妊娠出産と言ったら、まだまだ遠い先の内容である可能性もありますが、産む産まないには左右されずに「産むために欠かせない身体」について理解しておけば損なんてないです。

そういったときが来たなら、ホントに自分自身は産める身体なの? 一体、妊娠出産ってどんな物? 自分で感じる症状が一切無いまま進行する身体的異常って!? よく分からないことばっかりの「将来そのようなとき」のことを考えて、何としてでも女性のみなさまにご覧いただければと考えています。

妊娠出産につきまして知っておきたいことをいろいろな人に聞いてみると、毎回挙がってくることが、身体の話と一緒に「出産だったり子育てに必要なお金」のテーマです。

ここで、妊娠して赤ちゃんを産んだ後も働けばどういったメリットが存在するか、“貰えるお金”に関して詳しく解説していきたいと思います。

妊娠した後出産と育休で貰える金額って?


「子どもが誕生してもお祝い金程度しか頂けないんじゃ? とみなさん申しますが、そうではなく、産休する前に20万円くらいのの給与を受け取っていた方では、合計で200万円くらい貰うことができます」

なるほど、お金はある程度貰うことができるんですね。 って200万円も!?聞き間違いではないですよね?

「そうです。2010年6月に育児介護休業法がけっこう改正されて、仕事している女性に有利になったわけです。過去との状況がまるっきり違っていますので、新しい制度からなる適切な知識を覚えておきましょう。一部にはご自身で申請しないと貰うことができないお金も存在しますので、これから知っておいたら、ここぞという時に役に立つでしょう」

理解しました! ちなみに200万円くらいもらえるっていうのは。。。

「勤務している女性のケースでは、3つの給付金をもらうことができます。加えて全部が非課税となります。ですので次の年の住民税が不必要なこともあるのです。

これによって働いている女性に対しての制度がとってもしっかりしていることが理解してくださいましたよね。ですから、仕事をやめるかそうでないのか困っている女性の人には、悩み苦しむくらいでしたら続けたほうが良いと伝えております。

出産をきっかけにしてやめてしまったら、出産の年に関しては天引きされてしまう給与がなくて、前の年の住民税を自分自身で払う結果にもつながります。

そうすると「これだけたくさんお金が掛かってくるんだ」と住民税を感じ取ることになってしまいます。やめなければ出産や育児で貰うことのできるお金があるのですから、これによってどうにか払って行くことができるわけです」

月の給料が30万円だった時に貰えるお金

出産育児一時金が子供ひとりにつき42万円程度貰えます。

出産手当金が65万円程度貰えます。

育児休業給与金が150万程度貰えます。

これで大体250万円以上貰うことができるのです。

出産育児一時金とは

妊娠と出産というのは病気じゃないので、病院で診てもらっても健康保険が使うことができません。全部個人負担となるのです。それなりのお金を用意しなければいけなくなる訳ですが、心配しないで下さい。

出産費用としまして出産育児一時金というものが、ご自身の加入している健康保険組合から入金されるため、おおよその部分をこれによってカバーできます。

出産に求められる費用は住んでいる場所によってバラバラで、例を挙げると東京だったら大体56万円、熊本であれば大体34万円です。そうすると出産育児一時金によって42万円が対応できますので、それを差し引いたお金だけ準備できれば構いません。

出産育児一時金のターゲットになるのは、健康保険に入っている女性でございます。極論を言うと、働きだした次の日に産休に入っても、貰う権利は獲得できます。仕事を止めて専業主婦になっても、旦那の入っている健康保険から「家族出産育児一時金」が入金され、双子のケースでは2倍の84万円となってきます。

続いて、上記は比較的どんな人でも貰えるお金の話になります。この後は、自身が働いていることによりお金が貰えることになります(出産手当金と育児休業給付金)。加えて旦那については出産手当金の受給資格がなくて、働く女性限定対象となってきます。

出産手当金とは

女性が仕事をそのまま止めないでいると、入っている健康保険組合から、産休(=基本的には産前・産後休業の合計98日間)に向けて、出産手当金を貰うことができます。産休している最中に貰えることになっていた給与のおよそ2/3くらいのお金を貰うことが来ます。

育児休業給付金

生まれた後57日目から基本として1歳に及ぶ希望している日数を「育児休業(育休)」と言って、男女共通して休むことが可能になっています。そのうえでこの期間中は給料なしもしくは給与が引き下げしたりしますので、その分だけをまかなうものとしまして、雇用保険制度より育児休業給付金を貰えることになります。

例を挙げると月30万円貰っている女性だとしたら、支払額は30万×10カ月×50%=150万円ということを意味します。保育園に入らせないといった事情があるのなら、最大で子どもが1歳6カ月に成長するまで育休期間を延長できます。おまけに延長した日数においても、育児休業給付金は支給されることになります。

すなわち、子どもが生後57日目から1歳6カ月にわたる育休中、育児休業給付金に関しては保障されることになえいます。

妊娠して育児休業給付金を貰えるようになる条件とは?


長い期間給与分を埋め合わせして貰える育児休業給付金なのですが、給付ターゲットとなることが希望なら、雇用保険の被保険者である以外に少々条件が存在します。

育児休業している最中に給与を貰えない、あるいは給与の一部のみしか貰うことができず(8割以上貰っていると対象外になります)、育休をスタートする前2年間に、給与支払いのベースとなる期間が11日以上ある月がトータルで12ヶ月以上存在していることがなくてはなりません。

ちなみに、転職した方のケースでは職無し日数が1年以内であるなら、前職の雇用保険期間と合算することが出来ます。ですが、失業期間に失業手当を受け取ってしまったら、被保険者期間を合算するのが行なえません。

子は授かりものですのでタイミングを制御するっていうのは簡単ではないものでしょうが、妊娠するタイミングも気にすべきポイントになります。

なお育児休業給付金に関しては、職場に復帰するというのが前提で貰えてるものですので、そういった部分も念頭においてくださいね。都合が変化してしかたなくやめるっていうのはしょうがないんですけど、初めから辞めるつもりでいるにも拘らずやり続ける振りをして、最終的に辞めてしまうっていうのは不正受給に該当します。

仕事をどうしても辞めないといけない時は、タイミングが大事

出産育児一時金というのは健康保険に加入している人だったらどんな人で貰えることができます。退職する他ないケースでは

(1)退職する前に健康保険に続けて1年以上加入していて

(2)出産手当金を受け取ることができる状態であったとしたら、退職後も出産手当金がもらえるケースがあります。

出産手当金が受けることができる状態というのは、出産日42日前から出産日の次の日以降56日目以内のタイミングで仕事を退職していて、加えて退職日に働けない状態であることを示します。

以上になります。 ちょっとだけ難しい話でありましたが、将来のために知識を持っていたらバッチリです。