が難しい・・・と悩んでいる人は致命的になります。若く出産している方でも困難な出産にチャレンジしている人はたくさんいるのです。

妊娠したらもう安心というわけではございません。流産等様々なリスクが伴います。本気で妊娠して出産を望むのであれば悪影響のあるものからすべて卒業してください。

他の人がタバコすってても妊娠したから大丈夫だとかそういうことを考えていると自分自身になにか悪いことが降り掛かってきてしまいますよ。