妊娠中に絶えず尿意に見舞われトイレに足を運ぶ回数が増加した…といった経験はあないでしょうか。

ところがトイレに行ってもなにひとつ出なかったということもあると考えられます。

この妊婦さんが感じ取る「残尿感」というのは、どうして妊娠中に増加すると言えるのか。

加えてこの症状は、果たしてなにが要因となって生じていると思いますか。

ここでは、妊婦さんの残尿感に関しましてご紹介してきき、膀胱炎との関わりもご案内します。

妊娠中に残尿感が生じる原因は?


それではどうして妊娠中に残尿感が現れてくるのか説明していきたいと思います。

ホルモンバランスの変化

妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)と言われるホルモンがたくさん分泌されて、プロゲステロンが影響を及ぼして自律神経が乱れてしまうことになります。

プロゲステロンというのは、子宮を膨らませることにすごく求められるホルモンですけれども、妊娠する前に見受けられなかったホルモンがいっぱい分泌することによって妊婦さんの身体のホルモンバランスが乱れてしまうのです。

プロゲステロンの効果により拡大した子宮は膀胱を押し付けて、その結果残尿感とか頻尿を始めとした症状へとなると考えられます。

加えてプロゲステロンの中には、平滑筋を緩める効果があることから、妊娠前に比べて頻尿に見舞われやすく、残尿感を感じがちになってしまいます。

膀胱が圧迫される

子宮が大きくなる妊娠中期から妊娠後期の間は、際立って残尿感が激しく感じることが多いと思います。

これについては、大きくなった子宮が膀胱を押し付けてしまって、赤ちゃんが動いたりすると同時に膀胱に圧力を受け取り、これが尿意になってくるワケです。

ですので、寝ている間でもトイレに足を運びたくなって、深い眠りが困難になった…といった声を妊娠中期以後の妊婦さん達から頻繁に聞いています。

反対に出産すぐそこの子宮内で赤ちゃんがそれほど動かなくなる時期に入り込むと、子宮が膀胱を押し付けていると思われますが、赤ちゃんが動かないので膀胱に不要な圧力が加わらず、ハードな残尿感からは回避出来る人もみられます。

残尿感が見られるとつらいですが、いつまでも続くものとは違うことから、それほど心配にならないで、尿漏れパッドを活用したりしてそつなく向き合うようにした方が良いでしょう。

腎臓機能が活性化する

妊娠したら、赤ちゃんに不必要な物を供給しないよう、胎内の自浄作用が激しくなります。

その影響で腎機能が活性化して、体の不要物質を排尿といった形で排出しようとする傾向があります。

最終的に尿意が残されてしまったり頻尿を及ぼしてしまうのは、これが原因とも考えられています。

ストレスの影響

妊娠中というのは、たくさんの種類の行動が制限されたり、食べたいにもかかわらず食べたいものが思い通りに喉を通らなかったり…とストレスが蓄積されがちだと思います。

これらのストレスが、一段とホルモンバランスを乱してしまって、一緒に自律神経が乱れて、残尿感が生じてきてしまう…と負のスパイラルを生んでおります。

制限がたくさんある妊娠生活でございますが、あれも出来ない、これもまた出来ないと頭を悩ましていたりしたらストレスが蓄えられるばかりです。

可能であればストレスが蓄積されすぎないよう、身体の具合が良い際には、率先して外に出て、友達とお話したり美味しい物を食べたりとストレスが蓄積されすぎないように工夫をしてみてください。

残尿感があまりにも続いたら膀胱炎の可能性も


妊娠中というのは、先ほどの通り、ホルモンバランスの乱れによって自律神経が乱れているわけです。

自立神経が乱れてしまうと身体の免疫力が落ち込み、必然的に病気におかされやすくなってしまいます。

こういった免疫力の低下のせいで、妊婦さんが膀胱炎になってしまうこともあります。

膀胱炎に見舞われると以下の様な症状を引き起こします。

頻尿

尿意に襲われトイレに足を運ぶ回数が増えます。 症状が強力なケースでは、10分ほどの間隔でトイレに足を運ぶこともよく見られます。 一度で出てくる尿の量は減少します。 排尿後もまだまだ残ってる感じ(残尿感)が伴う確率が高いです。

排尿痛

炎症を引き起こした膀胱が、排尿によってすごい勢いで縮小し刺激されますので排尿痛が見られます。 排尿の途中と比べて、排尿終わりや終わった後に痛むケースが多くあります。 下腹部または尿道口に痛みが生じてきます。

尿混濁

膀胱炎に見舞われると、細菌が尿の中で増大して、白血球や炎症を引き起こし膀胱の粘膜がはがれたりすることによって尿が白濁することになります。 尿に膿っぽいトロっとしたものが一緒に排出されます。臭いもキツクなる傾向が強いそうです。

血尿

細菌によって膀胱粘膜が破壊されて、目で視認して確認できるくらいの血尿が生じることもあり得ます。 血尿というのは、始めから出終りまで一緒の濃さとは違い、膀胱がからっぽとなるラストに強力になる、排尿終末時血尿の場合が大半になります。

上記と一緒の症状が生じているケースでは、単純な残尿感と考えないで、膀胱炎を心配した方がいいでしょう。

だとしても痛みが現れてしまってからでは手遅れでしょうし、放っておくこと腎盂炎に見舞われるリスクも高くなっていきます。

これに伴って、ちょっとでも痛みが伴うケースでは、できるだけ早く医師へ相談をしてください。

残尿感の解消方法

トイレは我慢せずに行く

しょっちゅうトイレに行きたくはなったとしても、トイレに足を運んでも何一つ出ないと考えていたら、トイレに出向く回数が減りぎみになりますよね。

ですがこれが膀胱炎に見舞われてしまう大きな仕掛けですから、万が一トイレに行きたいなってちょっとでも感じた際には、何もでなくてもトイレに行ってみることを意識しましょう。

膀胱炎のメインの原因は、尿意を我慢することによって発症します。くれぐれも我慢は行なわないことを心がけて、回数が多かってもトイレにきちんと行くようにすることをおすすめします。

身体を冷やさないようにする

妊婦さんにおいてこれ以上ない敵は、身体の冷えになります。こちらの冷えというのは、下手するとはお腹の張りにも結び付いてしまって、切迫早産だったり早産の原因にもなってしまうので気を付ける必要があります。

お腹の張りが生じたら、勿論のこと大きくなった子宮がさらに膀胱を押し付けてしまって、尿意を感じがちになってしまいます。

なので、残尿感だったり頻繁な尿意に困っている場合なら、身体を冷やさないことを意識しましょう。

とりわけお腹周りだったり腰には、寒さがきつい冬の季節だったら腹巻やホッカイロを当てたりして、冷やさないことを心掛けましょう。

お腹が大きいほど湯船に浸かるゆったりした入浴が大変に感じる人もいるでしょうが、身体を温めることを望むなら、湯船にきちっと浸かってシャワーで身体を流すだけで終わらないことを意識しましょう。

尿漏れパッドを使う

残尿感があって、加えて子宮が膀胱を押し付けていますから、赤ちゃんがちょっと動けば尿漏れをしてしまうことも考えられます。

その尿漏れに関しては、たくさんの妊婦さんが困っている症状ですから、心配しすぎることは必要ないです。

ですが継続して下着が濡れている状態では不快感があるので、尿漏れパッドを利用して対策することを意識しましょう。

見た感じでは生理用ナプキンと同じようにも想像できますが、尿漏れパッドというのは、尿漏れだけに限定した商品ですので、吸収力だったり消臭効果はスバぬけています。

残尿感と尿漏れが気に掛かる人は、積極的に使うことをおすすめします。

ストレスをため過ぎないように

ちょっと前に書いた通りに、ストレスが蓄積されると自律神経が乱れて、尿漏れだったり残尿感が生じがちになってくるのです。

加えて自律神経が乱れていると免疫力が悪化してしまうので、膀胱炎といった感染症にも見舞われやすくなってしまいます。

それらを防ぐことを願うなら、ストレスを溜め込まないことを意識しましょう。妊婦さんというのは、自分自身でも知らず知らずに大きなストレスが溜まってしまいがちです。とりわけ生活のありとあらゆることに制限が生まれてしまうため、苦痛ですよね。

身体の調子が良かったらお出掛けをして出産した後は厳しいゆっくりランチを行ったり、友達に合ったり、妊娠経過が予定通りであればマタニティヨガに行くなど可能な限りストレスを解消しつつ日々の生活を送りましょう。

妊娠期間中くらい自分自身を全力で自由にさせても気にする必要はないと考えています。それ以降の子育ても心地よくすることが可能なように、ストレスを感じにくい生活を意識していきましょう。

妊娠中の残尿感はあまり心配しないで大丈夫

妊娠中というのは、残尿感に悩まされる妊婦さんがほとんどです。これに関してはたくさんの妊婦さんが持っている悩みですから、恥ずかしいことではないのです。

加えて尿漏れパッドなどを活用したら尿漏れの対策もきっちりと可能ですから、深々と悩み過ぎないでストレスが蓄積されないよう対応してください。

異常なほど症状が治まらず、痛みがあるようなら膀胱炎と考えられる可能性があるので、できる限り早く病院へ出向いて医師からの教示を受けるようにすると良いいでしょう。