妊娠したら身体にさまざまな変化が伴うと聞くことから「これに関してはどうなんだろうか」と心配になる事もございますよね。

女性ホルモンの変化によって素早く感じ取ることは胸の張りでだと思います。

胸が張ったのにピタッと胸が張らなくなってしまうと「あれ?妊娠じゃなかったの?」といったように落ち込んでしまう場合もあるのではないでしょうか。

こちらでは妊娠超初期症状に胸が張らなくなる原因などについてご紹介していきます。

妊娠超初期の胸の張りはどんな痛みなの?


胸の張りとアバウトに言っても、どのような痛みを伴うのかはっきりとわからないですよね。

私にしても「ふと思い返すと胸の張りがない」とあとになって感じたくらいなので「胸が貼らない人」もいることになります。

生理の前でも胸の張りが生じますが、妊娠超初期症状だったら、生理の前よりも強く胸の張りが起こることになります。

普段の生理よりきつかったら妊娠超初期症状なの?

かゆみがひどかったり、「普段のの生理よりきついかも」と思ったら妊娠超初期症状の可能性もあります。

これに関しては着床する事により、赤ちゃんを育て上げられる感じに乳腺組織が向上していく事で生じます。

ママとなる準備のひとつなんですが、妊娠超初期に生じる人もいれば、生理の予定日を経過しないと胸の張りが一切無い人もいらっしゃいます。

ホルモン分泌が高まったとしても、すぐさま乳腺が発達するわけじゃないですので個人個人で差が出ることを認識しておいた方が良いでしょう。

胸が張るタイミングが人によりそれぞれ

着床間もない妊娠超初期に、胸の張りを感じ取る人もいれば妊娠初期になるまで胸が張らない人もいるのです。

胸の張りが感じられるタイミングも異なりますし、治まるタイミングも全然異なることから、それほど神経質に思うことは不要です。

胸の張りというのは乳腺が発達する時に生じる痛みですので、乳腺よりも子宮環境を改善するところにホルモンが行くと胸の張りが一定期間なくなってしまう事もあると言えます。

妊娠中期や後期に胸がどんどん成長すると急激に胸の張りが生じるケースもあるので、あくまで目安として覚えておいて下さい。

妊娠したと思ったけど胸が張らないから妊娠していないの?

妊娠したら女性ホルモンに変化が起こることから「妊娠超初期に胸が張った」といった人が多いみたいです。

しかしながら、おのおのの身体は異なりますので実際胸が張っていたとしても気が付かない事もある一方、さほど感じることがなかったのに検査薬に陽性反応が生じた人も存在します。

いずれも必ず引き起こされるものじゃないので、妊娠していないとも断言できないワケです。

妊娠超初期症状というのは、すべての女性が感じ取るわけではないのです。

胸の張りがあることが当たり前のように考えられていますが、本当は必ずしもそうではない事が多いため「妊娠検査薬」で陽性反応が現れていればそこまで心配しなくても大丈夫です。

突然胸の張りが無くなるのはなぜ?

妊娠してホルモンが増加することで、胸が張るのは当然のことじゃないかと勘違いされがちなのですが、ホルモンの分泌は見られても症状が消滅する事もございます。

ストレスを感じた事によって一時的にホルモン分泌がダウンしてしまって胸の張りがなくなってしまう可能性もあります。

妊娠超初期には、カラダの変化と一緒にさまざまな事がメンタル的にも影響を及ぼします。

やたらと妊娠することを望む思いが激しく「妊娠していなかったらどうしよう」などとストレスを溜め込んでしまうと身体に悪影響です。

みんな同じ症状になることはなくて人それぞれなので自分の場合はこうだったとおもって深く考えすぎないようにしましょう。

超妊娠初期に胸が張らないから流産ということではない


ピタッと胸の張りがなくなってしまうと、流産したかもしれない!と気が動転してしまう人がいるみたいです。

こちらの関係性に関しては明確にはされていなくて、胸の張りが無くなったから流産では決してありません。

流産にも種類があって、妊娠超初期の流産というのは「化学流産」と言われて受精卵が着床出来ないで生理で流れてしまうことになります。

不妊じゃない夫婦の受精率に関しては、80%と受精そのものは可能なものの着床率になったら30%くらいに落ち込むことになります。

高齢であるほど、着床率はダウンしますから気付かずに化学流産をしている人の方が多いというわけです。

こちらが妊娠初期となると話は異なってくることになります。

胎嚢がチェックできる、妊娠初期にいきなり胸の張りが無くなってしまって出血だったりするどい痛みが引き起こった場合では流産のリスクが上昇します。

超妊娠初期における胸の張りが無くなるのは、全然気にすることはありませんので心配しないで下さい。

妊娠初期で胸が張らなくても乳腺は発達するの?

妊娠超初期に急に胸の張りがなくなっちゃうと、乳腺が発達しない状態でお産することになるんじゃないかと不安になる人もいると思います。

いきなり胸の張りがなくなる人の特徴においては、生理が不順だったり痩せすぎている人によく見られるようです。

こういった女性に関しては元々持っている女性ホルモンが多くないことから妊娠しても通常の人より分泌が促進されない事があることが要因です。

基礎体温がきちんとしていれば大丈夫ですし、不妊治療を行っているケースでも検査で特に指摘されていなかった場合は心配しなくて問題ありません。

乳腺が以前から発達しているとか、常日頃からバストマッサージを行っている人はバストそのものが柔らかいことから胸の張りが感じ取れない、または一時的に胸の張りがあっても無くなってしまうみたいです。

最初にマッサージをすることにより乳腺を十分に発達させていたなら、母乳もそこそこ出やすくなるので妊娠するのを望んでいるのであればマッサージも行っていたら有効かもしれません。

妊娠初期に乳腺が未発達なのが原因で胸が張るの?


妊娠したらすべての人が胸の張りに見舞われることではなく、既に妊娠初期までに乳腺が発達していれば胸が張らないこともあります。

張りがなくなるっていうのは、乳腺の発達を要しないケースも存在しますし不十分な人ほど胸の張りが強くなるという風にも考えられています。

胸が小さいせいで張りがなくなったとお考えの人がいることも想定されますが、一切関係がないので、妊娠超初期に胸の張りに気付くことになったら優しくマッサージを行うことがおすすめです。

強い胸の張りがあったら、マッサージで何とかすることが困難かと思われますが、どうしても痛みが強いケースでは脇の下のリンパをやんわりマッサージしていきましょう。

敏感なタイミングに関しては強い力をかけずに、刺激が少なく心が落ち着くふうにしましょう。

マッサージを行なって胸の張りがなくなったからといって流産してしまうわけじゃありませんので痛みを我慢するよりも撫でるようにマッサージをしていきましょう。

妊娠帳初期に胸が張った時の注意事項

胸が張ると、肌着に接触して痛みを伴ったり身体を洗うことがツライこともあるでしょう。

妊娠超初期であれば、実際に妊娠しているかどうか把握できないことから慎重になってしまいますよね。まずは、肌着や服装をゆったりしたもにした方が良いでしょう。

温かくすると痛みがパワーアップするので、冷やしたりシャワーのみで入浴は避けるのも悪くはないと思います。

むやみに冷やしたら、血の流れが悪化してり乳腺が発達しなくなってしまうのでタオル等が望ましいでしょう。

対処した事によって、胸の張りが消失すると不安になる可能性もありますが、痛みを耐えるよりも軽減するくらいのイメージで行うとバッチリです。

胸の張りが無くなっても冷静に

私が流産したケースだと、いきなり胸の張りがなくなってしまって下っ腹につよい痛みが生じました。

妊娠超初期ではありませんでしたが、流産の場合はそのほかにも症状があらわれます。次に妊娠したときも、チクチクしたのは2日程度ですっと胸の張りが無くなっていきました。

原因は、背中や肩回りの筋肉が固くなっていて血の流れがひどく乳腺に至るまで血液がそつなく回らないせいでだったのです。

ストレッチやヨガによって見直すことで、より一層胸が張る状態になって結果として母乳も少々でるように変化しました。

胸の張りがなくなってしまう原因は、人それぞれ全く異なるのでむしゃくしゃして過ごすよりも、気持ちを楽にする事が重要だと言えます。

葉酸サプリについては感情を安定化させてくれたり健康な身体を作ってくれます。

十分にホルモンバランスが安定していれば妊娠しやすくなると考えられますので、深く考えないでで葉酸の摂取を欠かさず妊娠力を上昇させてみましょう。

胸の張りに関しては、人の話を全部信じないで自分のペースでコントロールしていきましょう。